サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

20%OFFクーポン(1022-25)

修正:続刊予約キャンペーン(1012-31)

電子書籍

ピンポン みんなのレビュー

  • 松本 大洋
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (16件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本ピンポン 5

2008/10/17 18:30

愛の物語

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nanako17girls - この投稿者のレビュー一覧を見る

 松本大洋は愛の人である。この場合、大きな意味での愛である。大洋作品には極端に女性の登場人物が少ない。まあ、ハードボイルドなのだ。サブカルの教祖的存在だが、この漫画家の実の顔はかなり男臭い。が、性別を問わず人気があり、しかも熱狂的。もちろん僕もその一人。
 ストーリは卓球を通じて少年が成長する物語。かなり簡単な説明だけど、内容知りたい人は買ってください。主人公のペコは太陽のような存在。対してスマイルは月。
 少年は愛によって成長する。それは異性との出会いかもしれない。また本書のような友情かも。母親から離れ、いつのまにか僕らは歳をとっていく。少し寂しい気持ちになる。しかし、それはどうしようもないことだ。不老不死は永遠の人間のテーマだ。医学はまさにそうだ。しかし、枯れない花はない。だからこそ花は美しい。つぼみから花びらが咲く瞬間。それが思春期ではなかろうか?
 スポーツというものは人を魅了する。身体の限界に向かうということは自分の本質的なものと向き合うことと同じ気がする。自分が万能ではないことを証明してくれる。だからこそコーチや家族やライバルや仲間の存在が不可欠だ。そのストーリに魅了される。
 「あんたうんと高く飛ぶ選手だかんね」「だからオイラも背中に乗って飛ぶ」これは終盤の台詞。そう、ただ卓球をするのではない、「高く飛びたい」のだ。そして大人になっていく。
 青春を卓球に捧げた5人の男の物語。それぞれに刺激しあい、ぶつかりあう。挫折をする者もいる。しかし、それでいいんじゃないか、いつまでも思春期気分の僕には勝敗よりもそのプロセスがたまらない。いい顔してるのよ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 1

2002/08/05 19:56

独自の世界観

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

独特の画風で読者をひきつける。キャラクターも独特で、独自の世界観がしっかりと作られていて読んでいてとても魅力を感じた。異色の卓球マンガと言った感じで読む価値あり、映画化されることも決まっているので話題性のある一冊!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 2

2017/06/15 22:09

史上最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピンポンが最高なのは広く知られるところだけど、名作などと呼ぶにはやっぱり鮮やかすぎる。才能、努力、挫折、友情といったテーマを白を基調とした独特の力強いタッチと哲学的・詩的ながらも軽やかなセリフにのせて物語は駆け抜ける。ああいうセリフがちゃんとかっこいいテンポになるのはマンガだからだろう。全体があっけらかんとした寂しさにあるのもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 4

2017/06/15 22:09

史上最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピンポンが最高なのは広く知られるところだけど、名作などと呼ぶにはやっぱり鮮やかすぎる。才能、努力、挫折、友情といったテーマを白を基調とした独特の力強いタッチと哲学的・詩的ながらも軽やかなセリフにのせて物語は駆け抜ける。ああいうセリフがちゃんとかっこいいテンポになるのはマンガだからだろう。全体があっけらかんとした寂しさにあるのもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 3

2017/06/15 22:08

史上最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピンポンが最高なのは広く知られるところだけど、名作などと呼ぶにはやっぱり鮮やかすぎる。才能、努力、挫折、友情といったテーマを白を基調とした独特の力強いタッチと哲学的・詩的ながらも軽やかなセリフにのせて物語は駆け抜ける。ああいうセリフがちゃんとかっこいいテンポになるのはマンガだからだろう。全体があっけらかんとした寂しさにあるのもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 1

2017/06/15 22:07

史上最高

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポージー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ピンポンが最高なのは広く知られるところだけど、名作などと呼ぶにはやっぱり鮮やかすぎる。才能、努力、挫折、友情といったテーマを白を基調とした独特の力強いタッチと哲学的・詩的ながらも軽やかなセリフにのせて物語は駆け抜ける。ああいうセリフがちゃんとかっこいいテンポになるのはマンガだからだろう。全体があっけらかんとした寂しさにあるのもいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ピンポン 5

2017/04/08 21:51

愛してるぜ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最高ですなこの漫画。ドラゴンとの戦いで限界を超えたかと思えたペコの膝だが、決勝戦は憧れのヒーローであるペコを待ち続けていたスマイルとの戦いだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ピンポン 4

2017/04/08 21:27

少し泣く

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドラゴンのライバルと目されるまで成長したスマイル。おばばの伝手で成長しスコンクで敗れたウェンガを下すペコ。卓球引退したアクマが見に来るインターハイ予選。しかしペコは大丈夫なのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ピンポン 3

2017/04/08 20:41

スマイル浮上ペコ沈降

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

小泉の指導を受け頭角を現すスマイル。海王への引き抜きをもくろむドラゴン。そして卓球から離れてしまうペコ。スマイルと試合するため退部覚悟でやってきたアクマ。「飛べねえ鳥もいる」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ピンポン 2

2017/04/08 20:28

インターハイ予選

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ウェンガと対決するスマイル、そして海王のレギュラーを奪ったかつての同門アクマが登場、ペコと対決することに。スマイルは弱点の甘さが出てしまうし、アクマはペコ以上の努力をしてきたのだった。そしてドラゴンの圧倒的な反応。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ピンポン 1

2017/04/08 19:59

血は鉄の味がする

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かんけつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

幼馴染みの卓球部スマイルとペコ。ライバル海王学園、辻堂学園は中国人留学生ウェンガを呼ぶ。偵察に行った二人。ウェンガはスマイルの才能に気付くが、才能はあるが闘争心がまるでない・・・と。スマイルを見に来る海王のエースドラゴン。そしてスマイルと小泉先生の絆の始まり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】ピンポン 1

2016/05/15 14:36

ペコかっこいい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やっさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

電子書籍版を見つけて、衝動買いしてしまった!
ペコのかっこよさ、挫折からの復活、スマイルとの友情、すべてが最高!
随所に散りばめられた松本大洋の垢抜けたセンス!
読んだことない人、絶対に一度は読むべし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 4

2002/08/09 11:13

インターハイ予選個人戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いよいよインターハイ予選個人戦が始まる。選手それぞれの思いが交差する大会は絶妙の描きかたで見事に表現されていました。孔とペコの試合のシーン、卓球をやめた佐久間が風間とトイレで会話するシーン、スマイルが海王の真田あいてに圧勝するシーン、どれを読んでも面白かったです。さあ、いよいよ大会も大詰めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 3

2002/08/09 11:04

スマイルと佐久間の試合

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

佐久間学に敗退し、卓球をやめたペコはスマイルと佐久間の試合を見る。圧勝したスマイルに対して佐久間は叫ぶ。しかし、スマイルは「アクマに卓球の才能がない」と言い放つ。それを見たペコは…青春グラフェィティと呼ぶにふさわしい第3巻でした。ペコは復活できるのでしょうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ピンポン 2

2002/08/05 20:02

青春グラフィティ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリハ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんどん強くなっていく月本、一方ペコは旧友の海王学園佐久間学に打ち負かされる挫折を知るチャイナ…青春グラフィティと呼ぶにふさわしい感動の2巻でした。これまで勝利を続けていたペコは敗北を知ることになり、3巻へ続くのでした。ほろ苦くて実に感慨深い2巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

18 件中 1 件~ 15 件を表示