サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. だいじょうぶだいじょうぶ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

だいじょうぶだいじょうぶ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 101件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:1995.10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/31p
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-06-252863-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

だいじょうぶだいじょうぶ (りとる)

著者 いとう ひろし (作・絵)

【講談社出版文化賞(第27回)】大きくなるにつれて、こまったことやこわいことが、どんどんふえていくけれど、おじいちゃんのおまじないがあれば大丈夫。ほら、ぼくらのまわりは、...

もっと見る

だいじょうぶだいじょうぶ (りとる)

1,080(税込)

ポイント :10pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「だいじょうぶだいじょうぶ」が含まれるセット商品

教科書にのっている本〈絵本〉2013 10巻セット

教科書にのっている本〈絵本〉2013 10巻セット

  • 税込価格:14,796137pt
  • 発送可能日:購入できません

教科書にのっている本〈絵本〉 10巻セット

教科書にのっている本〈絵本〉 10巻セット

  • 税込価格:15,120140pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

【講談社出版文化賞(第27回)】大きくなるにつれて、こまったことやこわいことが、どんどんふえていくけれど、おじいちゃんのおまじないがあれば大丈夫。ほら、ぼくらのまわりは、こんなにも楽しいことであふれてる。【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店三宮駅前店

 転んで怪我をして痛...

ジュンク堂書店三宮駅前店さん

 転んで怪我をして痛かったり、失敗したり、道に迷ったり、誰かと喧嘩したり、怖い思いをしたり…。楽しい事ばかりじゃない色んな事が降りかかって、自分の殻に閉じこもりそうになった時、誰かが傍で「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言ってくれたら、それだけでまた顔をあげて歩いて行ける気がします。
 「だめじゃないか」と叱られるのでもなく、「頑張れ!」と無理やり引っ張り上げられるのでもなく、「だいじょうぶ だいじょうぶ」と声をかけられることは自分の存在そのものを受け入れ包み込んでもらえているような温かさを感じます。日々色んな事に出会って学んでいく子どもたちだけでなく、大人になっても必要な言葉だと思います。

(児童書担当 池畑)

みんなのレビュー101件

みんなの評価4.6

評価内訳

紙の本

世界で一番優しい呪文

2007/11/03 10:36

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:はな - この投稿者のレビュー一覧を見る

 幼い男の子とおじいちゃんはいつもいっしょに散歩しています。たくさんの面白いものきれいなものを見て、おじいちゃんはいろんなことを教えてくれます。それと同時に、世のなかにはこわいものやあぶないものもたくさんあるんです。
 犬がおそってきたらどうしよう。
 飛行機が落ちてきたらどうしよう。
 お友達となかよくできなかったらどうしよう。
そのたびにおじいちゃんはいいます

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

 今でもそうですが、子供のころは本当に周りにはこわいものが多くて、自分なんか生きていけないのではないかと不安になることがありました。今の子どもは、その思いが、ずっとずっと強いのではないかと思います。現実問題として子どもたちが安心して暮らせる世の中をつくることはもちろんですが、同時に、常に緊張にさらされている子どもたちを救うのはこんな一言ではないかと思うのです。

 しかし、このお話。すこし難しいのか、小さい子にはあまり受けません。読んで感動して、周りの人間にも聞かせまくりましたが、いちばん感動してたのは私の父親でした。
「だいじょうぶ だいじょうぶ」
こういってもらいたいのは、子どもにかぎったことではありませんもんね。


 そう、幼い男の子は大きくなり、おじいちゃんは年をとります。幼いころ、自分の世界を救ってくれたこの言葉を今度は男の子がおじいちゃんに言ってあげるのです。

「だいじょうぶ だいじょうぶ」

 もろくて不安定な世界を支える、強くて優しい言葉。 たくさんの人にこう言える自分でありたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

私がこの絵本と出合ったのは去年の11月、4歳の娘へのプレゼントでした。

2006/04/14 15:15

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:syu-tyan - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さな男の子と優しいおじいちゃんのお話し...。
ほのぼのとしたタッチの絵とお話に惹きこまれ、
ふと、最後の4ページ目から、急展開を迎えます。
私は胸が熱くなる思いを抑えきれませんでした・・・。
高校生の時に亡くなったおじいちゃんを思い出してしまったからです。
色んな事を教えてくれたおじいちゃん。
本当に 母親のような存在でした・・・。
肺がんで入院してしまったおじいちゃん。
おじいちゃんの命は永遠だと疑いもしませんでした。
苦しむおじいちゃんに 何一つ 励ます言葉が浮びませんでした。
この絵本を読んでいて あの時の情けない私を想い出しました...。
もっと早くに、
私が子供の頃に出合っていたかったです。
でも 今からでも遅くはない と思いました。
自分の娘にこの絵本を読んであげられるのですから... 、
いとうさんの作品に出合えた事、とても嬉しく思っています。
もし、子供が何かに挫けた時、また挫けそうな時、
この言葉を思い出して頑張ってくれたり、また肩の力を抜いたり・・・、
そんな風に我が子を励ましてくれるんじゃないか・・・、
そう思わせてくれる作品です。
娘が大人になり、結婚し 子供が生まれた時には、
この絵本で励ましてあげて欲しい・・・そう思うので、
この絵本だけはお嫁に持って行かせようと思っています。
この「だいじょうぶ だいじょうぶ」に秘められた想い、
きっと大人の人もおじいちゃんおばあちゃんにも 感動していただける絵本だと思います。
「日本図書館協会選定図書」に選ばれ、「講談社出版文化賞絵本賞受賞」という輝かしい絵本です。
どこかで出合う事があるのでしたら、必ず読んでいただきたい...、
そして これからの子供たちにぜひ 伝えていって欲しい...、
肩の力を抜いて1度、そして改めてもう1度 読み返して欲しい、
そんな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

魔法の言葉

2010/07/17 10:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

これは、「ぼくが いまより ずっと あかちゃんに ちかく、
おじいちゃんが いまより ずっと げんきだった ころ」のこと。

おじいちゃんとぼくは手をつないで、家の近くをのんびりと散歩していた。

家の近くのあらゆるものへ「ふるくからの ともだちのように」声をかける
おじいちゃんとの散歩は、ぼくにとって
「とおくの うみや やまを ぼうけんするような たのしさに」あふれていた。

「まほうにでも かかったみたいに どんどん ひろがっていく」ぼくの世界。

ぼくは、「あたらしい はっけんや たのしい であい」の分だけ、
「こまった ことや、こわい ことにも、であうように」なる。

わけもなくぼくをぶつ友だち、顔をしかめる友だち、歯をむき出す犬。

自動車に飛行機にバイ菌に、あるれる文字。

ぼく自身にはどうにもできないことに
わけもなく広がっていく不安。

そんなときにおじいちゃんは・・・・

  おじいちゃんは、ぼくの てを にぎり、
  おまじないように つぶやくのでした。
  「だいじょうぶ だいじょうぶ。」

この「だいじょうぶ だいじょうぶ」は魔法の言葉。

「むりして みんなと なかよく しなくても いい」ってことだったり、
「わざと ぶつかってくるような くるまも ひこうきも、めったに ない」ってことだったり、
「ことばが わからなくても、こころが つうじる ことも ある」ってことだったり。

おじいちゃんは、決してこれ以上を語ったわけではないのだが、
「だいじょうぶ だいじょうぶ」は、あらゆる意味を持って、
ぼくを肯定し、わけもなく広がっていく不安をしずめてくれた。

おじいちゃんの「だいじょうぶ だいじょうぶ」は、
そのまんまのぼくを包み込む、ぼくを認める、すべて、だった。

ぼくは、不安から解き放たれて、自分で歩けるようになっていく。

前半の絵はずっとおじいちゃんと一緒だったぼくも
中盤からぼくと友だち、ぼくと犬など、
ぼくが主体の絵に変わっていくのだ。

そして、ぼくは、「ずいぶん おおきく」なり、
おじいちゃんは、「ずいぶん としを とり」・・・。

私自身は、縦系列も横系列も親戚の縁が薄かったため、
自分の思い出として「おじいちゃん」を思い出すことは、残念ながらできないのだが、
それでも、この「だいじょうぶ だいじょうぶ」がどれだけの魔法なのかはわかる。

今ここにこうしているということだけで、私は
直接語らうことがなかった縦系列の流れの中で確かに守られてきたのだから。

これは、小さな子供が年長者からもらえる最初の言霊なのだと思う。

だからこそ、おじいちゃん、おばあちゃん、孫の縁を確かめられるお家では、
世代を超えた心の交流を大切にしてほしいと思う。

今、家族がいる人もひとりでいる人も、子どもも大人も、
この言葉は、自分が自分にかけうる最大の魔法でもある。

自分の両腕で自分を抱きしめて、
「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言ってみるとよい。

誰かに言ってもらったり、誰かに言ってあげたりすると、その威力は増す。

これは、あなたがあなたの一番大切な人に贈ってあげられる魔法にもなる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

何が起こるか解らない世の中だけど…。

2004/02/18 09:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bochibochi - この投稿者のレビュー一覧を見る

子どもが何か不安を抱えて落ち込んだ時。
ご主人が、仕事でトラブルを抱えている時。
大切な人が不安で眠れない夜をすごしている時。

この本のように「だいじょうぶ だいじょうぶ」と
手を握ってあげて欲しい。
ここに出てくるおじいちゃんのように。
そして『ぼく』のように…。

いとうひろしさんの温かみのある絵と、
くりかえされる「だいじょうぶ だいじょうぶ」の言葉に
心から安心出来て、勇気がわいてきます。

ころんでもだいじょうぶ!
けんかしたってだいじょうぶ!
一日ぐらい掃除しなくてもだいじょうぶ!(笑)
毎月赤字でもだいじょうぶ!(ってそれはだいじょうぶじゃないかも?!)

大切な人たちが幸せな気持ちになれますように…。
「だいじょうぶ だいじょうぶ」

ひまわり

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心にしみ入る本

2003/03/13 19:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小さな、薄い絵本です。淡い色彩の絵、トツトツとした文、読んでみるまで誰も、そんなに大した本とは思わないでしょう。
 小さかった「ぼく」は、祖父と、毎日のように家の近所を散歩しました。様々なものに出会い、発見し、やがて危険や不安にも気づくようになりました。そんな時、祖父が口にしたのが、題名にもなっている「だいじょうぶ、だいじょうぶ」。それは、人生前向きに生きていくための、呪文なのでしょうか。…やがて「ぼく」が少し大きくなった頃、その言葉を祖父に返す日がやってきます…。
 ゆっくりと、読んでみて下さい。子供に読み聞かせながら、大人がしんみりとする、そんな本だと思います。私は何度読んでも、数年前に見送った祖父を思い出して、涙ぐまずにはいられません。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めぐる言葉

2016/05/18 00:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しずくのたき - この投稿者のレビュー一覧を見る

めぐりあいと別れを繰り返す人生。身内でもしかり。
同じ言葉や状況が、いつの日か反転する日が来る。だいじょうぶだいじょうぶ、いつの時代も心強い言葉。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心があったまる

2016/01/08 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:haru - この投稿者のレビュー一覧を見る

母にプレゼントしました。
疲れた心が安まると言われました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

じぶんがいわれているようなきもちに

2015/08/14 12:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:john - この投稿者のレビュー一覧を見る

おじいさんにいわれることば、じぶんがいわれているような気持ちになって、幸せな気持ちになります。自分も周りのひとにそういってあげなければ、というきもちにもなります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おじいちゃんと孫の素晴らしい関係を描いた作品

2000/10/21 08:16

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かれん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 僕が今よりずっと赤ちゃんに近かった頃、
おじいちゃんと毎日のように お散歩を楽しんでいました。
家の近くをのんびり歩くだけでも 沢山の発見があります。
まるで、二人の周りだけ時間がゆったりと流れているようです。

 でも、僕が少しずつ大きくなるにつれ、
飛行機が落ちること、ばい菌があること、沢山知らない言葉があること…
色々なことを学びます。心配する僕に、おじいちゃんは、
「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」と声をかけてくれます。

 これからの人生、沢山な困難が待ち構えています。
でも、病気をしても回復します。飛行機も滅多なことには頭の上に落ちてくることもないでしょう。
それが、理解出来るようになるのも経験かもしれません。

 僕が大きくなるにつれ、悲しいけれど、おじいちゃんは、随分年を取ってしまいました。
病院のベットで眠っているおじいちゃんに今度は僕が声をかける番です。
「だいじょうぶ。だいじょうぶ。」

 このおじいちゃんと孫の関係に、心打たれました。
おじいちゃんの孫を思いやる心が、しっかり 僕にも受け継がれています。
おじいちゃんの病気、早く治るといいね。だいじょうぶ。だいじょうぶ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おじいちゃんの言葉、おじいちゃんへの言葉

2016/05/04 20:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:honyomi - この投稿者のレビュー一覧を見る

絵本も小さめ、
シンプルな絵と背景、配置で、
たくみにほんわかした雰囲気を作っています。
いろいろ悩みはあるけれど、
おじいちゃんが「だいじょうぶだいじょうぶ」と言ってくれる。
大きくなり、今度はおじいちゃんに「だいじょうぶだいじょうぶ」と言ってあげる。
こういう関係を築きたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やさしいおはなし

2016/03/29 22:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

だいじょうぶだいじょうぶ、といつも声をかけてくれるおじいちゃん。
本当に随分気が楽になったのではないかな。
とてもすてきなやさしいおはなし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほっこり

2012/10/02 22:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tatu - この投稿者のレビュー一覧を見る

4歳の息子が、一生懸命読んでくれました。
「だいじょうぶ。だいじょうぶ」
と言われ、頑張ろうと思いました。
大好きな天国のおじいちゃんを思い出します。
気持ちがとてもほっこりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

安心感

2016/03/30 08:36

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のきなみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

自分は守られているんだ、この人の側にいれば大丈夫なんだという安心感。
私はちゃんと子どもにこれを与えられているのかちょっと不安です。
子どもと読んでてとても心に突きささってくる絵本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

だいじょうぶだいじょうぶ

2017/04/23 17:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なな - この投稿者のレビュー一覧を見る

男の子とおじいちゃんはいつもいっしょに散歩をしています。
男の子はいろいろと心配しますがいつもおじいちゃんが「だいじょうぶだいじょうぶ」といってくれます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/12/22 13:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む