サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 明日 一九四五年八月八日・長崎

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

明日 一九四五年八月八日・長崎(集英社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1986.7
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-749120-X
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

明日 一九四五年八月八日・長崎 (集英社文庫)

著者 井上 光晴 (著)

明日 一九四五年八月八日・長崎 (集英社文庫)

432(税込)

明日 一九四五年八月八日・長崎

400 (税込)

明日 一九四五年八月八日・長崎

ポイント :3pt / 紙の本より32おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

殺された何十万人の内の一人ではなく、その人たちひとりひとりの生活が確かにあったのである

2016/08/16 17:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

長崎に原爆が落とされた前日の人々の生活を描いたものである。明日、原爆が落とされ命を落とすことになろうとは夢にも思わない人々の話である。方言がきつく読みにくい面はあるが、たいしたことではない。戦時下とはいえ、いつもと変わらない日常を生きている人々である。8月9日の描写はないが、誰もが知りつつ読むはずである。殺された何十万人の内の一人ではなく、その人たちひとりひとりの生活が確かにあったのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦後70年のとしに

2015/08/27 00:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すまいる - この投稿者のレビュー一覧を見る

原爆の日に長崎へ行くので、この本を読んでみました。たんたんと書かれていると思います。とても面白いという感想ではありませんが、戦争を考えるにはよい小説だと思います、でも、読むには重い小説です。でも一度は、読んだほうがいい小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読んで良かった

2015/09/29 15:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰にでもやってくる明日という日。昨日、今日、明日と続いていくのに突然それは壊されてしまった。恐ろしい原爆によって。
無辜の命を奪った原爆を許せない。これを機に来年の夏に長崎をもう一度訪れてみようと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/25 16:16

投稿元:ブクログ

読んだのは単行本のほう。原爆投下の前日を描く。結婚や出産のハレの日や市井の人たちの日常と数時間後に訪れる悲劇を対比すると哀しい。

2010/03/04 07:59

投稿元:ブクログ

(2007.08.12読了)(2006.09.30購入)
副題「一九四五年八月八日・長崎」
「父と暮せば」(井上ひさし著、新潮文庫)の解説で、原爆をテーマとした文学として「黒い雨」(井伏鱒二著、新潮文庫)と「明日」(井上光晴著、集英社文庫)を挙げてありました。
「黒い雨」は、昔読んだので、「明日」を読もうと購入したのですが、8月9日は過ぎてしまいました。でも、今読まないとまた来年になってしまうので、読んでしまうことにしました。

副題が「1945年8日8日・長崎」となっていますので、原爆投下の一日前ということが分かります。小説の内容も、8月8日の長崎で生活する人々の様子が描かれています。
小説の中の人物たちは、明日何が起こるか知らないわけですが、読んでいる僕は、何があったか知っているので、できることなら小説の中の人物に教えてやりたい、もどかしい気持ちを持ちながら読むことに成りました。

物語は、結婚式に集まった人々を中心に進められます。
新郎、中川庄治(三菱製鋼所の工員)、新婦、三浦ヤエ(長崎医大の大学病院の看護婦)、長崎医大附属医院看護婦、福永亜矢、江上春子、新婦の両親、三浦泰一郎、ツイ、新婦の叔母、堂崎ハル、新婦の叔父夫妻、水本広、満江、新郎の義父母?銅打弥助、妻、仲人役、小付稜子(助産婦)、新郎の友人、石原継夫、・・・。
明日、爆心地を離れる予定が変更になってしまった人、用事で爆心地へやってくる予定の人。さまざまです。
登場人物たちの会話から、戦時下の生活がどのようなものだったかが分かるようにもなっています。物資が不足して、米の代わりに烏賊の塩辛が配給されたという話も出ています。
物語は、三浦ツイの娘、ツル子が無事出産した8月9日4時17分で終わる。
原爆投下は、11時2分。あと7時間もない。登場人物たちがどうなったのかは、想像するしかない。

著者 井上 光晴
1926年5月15日 福岡県久留米市生まれ(中国旅順生まれ)
(4歳のとき、日本に帰国)
(電波兵器技術養成所卒業)
1950年 処女作『書かれざる一章』を発表
1956年 上京、本格的に作家生活に入る
1963年 「地の群れ」を発表
1977年 文学伝習所を創設
1992年5月30日 大腸癌のため死去、享年66歳
(2007年8月19日・記)

☆関連図書(既読)
「長崎の鐘」永井隆著、中央出版社、1976.06.20

(「BOOK」データベースより)amazon
原爆投下の前日8月8日、長崎の街にはいま現在そこに住む人々と、おなじ人間の暮らしがあった。結婚式を挙げた新郎新婦、刑務所に収監された夫に接見する妻、難産の末に子供を産む妊婦…など。愛し傷つき勇気を奮い起こし、悲喜こもごも生きる人々を突然に襲う運命の《明日》。人間の存在を問い、核時代の《今日》を鮮烈に描く長篇。第29回青少年読書感想文全国コンクール・高校の部『課題図書』。

2016/11/04 16:55

投稿元:ブクログ

長崎に原爆がおとされる前の日を描いた作品。

アメリカの9.11しかり3.11しかり、悲惨な出来事の「前の日」というのは確かにあったわけで。

読んでいても「この人たちがみんな、明日には……」と思うととても切なかったです。

そしていま私たちだって、明日何が起きるかなんてわからずに生活していて、もしかしたらまさに「今日」が、この作品に出てくる1日になるかもしれない。
そう思うと、1日1日を大事に生きるって大切だなあと思うのですが、なかなか難しいんですよね……。

登場人物がみんな長崎弁(でいいのかな)で会話をするので、ちょっと読みにくかったりもしました。どういう意味かわからないところもあったりして。

2015/09/25 14:00

投稿元:ブクログ

戦時下ではあるものの、ごくありふれた夏の日の日常。
多くの人命を一瞬で奪った惨禍の前日、人々は極々普通の日々を営んでいた。

2015/08/30 11:48

投稿元:ブクログ

 原爆前日、1945年8月8日の長崎における人々の生活について、とある夫婦の結婚式とその関係者を中心に様々な人のそれぞれの一日を描いた作品。
 あえて8月9日のことを触れずに、8月9日の早朝で物語を終え、新婚夫婦、産まれたばかりの赤ちゃんとその母親など、登場人物それぞれの「明日」はどうなったのかを一切触れていないところが、この作品に重みを強く与えている。
 この本を読む際には、併せて、長崎の原爆について少しでも良いので調べてみることをお勧めする。長崎の原爆について少しでも知っているかどうかで、全く感じ方が違ってくると思うからだ。

集英社文庫 ランキング

集英社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む