サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~5/31

 新規会員50%OFFクーポン ~5/31

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 雁屋哲の電子書籍一覧

“雁屋哲”の電子書籍一覧

“雁屋哲”に関連する電子書籍を255件掲載しています。130 件目をご紹介します。

表示タイプ :
一覧表示
イメージ表示

美味しんぼ 111

  • 評価3.9レビュー:7件
  • 税込価格:770
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2014/12/10
  • 原発事故後の福島県。「食」に携わる方々が様々な問題に取り組む姿を追った2011年11月から2013年4月の取材のうち、その後半を収録。そして山岡と雄山の確執がついに雪解けを迎える!?

美味しんぼ 76

  • 評価4.2レビュー:4件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/26
  • 「安楽食品」が、東西新聞の朝夕刊に1か月連続で全面広告を出してくれることになった。その打ち合わせに出かけた山岡だが、産まれたばかりの陽士と遊美の夜泣きによる寝不足のため、打ち合わせ中に大いびきで寝てしまう。そんな山岡に、「安楽食品」側の担当者は激怒するが…。また、アジア各国首脳を招いての宴席が「美食倶楽部」で設けられることになった。しかし、その大事な宴を前に雄山が交通事故にあい…。

美味しんぼ 102

  • 評価3.3レビュー:9件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/11/04
  • 「究極のメニュー」を本格的に飛沢へ引き継がせることが決まり、これまでの集大成としてメニューのいくつかを食べる宴を催すことを命じた大原社主。社主にはこの宴を「至高のメニュー」との対決の場にしようとする意図があったが、士郎と雄山はこれを拒否。だが、ゆう子と飛沢は2人を和解させる最後の機会と考え、なんとか対決を実現させようと…

美味しんぼ 5

  • 評価3.7レビュー:5件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/08
  • 元教師である、ゆう子の祖母・たま代と共に教え子の家を訪ねた山岡たち。その教え子の実家が老舗の味噌屋であり、味噌の大メーカーの圧力で苦しんでいることを知った山岡は、粗悪な原料や速成醸造、合成保存料にまみれた現在の味噌メーカーの実体を暴く。

美味しんぼ 1

  • 評価3.9レビュー:39件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/08
  • 東西新聞文化部に配属された新入社員・栗田ゆう子は、希望あふれる出社初日から、憧れの新聞社にも山岡士郎のような無神経でぐうたらな先輩が居ることに驚かされる。だが文化部全員が受けた味覚テストに合格し、大原社主・肝入りの企画「究極のメニュー」の担当者に選ばれたのは、ゆう子と山岡の2人であった…。

美味しんぼ 69

  • 評価2.8レビュー:3件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • ゆう子の実家へ帰っていた山岡夫妻は、家の前を生産者直売の移動式八百屋が通り過ぎる音を聞き、早速様子を見に行ってみる。そこで売っていたのは、普通の流通経路には乗らないような、形はいびつだが安全に育てられた自家製の野菜の数ーだった。するとそこへ、ここで野菜を買った主婦たちがキャベツの虫食い穴に文句をつけに現れる。彼女たちの野菜に対する間違った考えを正そうと山岡は…。

美味しんぼ 4

  • 評価3.8レビュー:6件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/08
  • 周大人の妻が山岡たちに相談があるという。娘の香玉が、屋敷のコック・王士秀と駆け落ちしたというのだ。この2人が場末で営む中華料理店を訪ねた山岡たちは、王が華僑同郷会の融資を得るために料理の試験を受ける事を知る。だが、王の料理には決定的な弱点があることを、山岡は見抜いていた…。

美味しんぼ 6

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/08
  • 江戸風の雑煮を取材するべく、火消しの頭を訪ねた山岡とゆう子。ところが雑煮に必要なカマボコの名店がつぶれてしまい、他店では添加剤まみれのカマボコしか入手できない…この現実を知った頭は失意から寝込んでしまう。そこで山岡が手作りで「本当のカマボコ」を作ることになる。

美味しんぼ 106

  • 評価3.5レビュー:4件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/11/04
  • 「究極のメニュー」を作成する中で、山岡達がこれまでに出会った数ーの名人・名店。その中でも最高の名人・名店を選りすぐり、第106集と第107集の2冊に収録! 96・97・99集に登場した「京味」と、この2冊で紹介する9店こそが、「美味しんぼ」が選んだ究極の名人・名店です!!■106集の収録作第1話/偉大なる名人・名店 常夜燈〈1〉~〈3〉第2話/偉大なる名人・名店 総持院〈1〉~〈2〉第3話...~〈2〉

美味しんぼ 107

  • 評価3.6レビュー:3件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/11/04
  • 「究極のメニュー」を作成する中で、山岡達がこれまでに出会った数ーの名人・名店。その中でも最高の名人・名店を選りすぐり、第106集と第107集の2冊に収録! 96・97・99集に登場した「京味」と、この2冊で紹介する9店こそが、「美味しんぼ」が選んだ究極の名人・名店です!!■107集の収録作第1話/偉大なる名人・名店 京都吉兆〈1〉~〈2〉第2話/偉大なる名人・名店 寿司金〈1〉~〈2〉第3...~〈2〉

美味しんぼ 2

  • 評価4.0レビュー:7件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/08
  • ある日曜日、横浜の中華街のマスコミで評判の店を訪れた東西新聞文化部の一行。だが、不遜な接客や、料理そのものに対する不誠実さに山岡は怒りを覚え、店の主人と喧嘩に。偶然居合わせた華僑の大物・周懐徳が審判役となり、どちらが本物の中華を作れるか対決することになる。

美味しんぼ 7

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/08
  • ひょんなことからケガをした唐山陶人を見舞って、海原雄山がトマトを土産に持ってきた。陶人がトマトの赤色を出すうわぐすりの研究に没頭していたためだ。だが、そのトマトを見た山岡は「本当の完熟トマトではない、本当のトマトをお見せしよう」と、陶人と雄山を「緑健農法」のトマト栽培地へ案内する。

美味しんぼ 88

  • 評価3.4レビュー:2件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/09/02
  • 話題の超高層ビルのテナントに、美食倶楽部の料理人が大勢引き抜かれてしまった。だが、チヨが士郎に相談しても、「雄山の自業自得だ」と取りつく島もない。その士郎は翌日、ある陶芸家から別の相談を受けることに。食器を作る彼に対し、イギリス人の妻はオブジェのような陶芸を作れと迫っているらしく…

美味しんぼ 81

  • 評価4.0レビュー:3件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/09/02
  • 断酒中で機嫌が悪い小泉局長に、飴玉をなめることを勧めた山岡とゆう子。ところが、次の日になっても彼の機嫌は回復しない。小泉は様ーな飴玉を試してみたのだが、どれも刺激が強すぎて体が受け付けなかったのだ。頭を抱える小泉に、山岡は「本当の飴」を試すことを提案する…

美味しんぼ 83

  • 評価3.7レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/09/02
  • 山岡の上司・小泉と、ライバル社の帝都新聞の局長・秀沢が揃って困り顔。実はふたりとも情報産業俳句会の幹事に任命されたのだが、句会を指導する俳人・花尾若骨を怒らせてしまったのだ。話を聞いた山岡は、ふたりが接待に使った寿司屋を訪れるが……!?

美味しんぼ 82

  • 評価2.5レビュー:3件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/09/02
  • ひょんなことから、料亭「せんせん亭」の女将と知り合いになった山岡たち。「せんせん亭」は二代目が亡くなってから経営が左前となり、現在はお得意様にも見放されていた。女将に頼まれ、優秀な料理人を探すことになった山岡たちだが、あいにく誰も心当たりがない。そこに偶然、知り合いの板前の岡星が現れて…?

美味しんぼ 33

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/29
  • 料理研究家の生田しょう子と陶芸家の吉野耕一は、10年程前、つきあっていたことがあった。その頃の2人はお互いに伸び悩んでいた時期であり、ささいなことで傷つけ合っていた。ある時、グリーンアスパラガスの調理法で悩んでいたしょう子に、耕一はそれくらいのことで悩んでいるなんて才能が欠如している証拠だと言ってしまい、それがきっかけで別れることになる。

美味しんぼ 60

  • 評価2.5レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/12
  • 東西新聞事業部の福田が、定年退職を機に漬物店を始めたいと山岡たちに相談してきた。漬物は日本人にとって欠かせないものなので、商売として成り立つ可能性はあると山岡たちは賛成するのだが、肝心の福田の奥方があまり乗り気ではない。奥さんは漬物に興味がないのだと山岡たちは思うのだが、実は家に漬物小屋があるほどの漬物好きで…。

美味しんぼ 47

  • 評価4.5レビュー:4件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/05
  • 東西新聞文化部に、おチヨが訪ねてきた。山岡たちの披露宴に招待されたことに礼を言いに来たのだ。だが、彼女にはもうひとつ、山岡にどうしても頼みがあるという。一生のお願いだから、結婚を機会に雄山と仲直りをしてくれというのだ。それだけは出来ないと、耳を貸さずに立ち去る山岡…。

美味しんぼ 55

  • 評価2.3レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/12
  • 山岡夫妻が訪れた大磯の小料理屋は、以前社内の人ーから借金をしたまま姿を消していた山岡の元先輩・利島の店だった。今は心を入れ替えて真面目に働き、借金も全額返すと言う利島だが、社の人ーの怒りはそんなことでは収まらない。そこで考えた山岡は…。そして、小料理屋「はる」の女将の娘・季子が結婚するという。しかし、はるの婚約者である尾沢は…。

美味しんぼ 28

  • 評価3.8レビュー:2件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/22
  • 今日は日曜日。荒川夫妻とピクニックに行くため、山岡たちはゆう子の家に集合した。だがそこに、ゆう子の祖母・たま代が泣きながら帰ってきた。たま代のボーイフレンド・大柱永一が行方不明になったというのだ。大柱の友人・黒柏が大柱の邸宅を訪れ、2人で激しい言い争いをした上、一緒に出ていってしまったらしい。

美味しんぼ 29

  • 評価3.2レビュー:4件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/03/22
  • 科学部・平川が山岡たちに、いいフランス料理店を紹介してくれと頼んできた。実は最近、お金持ちの令嬢・季理子と付き合い出したのだが、普段はラーメンライス専門の平川には、彼女をつれて行けるような店の心当たりがない。おまけに、メニューやマナーの知識もないので、デートに付き合ってくれないかという。

美味しんぼ 43

  • 評価4.2レビュー:4件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/05
  • まり子の祖父・二木会長が心臓発作で倒れた。幸いにも一命をとりとめたが、以来ガックリと体が衰えてしまった。なんといっても辛いのは、年を取り、歯がガタガタになって大好物のナマコの酢の物が食べられなくなったことだと言う。「固いものが食べられなくなったら、1匹の動物としておしまいさ」とまで嘆く二木会長…。

美味しんぼ 61

  • 評価3.4レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • 近城夫妻が家の近くで拾ったという子猫を連れて、史郎の所属する東西新聞にやってくる。彼らの家には生まれたばかりの赤ちゃんがいるので、子猫の飼い主を皆に探して欲しいというのだ。その役目を押しつけられた山岡とゆう子は、局長に紹介された猫好きな家庭を訪ねるが、偶然その家の娘が最近婚約を破棄されたばかりということを知り…。

美味しんぼ 62

  • 評価3.4レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • 元日、山岡たちの家に中松警部やテルエさんら仲間たちが集まった。近ー結婚を控えた彼らは陽気だが、ひとりだけ恋人のいないテルコは浮かない顔。一生懸命みんなでなぐさめるが、結局テルコはお酒を飲んで寝てしまった。とそこへ、大原社主の奥さんから電話が。なんでもおせち料理がダメになったから助けてほしいという。仕方なく山岡とゆう子、そしてテルコの3人は、大原社主の家へと向かうのだが…。

美味しんぼ 64

  • 評価3.4レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • 小料理屋の女将のはるさんが、麻婆豆腐の作り方を教えてほしいと山岡を訪ねてきた。その理由は、大家の尾沢のアパートのひとつに引っ越してきた一家のひとり娘・治子にあった。彼女が麻婆豆腐を食べたがるので、両親はあちこちに連れていったのだが、どの店でも「こんなのじゃない。本物の麻婆豆腐を食べたい」と言うらしい。そこではるさんの出番となったわけだが、彼女の麻婆豆腐にも治子は満足しなかった…。

美味しんぼ 65

  • 評価2.5レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • オーストラリアでは、先住民やアジア人を排斥する勢力が盛んになっていた。そんな折、ある政治団体が「東西新聞は偏向している」と抗議してくる。実は以前に「究極のメニュー」で組んだ特集で、オーストラリアを賛辞したことがあり、そのことを今になって非難してきたというのだ。おまけに社主の大原は、山岡とゆう子に「責任をとれ」と詰め寄る…。

美味しんぼ 67

  • 評価2.8レビュー:2件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • 新聞、テレビ、ラジオ、出版、広告業など、情報産業各社の若手社員による研修会に参加することになった山岡とゆう子。参加者はみな熱心で、活発な議論が交わされていた。ところが、昼食で出された「うどん」の麺の形状で意見が対立。太いか細いか、切り口が丸いか四角いかといったことで、みな自分の「うどん」が一番だと言って譲らない。会は一気に険悪なムードとなってしまい…。

美味しんぼ 79

  • 評価4.0レビュー:1件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/26
  • 東西新聞政治部の松川が、元建設大臣の収賄容疑を暴き、逮捕に追い込んだ。しかしその影には、松川に情報を伝えた事により、仕事を失ってしまった元議員秘書の佐野がいた。士郎たちは、佐野を元気づけようと食事に誘う。だがその場で、佐野が野菜に対してあまりにも無知である事が、図らずも判明してしまった。政治の毒に染まってしまい、一般常識からかけ離れてしまった佐野は…。

美味しんぼ 68

  • 評価3.3レビュー:2件
  • 税込価格:693
  • 出版社:小学館
  • 販売開始日:2013/04/19
  • 団・ジュディ夫妻に続いて、ブラック・テルエ夫婦にもおめでたと聞き、さっそく駆けつけた山岡夫妻。だが、ブラックは師匠の八笑に、最近のお前の落語はなっちゃいねえと言われて大弱り。出産を控えて実家に戻ったテルエの父に付き合い、囲碁やら、団子作りやらにのめりこんでいるのが、師匠の目には気の緩みと映ってしまったらしいのだが…。
検索結果 255 件中 1 件~ 30 件を表示
予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。