サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン(~6/24)

最大40%OFFクーポン(~6/24)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 漫画・コミック
  4. ユーザーレビュー一覧

電子書籍

みんなのレビュー

  • 石塚 真一
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー21件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (16件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
21 件中 16 件~ 21 件を表示

紙の本岳 18 (ビッグコミックス)

2012/09/01 12:18

よくがんばった

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すずめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あぁ終わっちゃった。
面白かったです。
ずっと少女漫画系できましたが、最近は男の子向けの漫画も面白いものがちらほらでてきていいですね。

評価は全巻あわせてです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本岳 11 (ビッグコミックス)

2010/03/02 17:13

心にしみる話と、また出会うことかできた。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東の風 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 山と人を描いた連作短篇のこのシリーズも本書で11冊になったが、ここまで一定のレベルをキープしている。胸にじんとしみる話が、必ずいくつかある。これは、なかなか凄いことだと思う。新刊が出るのを心待ちにする所以(ゆえん)であり、その期待が大きく裏切られたことは、まだない。

 人間味にあふれ、泰然自若とした人柄がにじみ出る主人公の島崎三歩(さんぽ)がまず魅力的だが、脇を固めるサブ・キャラたちもいい。本巻では、かっちょいい山女(やまおんな)ぶりが板についてきた椎名(しいな)と、三歩を兄ちゃんと慕うナオタの活躍が光っていた。

 全九話のなかでは、おしまいから二番目の「接点」の話が印象的。「あの時、私が止めていれば、あの人は死なずに済んだ。私のせいだ。」と自分を責める椎名と、「違う違う。ぜんっぜん違う。」と首を振る三歩のやりとりから、ふっきれた顔した椎名が抜群に素敵なラストまで。思わず、目頭が熱くなった。

 巻末のおまけコーナー。ラフな下書きによる四つの掌篇のなかでは、トリを飾る「マスター」のとぼけた味に、くすりとしちゃったな。作者の遊び心に、やっほー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍岳 18

2015/03/17 23:40

良い最期でした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:朝4時 - この投稿者のレビュー一覧を見る

15巻でザックが三歩に「最後に山登ったのいつだ?お前の限界ギリギリの山を、お前だけのために、クライマーとして登ったのはいつだ?」と聞いたシーンから不穏だ…と今後の展開が思いやられた。今まで気楽に娯楽漫画として楽しみながら読んでいたのに風向きが変わった感じ。割れたコーヒーカップで一息付いたシーンからショックで三日間くらい次のページが読めなかった。(※北アルプスの皆さんのその後のが書かれたページ。)でも、良い最期だったと思います。人は長生きするばかりが良いことでもありません。三歩さんは自分だけのためにローツェも登りましたし救助もやり遂げましたしただ偶然頑張りすぎたのがヒマラヤだったというだけです。良かった。次は『孤高の人』を読もうと思う。ちなみに、北アルプスで救助を続ける15巻まではそれぞれが楽しいストーリーながらもたんたんとしていてサザエさんや水戸黄門のように飽きる一面もあったのは否めない。ある人は助からず、ある人は助かるという点、それに各々の人生が絡むという点ではブラックジャックもそうだよね。しかし、三歩に感情移入するにはとても大切な序章と思う。電子書籍で読んだけれど人に薦めるために紙の書籍でも全巻買ってしまった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本岳 15

2014/05/12 23:38

実在の人物と絵を近づけない方が良い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

内容はこれまで同様、十分楽しめるのですが・・・

本書あとがきで、既にお亡くなりになった実在の方をイメージして登場人物の「牧」を描き(風貌、仕事内容等)、
遺族の方に不快な思いをさせた旨、作者の謝罪があります。
この方の実際の人物像は快活かつ遭難者に対しても温かみのある言動で、
「よく頑張った」という三歩のセリフは、現実にはこの人が口にしていたものです。
他にも山小屋のオーナーを中途半端に実在の人物に似せて描いており、
ご本人がどう思うのかという点について、作者はあまり考えていないようです。
設定だけは参考にするとしても、風貌を実在の人に似せない方が相手に嫌な思いをさせずに済むのに・・・というのが、
マイナス2にした理由です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本岳 11 (ビッグコミックス)

2012/06/26 19:15

なんかね〜

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jet - この投稿者のレビュー一覧を見る

色々話題になってたから読み出したんだけど、昔に読んだ「村上もとか クライマー列伝」のほうが印象が強いなっ。もちろん悪くはないですけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍岳 18

2017/04/10 22:58

衝撃のラスト!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:てるやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

最終巻を読み終え、3日後にもう一度読み返した。
それでも、まだ受け入れられない気持ちで一杯だ。

この衝撃の結末は、あと何回読み返せば、受け入れられるようになるのだろうか...

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

21 件中 16 件~ 21 件を表示