サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. ドストエフスキーの詩学

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

ドストエフスキーの詩学(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1995.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/590,12p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08190-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)

著者 ミハイル・バフチン (著),望月 哲男 (訳),鈴木 淳一 (訳)

ドストエフスキーの詩学 (ちくま学芸文庫)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ドストエフスキー論の、小説論の傑作

2003/12/23 11:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロシアの文芸理論家ミハイル・バフチンの代表作にして、ドストエフスキー論の白眉とされる傑作文芸評論。
ここで論じられているのは、ドストエフスキーの「形式」であり「方法」である。ために、ドストエフスキー作品のなかでの登場人物たちの思想、言動の「内容」は、とりあえず等閑に付される。

「ごく最近まで、ドストエフスキーに関する批評は、彼の主人公たちの声に対するあまりにも直接的なイデオロギー上の反応であったために、その新しい小説構造の芸術的な特性を客観的に捉えることができなかった」と従来の解釈を批判し、個々の登場人物との哲学論議にふける、「作品を哲学的モノローグとして扱う」やり方を否定する。そこでは、本来分裂したものとして存在する複数の意識を、無理に体系的な統一された思想として把握しようとするために、それが小説として構成された一個の芸術である、という点がないがしろにされてきたのだ、とバフチンは見る。(小林秀雄の「悪霊」論が途絶したのは、スタヴローギンのみを注視してしまい、「悪霊」という小説の構造が忘れられたからだ、と後藤明生が言っているのも、同じ事態といえる)
複数の意識をモノローグ的に統一せず、分裂したままに作品として構築された小説を、バフチンは「ポリフォニー」小説と呼ぶのである。そして、ドストエフスキーが現在までにおける、ポリフォニー小説を書いた唯一の作者であるとする。もちろん、これまでにも数多ある作品のなかで、ポリフォニー「的」小説はあり、そのジャンル的伝統の上でドストエフスキーの作品が書かれたのは間違いないのだが、そのうえで、ドストエフスキーの作品を、唯一の「ポリフォニー」小説だと規定するのである。

カーニバルやポリフォニーといった興味深い概念もそうだが、もうひとつこの本の軸としては「対話」も決して軽視できないだろうと思う。そもそも「ポリフォニー」なる概念は、対話の積み重ねのなかから生まれてくるものではないだろうか。
ドストエフスキーの登場人物たちが、モノローグであっても非常に対話的な問答、内省をしていることはその小説を一読すれば明らかである。本書でも分析されているように「貧しき人々」の書簡体は、対話的言語の見やすい例だが、「地下室の手記」でも徹底して対話的な文章が綴られている。それは、相手の反応を考慮した思考であり、誰かに語りかけるような文章なのである。ドストエフスキー特有の「読みやすさ」やスピード感はここから来ていると思う。
対話的関係というのはドストエフスキーの小説の根本的構造であり、そこでは作者にとっての登場人物そのものが、作者が生み出した物言わぬ「客体」なのではなく、積極的に作者と対話を行う存在でもあると分析される。

「存在すると言うこと—それは対話的に接触交流すると言うことなのだ」528頁

とあるように、存在の対話的な関係というものが、ドストエフスキー、ひいてはバフチンの世界観であろう(散文における「言語的多様性(ラズノレーチェ)」の根底にあるのはこの考えなのだろう)。

では、何故対話的にならなければならないか? それは自己自身の内で分裂を抱えているからである。後半において「分身」(現行では「二重人格」岩波文庫)の分析でも明らかにしているように、自己自身の内での軋轢が、内省での劇的な内的対話を生み出している。揺れ動く両端のあいだでのダイナミズムが、対話の原動力となっているのである。分裂ということ、対話ということ、それを小説的に描く方法としての「ポリフォニー」。ここでは「カーニバル」には触れなかったが、四章での小説ジャンルを総ざらいする壮大な分析はかなり面白い。そのカーニバル的世界観もまた、対話、ポリフォニーの重要な構成要素である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドストエフスキーは究極の小説を書いたのか

2003/12/21 20:45

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書のなかでバフチンが用いるふたつの重要な用語(「ポリフォニー」「カーニバル」)についての引用から始めよう。

「ドストエフスキーのポリフォニー小説において重要なのは、単一の具象的世界の確固たる背景において対象をモノローグ的に認識し、その枠内で展開してみせるという意味での、ありきたりの対話形式ではない。問題は究極の対話性、すなわち究極的な全体にわたる対話性である。劇の全体はその意味では、すでに述べたごとくモノローグ的であり、一方ドストエフスキーの小説は対話的である。彼の小説は、複数の他者の意識を客観的に自らに受け入れる単一な意識の全体像として構築されているのではなく、いくつかの意識の相互作用の全体としてあるのであり、その際複数の意識のどれ一つとして、すっかり別の意識の客体となってしまうことはないのである」(p37)

「カーニバルとはフットライトもなければ役者と観客の区別もない見せ物である。カーニバルでは全員が主役であり、全員がカーニバルという劇の登場人物である。カーニバルは観賞するものでもないし、厳密に言って演ずるものでさえなく、生きられるものである。カーニバルの法則が効力を持つ間、人々はそれに従って生きる、つまりカーニバル的生を生きるのである。カーニバル的生とは通常の軌道を逸脱した生であり、何らかの意味で<裏返しにされた生><あべこべの世界>(monde a l'envers)である」(p248)

 たとえば「カラマーゾフの兄弟」を読みながら、僕(たち)はちょっと背伸びをしてイワンに肩入れしてみたり、ピュアなふりをしてアリョーシャに擦り寄ってみたり、偽悪家ぶって大審問官の苦悩に同情してみたり、偽善家ふうにゾシマ長老の「お話」に胸を打たれてみたりする。でも、そんな読み方をしていたのでは、ドストエフスキーの小説を読んだことにはならない。あえて乱暴な言い方をすれば、そんな読み方をするぐらいならドストエフスキーなんて読まないほうがいい。彼の小説には猛烈な毒が含まれているから。
 ドストエフスキーが絶えず仕掛ける「感情移入」という罠を回避し、その「誘惑」に耐えながら読まなければ「ポリフォニー」は聴こえてこない。
(残念ながら、まだ僕には「ポリフォニー」が聴こえていない。かすかな予感があるだけである、なんとも無責任な言い草だけど。)

 本書の解説で、訳者の望月哲男さんは書いている。「作者は……主人公と<我>-<汝>の関係にあって、小説という<大きな対話>を現在形で展開してゆく、一つの声の主体である」。
 最近(でもないけど)埴谷雄高さんの「死霊」が文庫化されて、それなりに話題になったりした。埴谷さんはドストエフスキーの決定的な影響のもとに独自の小説世界を作り上げた人で、ついこの間電車に乗っていたら、隣に坐ったちょっとくたびれた感じのおじさん(五十過ぎぐらいの感じ)が「死霊」の文庫本を読んでいて、なんだか頬が緩んでしまった。

「カーニバル」について書こうと思ったら、なんだかまとまりがつかなくなってきた。そこらへんは、あなたに任せることにしよう。で、もし「小説」を書こうと思っているのなら、読んでみて損はしない本である。最後にちょっとした希望の言葉を……

「世界ではまだ何一つ最終的なことは起こっておらず、世界の、あるいは世界についての最終的な言葉はいまだ語られておらず、世界は開かれていて自由であり、いっさいは未来に控えており、かつまた永遠に未来に控え続けるであろう」(p333)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ポリフォニーとはなにか

2001/08/22 13:51

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゲップ3号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 あまりに有名な書である。ミハイル・バフチンがドストエフスキーを論じたことで彼の新たな魅力が引き出されたのである。この書にはそのような画期的な論文が収められている。ドストエフスキーをより深く理解するとともに文学理論も学べる一石二鳥の本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/31 03:53

投稿元:ブクログ

ロシア随一の文豪の作品についての評論。「カーニバル」という伝統と「ポリフォニー」という革新。2つの生き生きしたコンセプトを駆使した骨太な名著。

2006/04/09 15:46

投稿元:ブクログ

ドストエフスキー文学を知る上で、避けて通る事のできない「複数のパースペクティブ」(柄谷行人)あるいは「ポリフォニー」という言葉。圧倒的な分析力でそれを初めて提示したのがこの論文。歴史やら音楽史やらを交えて紡ぎ上げた驚異の書である。

2010/04/08 12:00

投稿元:ブクログ

作者はこの長大な論文の最後、ドストエフスキーの創造した芸術圏と同化し、彼以上の複雑な芸術的な世界モデルに達するためには、モノローグ的慣習を捨てなければならないと書いている。
ここでのモノローグとはいわばプロトタイプのことで、それはもしかしたらライトノベル的なキャラ小説の本質であるのかもしれない。
そう考えると、芸術という分野ではライトノベルは認められないということになるが、それは一方でドストエフスキー的なものとは違う別角度でのまったく新しい芸術のスタイルに成長することも暗示しているのかもしれない、なんてことを思った。

2014/10/05 09:05

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
《ポリフォニー》と《カーニバル》二つのキイ概念で解く「対話」の本質。

[ 目次 ]
第1章 ドストエフスキーのポリフォニー小説および従来の批評におけるその解釈
第2章 ドストエフスキーの創作における主人公および主人公に対する作者の位置
第3章 ドストエフスキーのイデエ
第4章 ドストエフスキーの作品のジャンルおよびプロット構成の諸特徴
第5章 ドストエフスキーの言葉

[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2013/01/27 11:16

投稿元:ブクログ

ポリフォニー小説やカーニバル文学といった横文字はひとまず横に置いておこう。本書が素晴らしいのは、ドストエフスキーの小説の本質が「対話」にあることを浮き彫りにしたことにある。登場人物は対話を何より求めている。それは自分以外の他者以外にも、「人間は決して自分自身と一致しない存在である」が故に現れる自らの中の他者、自らの中の分裂した自己に対する対話を求めているのだという。ドストエフスキーは無数の声無き声を聞き、それを自らの中で歪曲することなく互いに対話させる事ができたのだという評価をバフチンは確立させたのだ。

2013/03/06 07:04

投稿元:ブクログ

こちらも目を通すか(安請け合い)、、、その前に「ポリフォニー」と言えばクンデラも読まなきゃ(「出会い」積読中)

筑摩書房のPR
「《ポリフォニー》と《カーニバル》二つのキイ概念で解く「対話」の本質。 」

2013/12/14 14:54

投稿元:ブクログ

OPACへ⇒https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00920914&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB