サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 夜のくもざる 村上朝日堂超短篇小説

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

夜のくもざる 村上朝日堂超短篇小説(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 53件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1998.3
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/249p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-100144-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜のくもざる 村上朝日堂超短篇小説 (新潮文庫)

著者 村上 春樹 (著),安西 水丸 (著)

夜のくもざる 村上朝日堂超短篇小説 (新潮文庫)

767(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

ホルン 12-17
鉛筆削り 18-23
フリオ・イグレシアス 24-29

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー53件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

超短編小説というジャンル!

2002/01/31 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:よしたか - この投稿者のレビュー一覧を見る

 400字詰原稿用紙3枚程度の小説を「超短編小説」というようだ。本書は人気作家村上春樹氏の超短編小説集だ。

 もともと、この超短編小説集は、雑誌に掲載されたシリーズ広告用の小説だったそうだ。よく、電車の中吊り広告に小説が載っていることがあるけれど、こういうのがあると、つい、読んじゃうような人にはオススメだ。とても楽しめる一冊になるだろう。

 じっさい、これぐらいの長さの小説だと、ケータイでも楽々読めるんじゃないだろうか。ケータイ用のサイトやメールマガジンで、超短編小説がたくさん読めるようになると、とても楽しい。

 とくに、今は、よくも悪くもスピードの時代だ。分厚い文庫本で何冊にもなる大河ドラマ小説なんて、見ただけで読む気もしなくなってしまう人も多いのでは。だらだらとしたストーリーが続く長編小説よりは、スピーディーに読めて結論がすぐわかる超短編小説を、たくさん読んでみたい、と思う。
 もっと盛んになってほしいジャンルだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

夜のくもざる

2002/06/29 13:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やすゆき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは村上春樹さんによって書かれた超短編集だ。
 少ない枚数なのに、きちんとまとまっていて、しかも、これだけの枚数なのに、ちゃんと村上春樹さんらしい味が出てる。なぜだか、わからないけど、こういう芸当は村上春樹さんにしか出来ないのではないだろうか。落ちという落ちはないのだけれど、不思議な読後感だけが残る。すぐ、読めるのでそこもいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

不思議な感じの超短編

2007/07/13 20:23

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サイン - この投稿者のレビュー一覧を見る

「超短編」小説が36本つまっている。
文字は大きめで、読みやすい。
文庫版にしてはめずらしく、
カラーの絵がたくさん入っていて、楽しい。
『はじめての文学 村上春樹』とかぶっている作品も
いくつかあったが、そういうのを読み飛ばしても、
一日楽しめるだけの分量はあった。
『うさぎおいしーフランス人』と似た感じではある。
ただ読み比べてみると、『うさぎおいしー』の方が、
なんとなく「新しい」という感じはする。
この本のある小説には、『ねじまき鳥クロニクル』の
ある登場人物と同じ名前の人物が出てくるし、
村上さんが経営していたジャズバーを想像させるような物語もある。
その意味で、今から読むと、ちょっとなつかしいという感じもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉のセンスと小さな不条理

2008/08/19 12:27

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:カフェイン中毒 - この投稿者のレビュー一覧を見る

村上春樹の書くものについて、何かを語るのはとてもむずかしいような気がします。
新刊を心待ちにしている読者も、それをこきおろそうと舌舐めずりしている人たちもたくさんいて、
一方では、引きも切らず研究本が出版される現象。

実際、彼の小説は読み返すたびに抱く感想も違うし、
時間をおいて再読すると、まったく想像もしていなかった意外なことに気がつかされたりもします。
小説に何かを読み解く必要があるかどうかは別にして、私個人はいろんな楽しみかたをしてきました。

ただ、誰かと村上作品について語るときには、
物語のひとつひとつについて、好きか嫌いかしか言えない体たらくです。
おそらく作者の意図するところの奥深くまで入り込むこともできず、
いつまでも、入口付近で出たり入ったりを繰り返すような読者なのでしょう。

で、『夜のくもざる』です。
好きなんです、これ。
小難しいことは置いといて(私には語れないというのもあります)、
ほんのちょっとした非日常性、日常の中の不条理が、
やけに穏やかな物語の中にひそんでいるのです。

彼の短編小説に出てくるような、思わず考え込んでしまう不条理ではありません。
さらっと流せて、ほんの少しの余韻を残すような、そんな物語の集まりです。

なかでも『インド屋さん』がお気に入りです。
不条理がなんの違和感もなく溶け込んだような、日常の一場面を描いています。
そもそも、なんですか‘インド屋さん’って。

好きが高じて、プリントアウトしたものをトイレの壁に貼っていたことを思い出します。
インド屋さんのものすごい言い分と、ごく普通にやりとりをしている女性との会話にニヤニヤし、
たった1枚のA4の紙を、ボロボロになるまで飽きずに眺めていたのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/13 15:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/31 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/24 01:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/15 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/22 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/29 08:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/16 20:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/18 00:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/23 17:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/08 11:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/20 17:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る