サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ニホンザルの山
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:1997.3
  • 出版社: フレーベル館
  • サイズ:27cm/55p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-577-01662-1
  • 国内送料無料

紙の本

ニホンザルの山 (森の新聞)

著者 伊沢 紘生 (著)

動物園などのサルとはまったく別な姿を見せてくれる野生のサル。周りの気配を敏感に読み、常に仲間を気にしながら、自由にゆったりと暮らす野生のニホンザルの姿を写真と共に紹介する...

もっと見る

ニホンザルの山 (森の新聞)

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

動物園などのサルとはまったく別な姿を見せてくれる野生のサル。周りの気配を敏感に読み、常に仲間を気にしながら、自由にゆったりと暮らす野生のニホンザルの姿を写真と共に紹介する。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊沢 紘生

略歴
〈伊沢紘生〉1939年東京都生まれ。日本モンキーセンター研究員を経て、現在、宮城教育大学教授。生態学、人類学専攻。著書に「ニホンザルの生活」「野生に聴く」「アマゾン動物記」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

今一番子供に紹介したいニホンザルについての本

2003/01/19 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちはる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 世界で一番北に棲んでいる、人間以外の霊長類は? =下北だけでなく日本にいるサル全部です。では、日本にサルは何種類いるでしょう? =答えはニホンザル1種類、屋久島に棲むヤクザルは亜種とされています。ちなみにニホンザルは日本にしか棲んでませんよ、念の為。
 著者は、檻で囲った動物園でもなく、餌付けで寄せる野猿公園でもない、日本の山の中を自由に遊動するニホンザルの後を追いかけて、研究をしている方です。子供向けに書かれたこの本にも、ほとんどの私達が普段目にすることのない、自然な姿の山のサルが描かれていて必見です。時折ニュースに登る観光地の暴れザルや山畑の猿害についても書かれていて、この薄い本に、近年のニホンザルに関する知っておくべき知識が大変うまくまとめられて納まっています。
 上の問いに答えられなかった人は、大人も子供もぜひ一度この本を読んで下さい。そして、同じ日本列島に生息している仲間として、ニホンザルをちゃんと知っておいて欲しいと、心から願っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/27 06:18

投稿元:ブクログ

50P程度の子供用の本。
ニホンザルの生態について、子供が知るには絶好の本だと思います。
だけれど、中身は大人でも十分考えさせられる内容です。
人間とサルの距離の置き方。人間がニホンザルに及ぼしてきた影響。
人間とニホンザルの共存が難しくなり問題になっている今、大人にも一度読んで欲しい本です。

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む