サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~8/6

修正:新規会員30%OFFクーポン(~2/29)

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 清谷信一の電子書籍一覧

“清谷信一”の電子書籍一覧

“清谷信一”に関連する電子書籍を22件掲載しています。122 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

【合本版】真・大東亜戦争

  • 税込価格:8,250
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2015/04/02
  •  一九一四年七月、オーストリアとセルビアにて戦争が勃発。ほどなく戦火は、ヨーロッパ全土へ広がり、世界大戦へと拡大した。三年後、日本も積極的な参戦をすべく歩兵師団をフランスへ派遣し、また巡洋戦艦「金剛」を中心とする援英艦隊を送り込む。今回の参戦には、帝国陸海軍のエリート将校たちに近代戦を実地体験させ、新時代の指導者をつくるという日本軍首脳部の思惑があった。
     ノンフィクション作家・林信吾と...

太平洋大戦争

  • 税込価格:770
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/05/01
  •  中国大陸での権益をめぐり、アメリカと対立する日本。両国の水面下では決戦準備が、着々と進められる。
     そして一九三一年三月、パナマ運河を航行中の「明石丸」の大爆発を契機に、日米決戦の火蓋は切って落とされる。勢いに乗る日本海軍は、激戦の末、フィリピンを陥落、続いて、グアムをもその手中におさめる。
     度重なる失態に突き上げられた米海軍は、かつてない大規模な艦隊を率いて太平洋に出撃。...

電子書籍

国防の死角

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

国防の死角

  • 評価5.0レビュー:2件
  • 税込価格:1,500
  • 出版社:PHP研究所
  • 販売開始日:2014/03/14
  • "平成23年3月11日に発生した東日本大震災で、われわれ日本人は、巨大地震、津波、そして原子力発電所の事故という「有事」を経験した。この大震災に際して、防衛省は陸・海・空三自衛隊から10万6,000名を動員。現場の部隊、個々の隊員たちは献身的に任務を遂行した。今回は多くのメディアが自衛隊の活躍をクローズアップしたこともあり、国民も自衛隊がどれほど頼りになる存在であるかを実感したはずだ。だが、その「...

熱砂の旭日旗

  • 税込価格:770
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/11
  •  一九一五年、京都。陸軍中将・柴五郎は予備役中佐・井坂敏幸を訪ねた。
     井坂は日露戦争時、ロシア軍の動静を探る挺身隊として敵地深く潜入し、見事斥候の任務に成功した人物だった。
     英軍の「アラビアのロレンス」ことトマス・エドワード・ロレンス大尉とともに、砂漠をわたって潜入工作を開始。日露戦争では伝説的な活躍を見せた“老兵”たちが、最後に見たものは…?

     第一...

真・大東亜戦争(12)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  •  北はアリューシャン沖から南はシドニーまで、太平洋のいたるところで日米双方の艦隊による血みどろの戦いが繰り返されていた、昭和一七年の春。
     そんな激しい海戦に空戦も、真夏を迎えるや突如、嘘のように静まり返った。米軍は太平洋に配属していた機動部隊をすべて無力化され、艦隊の再建に全精力を傾けざるをえなくなり、日本もアリューシャン沖の海戦で、戦艦「陸奥」や空母「加賀」「蒼龍」などを失う大打撃を...

真・大東亜戦争(10)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  • 「国定君、君は今、どこと言ったのかね」
     官邸連絡担当の大尉が血相を変えて、もう一度告げた。
    (米軍が択捉島へ上陸だと……いったい、どういうことだ?)
     東条英樹首相兼陸相は、我が耳を疑った。
     昭和十七年五月四日、米軍機は超低空飛行で守備隊の頭上を突っ切るや、単冠湾南部に面した丘陵地帯に次々と強引に着陸したのである。
    (アメリカ人というのは、なん...

真・大東亜戦争(9)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  •  真珠湾攻撃を受けて、アメリカは対日宣戦布告を発表した。
    (旧式戦艦が多少叩かれようとも、参戦への扉が開かれれば、決して損な取り引きではないはずだったのだが……)
     予期した以上の多大なる被害に、ルーズベルトもため息しか出なかった。
     空爆後、敵戦艦の軍港突入により真珠湾は水道を完全に閉塞され、爆撃の被害を免れた艦が外洋に出ることを不可能にしていた。
    「さら...

真・大東亜戦争(11)

  • 評価3.0
  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  • 「ちくしょう、今ここに無傷の空母があと二隻あれば…」
     沈鬱な表情を浮かべる幕僚たち。
     熾烈をきわめたアリューシャン沖海戦で、米空母四隻を撃沈大波したものの、第一航空艦隊も三隻の母艦を失っていた。
    (まともに働けるのは、飛龍だけではいかんともしがたい)
     南雲は遮二無二攻撃続行を叫ぶ航空参謀を見据えて、首を横に振った。ただし、このまま手をこまねいているわけ...

真・大東亜戦争(14)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  • (あれから、もう三ヵ月になるのか…)
     西条は軍需省の執務室で頬づえをつき、ひとり嘆息した。
     一九四三年(昭和一八年)四月二八日、アリューシャン諸島最西端のアッツ島。米軍は突如、日本軍の守る同島に艦砲射撃を加え、上陸作戦を開始した。そして四日後の五月一日、日本軍守備隊は全滅したのである。
    (イタリアはもう白旗かもしれん。ヒトラーも時間の問題だ。これで太平洋でもアメリ...

真・大東亜戦争(15)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  •  一〇月四日、中南洋に浮かぶ連合艦隊の拠点、トラック泊地が空襲された。ミクロネシア海戦で第三艦隊全滅の憂き目を見た米海軍の復讐戦である。夏にはヨーロッパにおいて、連合軍の大反攻が始まっており、東部戦線、地中海で枢軸側は総崩れの様相を呈している。東西で今次大戦の正念場を迎えつつあった。
     そして、昭和一八年が暮れる。明けて早々、日本政府は「大東亜会議」の開催を表明した。独立を宣言し始めたア...

真・大東亜戦争(16)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  •  優勢に戦いを推し進めてきた帝国陸海軍だったが、敵の戦意を挫く決め手を打てぬまま、今では圧倒的な物量を誇る連合軍に圧迫され始めている。
     一九四四年(昭和一九年)七月七日を期して発令された作戦「回天」の名称には、窮地に立たされつつある状況を一気に転換させようとの意味が込められていた。
     迫りくるアメリカの大艦隊を前に、旗艦「大淀」の艦橋は騒然としている。
    (皇国の興廃...

真・大東亜戦争(17)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  •  優勢に戦いを推し進めてきた帝国陸海軍だったが、敵の戦意を挫く決め手を打てぬまま、今では圧倒的な物量を誇る連合軍に圧迫され始めている。
     一九四四年(昭和一九年)七月七日を期して発令された作戦「回天」の名称には、窮地に立たされつつある状況を一気に転換させようとの意味が込められていた。
     迫りくるアメリカの大艦隊を前に、旗艦「大淀」の艦橋は騒然としている。
    (皇国の興廃...

真・大東亜戦争(18)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  •  昭和一九年(一九四四年)七月二〇日、柱島泊地に連合艦隊が凱旋してきた。
     今次の大戦の帰趨を決した海戦は、一昼夜にわたって繰り広げられたが、終わってみれば、日本側の圧勝であった。米太平洋艦隊は消滅した。
    (戦争を終わらせる数少ないチャンスだ。この機を逃してはならない)
     夏のまぶしい日差しが入ってくる大東亜大臣室の窓を、西条英俊は全開にした。その四日後。西条は一人、...

真・大東亜戦争(13)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/07
  • (とうとう白旗を掲げたか。これでどうにか…)
     スターリングラードでの独軍の降伏。終戦への道程が、西条には見えた気がした。
     同じころ南アフリカでは、植民地奪還を声高に叫ぶチャーチル英首相の意を受け、ナミビアへ上陸した南ア遠征軍が、日・南ア航空隊に一掃されていた。
     一方、北アフリカではジョージ・パットン米中将が、モロッコ内陸部を打通するミストラル作戦を発動した。“砂...

真・大東亜戦争(4)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  • 「大臣ねえ……あんまり性に合いませんなあ」
     軍需省次官西条英俊は不機嫌そうに答える。
     かねてから辞意を漏らしていた近衛文麿。内閣の総辞職にともない、東条英機陸軍大臣を首班とする戦時内閣が誕生した。内閣最優先の課題にあげられたのは、軍需省の強化である。予算のみならず、兵器の開発や調達、さらには徴兵や徴用に関しても監督・指導しうる権限。陸海軍を統括する「事実上の国防省」としてそ...

真・大東亜戦争(5)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  •  イギリス、フランス、オランダ亡命政権への宣戦布告よりおよそ10ヵ月。
     カイロ、ケープタウン、そしてカルカッタを結ぶシーレーンの一角を崩し、膨大な資源が大英帝国の手に渡るのを阻止した、南アフリカの制圧。一打逆転を狙い、送り込まれた英国遠征艦隊をも撃破。
     しかし、チャーチル英首相率いる戦争指導部は、快進撃を続ける大日本帝国海軍を相手に、微塵も揺るがぬ意志を持って戦争を継続せん...

真・大東亜戦争(3)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  •  南アフリカ制圧作戦の成功により、英国を追い詰めた日本。今やインド洋における英国の海軍力など知れたものであった。
     だが、クリスマスを前に状況が一変する。ルーズベルト米大統領が多数の船舶をチャーチルに融通したのだ。
     オーストラリアを経由して、米国の援助物資が湯水のごとくインドへ流れ込むのは、周知の事実である。
     日本に傾いた勝機が、またもや揺らぎ始めた。
    ...

真・大東亜戦争(7)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  • 「米国はほどなく日本に対し宣戦を布告するであろう」
     英首相の宣言どおり、米国は中立の仮面をかなぐり捨てようとしていた。
    (……大英帝国の滅亡は、米国の国益に反する)
     提供した資材・資金の貸し倒れを懸念したルーズベルトは、その真意をベールに包み、「正義のための戦争」を謳った。
     アメリカの思惑を見越した二人……山本五十六と西条英俊。連合艦隊司令長官と軍需大...

真・大東亜戦争(8)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  • 「メキシコへ武器供与に向かう、日本の輸送艦隊を阻止せよ!」
     一一月二五日午前五時三〇分。アカプルコ沖一八〇海里地点。海戦はこちらの勝利で終わった。B‐24一三機が撃墜され、被害も決して軽徴ではなかったが、日本艦隊を一掃した。
    「わが国に逆らおうとする国はこうなるのだ」
     ルーズベルトはうそぶいたが、国際世論はむろん、自国民にまで非難されるありさまで、開戦を目論む大統...

真・大東亜戦争(6)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  •  最高戦争指導会議に居並ぶ誰もが、沈痛な表情を浮かべていた。
    「白人によるアジア支配を覆滅すべし」
     そう声を上げ、国運を賭した大戦略が今、崩壊の危機に瀕している。
     一九四一年(昭和一六年)六月二二日、払暁。東プロイセンおよびポーランド領内で密かに集結を終えていた盟邦ドイツ軍が、ソ連軍に対して攻撃の火蓋を切ったのである。
    「第一次対戦の経緯から考えましても...

真・大東亜戦争(1)

  • 税込価格:109
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  •  一九一四年(大正三年)七月、オーストリアとセルビアにて戦争が勃発。ほどなく戦火は、ヨーロッパ全土へ広がり、世界大戦へと拡大した。
     三年後、日本も積極的な参戦をすべく歩兵師団をフランスへ派遣し、また巡洋戦艦「金剛」を中心とする援英艦隊を送り込む。今回の参戦には、帝国陸海軍のエリート将校たちに近代戦を実地体験させ、新時代の指導者をつくるという日本軍首脳部の思惑があった。
     翌一...

真・大東亜戦争(2)

  • 税込価格:495
  • 出版社:アドレナライズ
  • 販売開始日:2014/02/04
  •  第一次世界大戦―帝国陸海軍のエリート将校が初めて体験した近代戦。
     それからおよそ20年後の……一九四〇年(昭和一五年)六月四日。日本はイギリス、フランス、およびオランダ亡命政権に国交断絶を通達する。軍需省初代次官・西条英俊の目には、英国、その背後にいる米国との戦いはもはや避けられない運命のようなもの、と映っていた。
    「自重したところで、英米が日本を標的とするのはまぎれもない...
検索結果 22 件中 1 件~ 22 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。