サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

修正:定期購読キャンペーン(0907-30)

電子書籍

シュトヘル みんなのレビュー

  • 伊藤悠
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (13件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
19 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍シュトヘル 1

2018/05/06 15:59

言語好きにはたまりません

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

たまたま、ツイッターで見かけて購入してみたら、どストライクだった作品。
中国好きにもたまりません。
これはもう完結しているので、ハラハラしつつ続きを待たなければいけない苦労もないわけで、楽しみつつ1冊1冊購入したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

漢前ユルール覚醒

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:asura - この投稿者のレビュー一覧を見る

「シュトヘル」を騙る金国軍に捕まり玉に彫られた西夏文字の辞典、玉音同が取り上げられた。奪還の機会をうかがっていたが頭の男がシュトヘル(須藤)を恐れる部下の前で殺してみせようとする。

1、2巻のシュトヘルが殺伐としていたことを考えると現代っ子(男子高校生)須藤の入ったシュトヘルはあまりにかわいらしい。
そして今回一瞬で一皮剥けたのがユルールです。西夏の文字を背負うと決めて以降も守られる立場だったユルールが大事な人を失った甘さを後悔しているからこそでした。今までの被り物や負った傷が巧みにユルールの転換を描写しています。

前巻に続き自分に正直でいい奴なイバハさんがいいキャラです。読者はスドーのことを知っているだけに不憫~とニヤニヤできるかも。
今巻は大ハンが執拗に西夏文字を憎む理由が描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 7

2018/08/24 18:34

シュトヘルが戻る、そして

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しい登場人物が現れて、物語が次のステージに移る。本当に、すごい物語。それにしても、ヴェロニカが本当に、なんというか、この邪魔というか、イライラするというか、この立ち回り方がなんとも、、、

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 6

2018/08/24 18:27

金が滅びる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

大昔に世界史の授業で習った物語の舞台が展開する。それも、とびっきりの躍動感を持って。最初、須藤の役割がよくわかっていなかったのだけれど、このあたりに来てやっとわかった。当時の常識では考えられない「未来」をユルールに知らせるためだったとは。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 11

2018/08/24 18:12

ターニングポイント

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語が大きく動く巻。
ユルールが父と対面して、兄たちの思いが交錯する。もちろん、シュトヘルとハラバルの思いも。ダイナミックに物語がぶつかって、ラストの展開へとなだれ込みます。とにかく、わくわくが止まりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 12

2018/08/07 23:14

まさかこんな展開が

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

くるとは思いもしませんでした。ユルール、、、
1頁の情報量がものすごく多いので、理解するのに時間がかかる漫画ですが、がんばって最後を見届けたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 13

2018/08/07 23:13

情報量が多いので

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

何度も読み返して、ストーリーがようやく理解できました。複雑な伏線がこういうふうに回収されていくなんて。ハラハラドキドキがとまりません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 14

2018/08/07 23:11

まさかこんな結末が

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

準備されているとは思いませんでした。もっとハードかと思っていました。だから、すごくうれしいです。しかも、ちゃんと年代きっちり辻褄合わせがしているというすばらしさ。手にとることができて、幸せだったと思える作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 2

2018/06/15 17:33

旅の始まり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:qima - この投稿者のレビュー一覧を見る

不穏な旅が始まったけど、それが途中から意図せぬ形で、ちゃんとした(?)仲間のような信頼関係ができていく。その中心に弱いはずの少年がいる展開が心地よいです。これからどうなるのかとても楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

文字の壮大な物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にしやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

モンゴル時代、西夏文字をめぐる物語。
壮大なスケールに感動。

文字のチカラというのはつくづく素晴らしいと思わせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待ってました!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わらび - この投稿者のレビュー一覧を見る

おまけ漫画に出てこないから
絶対に生きてるはずだと信じてたよイハバ!
これだけ勿体つけたんだから
絶対大活躍するって思ってたのに
ほぼモブ的な感じで終わってたよイハバ!

でもいいんだ…イハバが幸せならそれで…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シュトヘル 13

2016/10/24 22:13

衝撃のシュトヘル13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

スドーの、ユルールとシュトヘルへの想いが濃縮されていて、胸に込み上げるものがあります。三人は一体何処へ向かうのでしょうか。
そして復活を果たした表紙の二人。この二人の目的は共に「復讐」ですが、ハラバルは護るものを見つけたようにも見えます。
ラストの展開は、上手く切ったな!としか言いようがありません…一体どうなってしまうの!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

^_^

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:^_^ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずの神

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

きちんと完結、見事。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物は初志貫徹で、ふれあいで変わったのはハラバルくらい?漫画としては、成長ドラマというより群像劇。なぜタイムスリップが起こったのか?なぜシュトヘルは生き延びたのかなどについて突っ込むのは野暮なのだろう。この長い物語がきちんと円環を閉じたことを祝福したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ユルールとシュトヘルが決めた未来とは

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:unifura - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずシュトヘルの体に現れているのはスドーの意識です。殺伐とした世界においても戦以外を知っているスドーの存在にはつくづく癒やされます。
死人が多いだけに金国で死に別れた思っていたと彼が生きていたのは嬉しかったなあ。その彼と同じくスドーは人のよい「男」にモテますねw
スドーが繋いでいても尽きようとする命とユルールの意志がたたひとつの道へと至らせます。二人とも分かり合って迷いがなかったことが素晴らしくて悲しくいです。「文字」はどこで生き残るかはまだ分からず、今後の展開も目が離せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示