サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. トオマス・マン短篇集

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トオマス・マン短篇集(岩波文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1979
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波文庫
  • サイズ:15cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-324334-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫)

著者 トーマス・マン (著),実吉 捷郎 (訳)

トオマス・マン短篇集 (岩波文庫)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

幻滅
墓地へゆく道
道化者

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

低血圧文学

2013/06/09 14:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

何か人生の悩みを深刻に語っているような作品たちだ。描かれるのはいつも、繊細で、傷つきやすい人たち。彼らは情熱的で活動的、細かいことは気にせずに前向きに生きる周囲の人たちに付いていけない。そのため時に奇矯な振る舞いに及んでしまう。そういう人たちの心情を丹念に綴っているのだけど、これ読んだ人は共感し、真実味があると思うんだろうか。
病気がちだとか、障害があるとかでないし、運動が苦手でもない、ただ熱が高まるのに時間がかかる、虚弱というよりは血圧の低い人である。あるいは感受性が強い、とにかく誰とも分かり合えない人だ。当時は医学的な知識も現代と違い、そういう体質・気質が一定の比率で存在するとも知らないから、ただ自分自身の問題と思い込んで孤独に苛まされていく。
それでも彼らはいわゆる有産階級の人間で、傷つきながらも成長し、ある物語では挫折と諦めの生涯に向かうが、またある物語では人生を頓挫させる。
「飢えた人々」「鉄道事故」では貧しい人々の視点も織り交ぜられ、「衣裳戸棚」「予言者の家で」では幻視に溺れる人々が登場する。この初期作品集の中で、作者の視座が広がっていくことを見ると、その後作品世界がどのように展開していくのか気になる。
ここでの人物達は多く芸術的才能を媒介にして、世の中に関わろうとする。一方で世間がその才能にどれほど褒めそやしたところで、本気で関心があるわけでなく単なるお追従に過ぎないことも徐々に自覚する。彼らに与えられるのは、行き止まりの道筋だけだ。しかし芸術でも科学でも、世の中全体が水準が上がっていれば、それを活かす場所も生まれて来るのが歴史の流れであって、それが存在するはずだと予感しつつも、未だ見つけられないだけだ。
新しい時代の到来を期待するがゆえに、もがき苦しむ若者達。だがほんの微かの希望があるだけでも、彼らは救われていることにいつか気付くだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

インサイダーとアウトサイダーの対比

2001/09/12 10:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:上善如水 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 太宰の『人間失格』のモデルかと思われる『道化者』が出色。作品全体のテーマとして、社交性に富むインサイダーと自閉的なアウトサイダーとの対比が多く描かれている。

 特に若者に読んでもらいたい短編集。『道化者』に登場する主人公や『小フリイデマン氏』に登場するフリイデマン氏。彼らの中に自分の一面を見つける人も多いのではないだろうか。また、彼らの心の痛みを感じることができる社会であれば昨今の痛々しい、いじめ問題などはありえないはず。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/12 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/25 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/10/18 21:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/04 01:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/21 00:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/14 23:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/23 21:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/05/28 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/02 14:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/11/10 21:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る