サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

10/1【HB】読みたい本がもらえるかも?!ほしい本登録キャンペーン(~10/31)

電子書籍

ルサンチマン みんなのレビュー

  • 花沢 健吾
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本ルサンチマン 1

2005/04/03 01:20

アンリアルしか生きることのできないダメ男たち魂の叫び!

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まさぴゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

濃い。濃いよこの設定(苦笑)。とくに、ダメ男の本音の部分は、同じ男性としてマジに涙なしには語れない。これで泣けない男は、まずいないはずだ。現実世界で圧倒的な敗者になってしまったら、それこそゲームの世界に逃げるしかないだろう。だって、夢も希望もない腐った現実から、「逃げ」そして「癒し」を求めるのは、人間の権利だもん。そうすると働かない集団が(=引きこもり)増えてしまうので、時の権力からは嫌われてしまうかもしれないが。既に4巻で完結した同作品。最初の一巻のインパクトは、すごかった。それは現実の敗者となったダメ男のルサンチマン(=恨み)が、映像とともにまさに見事に表現されているからだ。

もう一点秀逸な点はオンラインゲームの世界観のつくり込み。ここでは恋愛系も格闘系などのアクションゲームもRPGも全てのプレイヤーが一緒くたにごっちゃになっている。「第九帝国」という格闘系の集団をまとめ上げている人物が、このオンライン上の帝国はサイバーテロで米国から仮想敵国に認定されている。そして恋愛系のプレイヤーがよくPK(プレイヤーキラー)に殺されるという現象もおきている。巻末の設定から議会制度もある。そしてなによりもNPC(ノンプレイヤーキャラクター)は、一度死んだら二度と再生できないという「死」の観念までも存在する。このオンラインの世界は今でこそマンガだが、FFやリネージュなどで知られるオンライゲームの究極目指すところは、これなのだ。

つまり仮想現実が「もう一つの現実」となること。

これはこれまでのオンラインゲームについて表現されてきたどのマンガにも小説にも、それほど大きく取り上げられなかったテーマ(富樫さんの『幽遊白書』や『ハンターハンター』にその萌芽はあるが)。現実に敗北して美少女ゲームに逃げてきているプレイヤーの「この世界が破壊されたら…」と涙するシーンは、ぐっときた。これは現実との区別が全くつかない世界だ。さらっとエンターテイメントしているが、その設定はものすごく濃い。最終的な終わらせ方は、僕的にはなかなか微妙だった。が、是非読んで判断して欲しい。それだけのパワーのある作品だ。こういう作品を読むと、『電車男』もニートの増加も、凄くつながっている気がしてくるなぁ。

ちなみに仮想現実空間での「神」のデザインは、なかなかにいい。パワーがあって、僕は凄く好きでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示