サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ころころころ(福音館の幼児絵本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 54件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発売日:1984/11/01
  • 出版社: 福音館書店
  • レーベル: 福音館の幼児絵本
  • サイズ:22cm/23p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-8340-0111-3
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ころころころ (福音館の幼児絵本)

著者 元永 定正 (さく・え)

ころころころ (福音館の幼児絵本)

972(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー54件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

あっさりしている

2015/09/30 12:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えみんご - この投稿者のレビュー一覧を見る

わりと単調な内容のせいか、一歳三ヶ月の子供の食いつきは残念ながらイマイチでした。丸が小さいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ころがる

2016/02/18 13:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ichi - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろいろな色をしたたくさんのボールがころころと転がっていきます。
さかみち、でこぼこみち、まがったみちとこどもは楽しそうに読んでといいます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

転がるいろだま

2016/06/12 10:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:そらいろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

カラフルな色の「いろだま」がいっぱい、色んなみちを転がっていきます。

2歳~4歳くらいのお子さん向けと裏表紙に記載されていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ころころと

2017/09/15 15:04

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

いろんな色のたくさんの”いろだま”が、どこまでもころころころ…、と転がって行くお話です。
階段を上って、降りて、赤い道も進んで、こぼこみちも進んで。
子どもは不思議そうに見ています。わたしは頑張れ!って応援したくなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色だまをなぞってみよう!

2000/09/16 11:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 色だまが、ころころころっと転がって、
階段をのぼったり、でこぼこ道を転がったり、滑り台をしたり…
単調な絵本ですが、なぜか見ていて飽きがきません。
色だまが小さく、また沢山転がってくるので、とてもほのぼのとしています。

 「ころころころ」の文字も沢山出てきます。
文字を覚えたての子どもでもすぐ読めます。
 
 この絵本は、お話会で読むには、ちょっと単調すぎて苦労するかもしれません。
お母さんのひざの上で、色だまをなぞりながら、
読むのが楽しいのではないでしょうか?
2歳から4歳向き 幼児絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

子供が自由に思い入れができる絵本

2001/06/07 13:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松井泰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いっぱいの色々な色の玉が坂をのぼったり降りたり、雲のうえをふわふわしたり、風で飛ばされたり…。なんのキャラクターもない色玉とほとんど単一色のバックがあるだけなので、逆に子供が自由に思い入れができたり(うちの子供は、ピンクの玉に同化して読んでいる)、親の読み方ひとつで、ほのぼのにもスリリングにも読めたりします。まだ、ものの名前とか良くわからないような幼児に最適。2才前後の頃、うちの子供の愛読書でした。子供の評価は、4つ星くらいいくと思います(親としては、子供ほどは楽しめないので評価保留。でも、親がつまらないくらいでないと、小さい子供には、向かないのも事実)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いきている玉たち

2002/07/23 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:麒麟 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何色ものいろだまが、いろんな道をひたすらころころと、転がりつづけるお話です。
階段道、赤い道、でこぼこ道、坂道、嵐の道……。

なんでもないようなお話ですが、このいろだまたちは生きているかのように、表情豊かにころがりまわります。
高いところから落下する玉たちも、まっすぐに落ちたりはしません。ゆるやかな曲線を描き、水しぶきの玉が落ちるかのように、ぷわりと落ちてははねます。
嵐に吹かれる玉たちも、みんなばらばらに吹かれてはいますが、まるでそこに吹いている風の姿が見えるよう。不規則な飛ばされかただけれど、同じ風に吹かれている玉たちの姿だとわかるのです。

もちろん、これは幼児向けの絵本です。
単純に、玉のころがりゆくすがたを楽しんでもらう本です。
でも、生命力あふれる玉たちだからこそ、その動きを追うことに楽しさを感じるのだろうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「ころころころ」と転がる色玉。視覚、音、感覚、全身で受けとめて楽しむ

2003/06/20 15:09

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうたのーと - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『もこ もこもこ』で登場した謎の生物?を思わせるはじまりです。
 小さな色玉がころころ転がっていきます。
「ころ ころ ころ」と、転がる音が何回も繰り返されます。
 
 この色玉を見て長男(当時3歳)は喜んで叫びました。「クーゲルバーンの玉みたい!」
「クーゲルバーン」とは「シロフォン付玉の塔」というドイツ・ベック社のおもちゃの原名で、我が家の子どもたちの大のお気に入り。毎日必ずあそぶおもちゃなのです。
(『子育てにおもちゃを』の中に詳しい解説があります。)
 木製の板がスロープ状になっていて、その溝を一番上の穴から入れた色玉がすべっていきます。最後に階段状に仕掛けられているシロフォンの上をチロリロリン、と涼しげな音を立てていく仕組みです。
 これが不思議な魅力を持っていて、子どもは夢中、わたしも「やらせてやらせて」と思わず参加してしまうほどのおもちゃなのです。
玉を入れるのも楽しければ(二男も見よう見まねで、一歳前から入れられるようになりました)、必ず同じように動き、落ちてくれるのも楽しい。玉を入れる速度や数によって、転がり落ちる音のハーモニーが変わる。どんなようにもアレンジできるのです。だから飽きることがありません。
 色玉は60個も付いています。それが絵本の中にいる! そんな感覚なのでしょう。

 転がっていくのはさまざまな場所。かいだんみち、あかいみち、でこぼこみち(ちなみに背景は黒のこの場面、長男は自分で読むときいつも「くろいみち」と言っています。確かに…)、さかみち、あらしのみち、やまみち。

 転がる「ころ ころ ころ」の音は、読み手は同じ調子で読んでも、聞き手の耳には違う音に聞こえるかもしれません。たくさんの色玉の間隔も微妙にばらばらなのです。
「おちてしまった」「すべりだい」の場面ではなおさらですね。
 遊びを通して感じ取った音や感覚が、この絵本を通して視覚から入る、それを子どもは全身で受けとめて喜んでいるようです。

 最後の「しゅうてん」、この締まり方も気持ちいい。謎の生物くん(ここでは静物?)、おつかれさま。
単純なようで奥深い世界。作り手の技と配慮。子どもの絵本を通じて、唸ることもしばしばですが、今回もしみじみと感じ入りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/01/31 15:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/14 02:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/14 01:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/05 21:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/21 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/29 01:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/09 13:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む