サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

機関車先生(講談社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 40件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.6
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/243p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-263537-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

機関車先生 (講談社文庫)

著者 伊集院 静 (著)

機関車先生 (講談社文庫)

497(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー40件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

自然と人

2002/07/21 17:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みっつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 瀬戸内の小島、葉名島を舞台に、口を聞けない大きな先生「機関車先生」こと吉岡誠吾とその生徒たちが生き生きと成長していく物語。
 その7人の生徒と機関車先生は離島ならではの事件がありながらもしだいにこころ通わせていく。とにかくあったかい物語であり、自然と人を大きなテーマにした感動的な作品だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつまでも心に残る優しさと美しさ

2004/10/22 23:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:チョビ - この投稿者のレビュー一覧を見る

瀬戸内海が舞台の先生と生徒たちの物語といったら、まず思い出すのは壷井栄「二十四の瞳」だ。もともと伊集院静という作家を敬遠していて(もてる男は苦手なのだ)、それゆえ「パクリなのでは」と意地の悪い気持ちで読み始めたのだが、自分の浅薄さを反省させられた一冊だった。瀬戸内海を訪れたのは一度きりだが、そのとき目に焼き付いた風景の美しさを鮮やかによみがえらせるような描写力には感じ入った。そしてそれ以上に終始温かい視線で描かれる教師と子どもたちの人間模様が胸を打つ。無防備なまでの優しさにあふれた作品だったと思う。物語の運びは淡々としていて、結末などもかなりあっけない。いくらでも“お涙ちょうだい”的な展開にもっていけたであろう話を、あえて抑えた筆致で描いたところに逆に作者の思い入れの深さを感じた。
大沢在昌氏も解説で描いておられるが、機関車先生と呼ばれる吉岡誠吾の設定はある意味反則である。ありえないほど純粋な人物造形だ。でも、と思う。私たちが小説に真に求めているのはそういうものではないのだろうか。現実にはなかなか見つけられないような優しさや美しさが、せめて小説の中には存在していてほしい。
余談だが、講談社文庫のあとがきは大沢ファンにとっても必読。あの大沢在昌が児童文学者になりたいと思っていたなんて! かわいいじゃないか。大沢さんも伊集院さん同様、いかにももてるタイプという感じであまり好みではなかったのだが、ちょっと見直しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/20 07:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/26 12:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/23 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/26 11:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/10 21:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/01 20:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 00:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/10 19:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/08 02:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/11 14:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/22 11:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/15 17:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/06 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

講談社文庫 ランキング

講談社文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む