サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~9/30)

LINE Pay残高10%バックキャンペーン(~9/30)

電子書籍

太陽の黙示録 みんなのレビュー

  • かわぐち かいじ
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価2.9

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

一読の価値はあり

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぱんくぽんく - この投稿者のレビュー一覧を見る

 現在、週刊誌に連載中のヒットメーカー、かわぐちかいじ氏の最新作。「沈黙の艦隊」ほどの迫力も話題性もないが、これまた現在、連載中の「ジパング」よりはかなりましな作品である。
 舞台は、国土を東西に分裂させた大地震後の近未来日本。日本は中国主導の政府が率いる北日本と、米国主導の南日本に分かれている。
 最終的にこの二つの日本をどのように統一させるかがこの漫画のテーマなのだろうが、かわぐち氏はその任を担う主人公を2人配置、競わせる形にしたいようだ。
 最新の11巻では、中国の影響下にある北日本でクーデターが起きるところで終わるが、このあたりの展開はひと昔前の冷戦時代の下手な国際政治小説と同じではなはだいただけない。
 面白いのは、将来の国際政治のキーワードともいえるエネルギー問題を絡ませているところで、このあたりと中米対立をどのようにストーリーに反映できるかが楽しみだ。
 ただ実際にこのような事態が起きた場合、国際社会が分裂国家を許すような愚は踏まないだろう。統一政府を維持したまましばらくの間、国連の暫定管理下に入るいう形を取るのではないだろうか。
 あと天皇の存在をかかないのはずるいよ、かわぐちさん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示