サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 愛の生活・森のメリュジーヌ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

愛の生活・森のメリュジーヌ(講談社文芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1997.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文芸文庫
  • サイズ:16cm/289p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-197578-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

愛の生活・森のメリュジーヌ (講談社文芸文庫)

著者 金井 美恵子 (著)

愛の生活・森のメリュジーヌ (講談社文芸文庫)

1,188(税込)

ポイント :11pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

愛の生活 7-56
夢の時間 57-142
森のメリュジーヌ 143-152

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

初期作品

2001/08/27 11:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:花  - この投稿者のレビュー一覧を見る

 処女作の「愛の生活」をはじめ、いわゆる初期の「芸術作品」を収録した短編集。細部まで意匠を凝らした珠玉の作品ばかり収めてある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/06/05 22:44

投稿元:ブクログ

ちょっと描写の感じが映画っぽい、ねちっこくなく、でもなんかカメラワークに凝ったかんじ。ああそうか要するにヌーヴェルヴァーグっぽいってことかな? このひとすごいなー。

2008/11/14 01:32

投稿元:ブクログ

森のメリュジーヌやばい
ていうか美恵子やばい!

「彼女の微笑の意味の最大の意味は愛であり、その中にしのび寄って来る死、悪意とからかいの針、優しさ、苦痛、空虚、悲しみ、それから燃えあがる意志――。」
「きっと、何かいいことがあるかもしれない。疑わしいことだけれど、何かいいことがあるかもしれない。信じはしないけれど、何か、いいことがあったって、かまわないじゃない?!」
「十全な愛。わたしには愛することが出来るのでしょうか?本当にわたしは愛してしまったのか?わたしが愛しているとしたら何故なのか?わたしは何故愛するのか?わたしが愛しているのはFなのですか?」

いちいち響くことをかく。「愛の生活」をいまのわたしとおなじ19でかいたとは。脱帽。
痛いくらいに愛してみたいとおもった。
窮極の愛をわたしは今生で獲得できるのだろうか(無理だろうなぁでも希望は捨てたくない!)
自分の身体を、心を、完全に犠牲にしてまで誰かを愛してみたい。

「恐ろしいくらい。恐ろしいくらいあたしは墜落して行く。」

2007/11/14 02:26

投稿元:ブクログ

柄谷行人を「全然だめ」と自信満々に斬って捨てる恐ろしい作家で、どう考えても彼が「全然だめ」なわけはないのだが、本書の一編に目をとおし、ページをめくってゆくにつれ、この文章を書き記した女性がいったのならば、それでいいのかもしれないと、力なく頷く。

2007/02/25 03:29

投稿元:ブクログ

わたしはFをどのように愛しているのか?

―「日常」と「非日常」のことを考えた。幸せに気付くときは、いつも非日常に陥ったときなのかな。
きちんと気付きたい。

2007/12/05 23:52

投稿元:ブクログ

ゴダール好きな感じがにじみでてる、指摘でありそうでない潔い文体なのに 結構さばついていて 好ましい。書きあぐねたら「愛の生活」を読み返す。

2008/10/29 00:08

投稿元:ブクログ

どことなく考えがあちらこちらに行く感じ、太宰の女生徒に似ているような感じもする。本文中に出てくる固有名詞は、ちょっとツンとしているけど厭らしくなくて私は好きだ。

2008/12/28 15:07

投稿元:ブクログ

『夢の時間』と『黄金の街』が特に好き。

『愛の生活』これ、19歳で書いたの?ってちょっとびっくり。他の作品も読もう。
とても昭和の作品とは思えません

2015/06/15 00:31

投稿元:ブクログ

金井美恵子が風俗小説を書き始めてからの作品から読み始めた自分としては、初期短編のいかにも詩的な雰囲気にはじめは戸惑った。でも、抽象的な言葉が連発されるその中にも、そういった言葉は執拗に描かれる細部に編み込まれているので、読む側の意識は飛翔していかずに現実めいたものに繋ぎとめられ続ける。1冊読み切れるだろうかと不安に思いながら読んでいたが、やはり、気がつくと読むのに没頭していて、その理由がはっきりとわからないだけに、不思議な心地になった。

2009/11/17 21:28

投稿元:ブクログ

金井美恵子女史の、凛々しくも、少し退廃的で、「書くこと」を何処までも考え続けるすました小説世界。
また寄り添い続けたい作家に出遭ってしまった!

2011/05/16 15:48

投稿元:ブクログ

金井美恵子さんの文体が好きです。
中でも、「森のメリュジーヌ」は何度も読み返しています。

残酷さとそこはかとない艶やかさ、美しい描写と流れるような文のリズム、ゆっくり時間がある時に金井ワールドにトリップするための本です。

2011/05/30 01:01

投稿元:ブクログ

金井美恵子さんの初期作品を集めたもの。
何というかどの一行も気を抜けないというか、とにかく精緻、などというしょうもない言い方ではとてもくくれず逆に飲み込まれる(気がする)。
この本ではないがとあるインタビューで著者が言っていた言葉をずっと心に留めている
「意識的に小説を書いてきたり読んできたりした人間が、小説そのものに対する批評性をもたずに文章を書くということは不可能ですね」

2012/08/21 11:20

投稿元:ブクログ

森のメリュジーヌ辺りから雰囲気が一変。
愛の生活のような初々しく瑞々しい文章よりも、後半のなんとも言えない怪しい雰囲気が好きです。
同じ講談社文芸文庫のピクニック、その他短編も読んでみようと思いました

2013/02/23 15:11

投稿元:ブクログ

初期作品は読むのがしんどく退屈だった。でも、愛の生活では、19歳でこのような文体(内容ではなく)で早熟な感じがした。
兎以降の短編で入り込みやすくなる。兎はある映画を彷彿させた。
タイトルがいいなと思ったのは、空気男のはなし。
話の雰囲気がいいなと思ったのは、兎、アカシア騎士団。残酷ですけど。

2013/07/19 19:31

投稿元:ブクログ

金井美恵子が、今の私よりもずっと若いうちから私が考えていることを小説のうちにきちんと体現し、かつ、同じようなものを書くのだとしても、それでもあなたではなく私が書く意味、あるいは私ではなくあなたが書く意味があるだろう、ということについても力説してくるので、至れり尽くせりっていうかなんというかもう、スミマセン、と思ってしまう。

私が初めて金井美恵子を読んだのは「道化師の恋」だったのだけれど、この彼女にとってのデビュー作である「愛の生活」の時点から、様々な既存の映画、絵画、音楽が、惜しみなく作中に使われている。

アニエス・ヴァルダの「幸福」という映画は、アントニオーニの「赤い砂漠」よりも、それが「幸福」の名の元に描かれているが故に、ずっとゾッとするだとか、ジム・ダインの歯ブラシを使った絵には、シュルレアリスムのデペイズマンなどという小賢しい(というのは私の表現)技法を超えたものがある、「表現は象徴なんかでなく、もっと本質的な意味で、直接的、行為的なものだ」と語られる…もっともこれは「デペイズマン」があったからこそはっきりと捉え得る感覚なのだろうと私は思うのだけれど…、とにかく彼女はほんとにオリジナリティだとかいうものを信仰していない。19歳の時点でそれを見抜いているのは私からするともう感心するしかないのだけれど、それだけ彼女が真剣に絵を見、音楽を聴き、映画を見るのは、「あなたが何を言わんとしているのか」知りたくて、出来るかぎり肺の痛むのも厭わずに深く深く沈潜していくだけの度胸と好奇心と寂しさがを持っているからだろう。
「愛の生活」では、続く毎日というものを「何を食べたか」という事実(しかしそれさえも本当に確かではない)によってしか区別できない、認識できない、という不確かさへの不安が冒頭から表されながら、夫であるFについての不確かさをテーマにしている。

私はFについて何を知っていると言えるだろう、毎朝食べる朝食のメニューや、習慣をしっていることで、「知っている」と言えるのだろうか? Fを愛しているということはどういうことなのだろう、私はFを愛しているのだろうか、という疑問は、疑問の提示で終わっているようだけれど、彼女の「私はFを愛しているのだろうか」と疑問を持ちながら、Fの所在について思いめぐらし、事故にあった女の子を見て泣きながら、多分おそらくは、もしFが事故にあっていたら?ということを具体的に思い描いたが故に涙しつつ去って行く主人公は、まあ十分にFを愛しているように見えるのだけれど、金井美恵子の問題はそれだけに収まらない「愛」の問題である。

そしてこの問題は続く短編の中で次第にはっきりしてくる。「夢の時間」では不確かな「あなた」を探すアイ(三人称でありながら、あるいは一人称かもしれないこの名前)が登場し、「森のメリジューヌ」で主人公が、愛の対象を感じる為の全ての感覚を奪われ、愛の先の死を予感させ、この音楽のような「森のメリジューヌ」は、舞台が暗転したようにして唐突に終わり、そこに続く「永遠の愛」では、「愛するあなた」は「死」だと描かれる…。
「兎」の中のあるくだりもすごくて、��あとは発作がおさまるのをじっと待っている以外にはないのです。そして発作が本当におさまるのは、死ぬことなのだということを、父親もあたしもわかっていました」(p.174)
今のところの感想としては、ここまで悟っちゃってて、どうやって生きてくんだろうこの人、という感じなので、時代を追って読む楽しみができました。

この短編集は、どこを読んでも「デジャヴュ」への意識を持たされるものばかりで、それだけで通常の女性作家(すみません)をゆうに超え出ている。「オリジナリティ」を嘲笑するように、彼女は作中の言葉遣いも簡単に変える。

「愛の生活」の中で面白かったのは、「あの頃のことは、懐かしさという優しい感情で思い出すのに、一番ふさわしいじきだった、などとわたしはいわない。」というところで、いわない、と言いながら部分的に言っているところなんか、最高でした。ここだけで、この人もう一筋縄じゃいかないな、と。最高のひねくれ正直者。