サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

不機嫌な秘書(ハーレクイン・ロマンス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

不機嫌な秘書 (ハーレクイン・ロマンス)

著者 ジェシカ・スティール (作),大島 ともこ (訳)

父の都合で会社役員にさせられたアシュリンは初めての役員会で失敗し、会長に厳しく当たられた。しかし後日、その会長からけがをした秘書の代わりをつとめるよう要請される。【「TR...

もっと見る

不機嫌な秘書 (ハーレクイン・ロマンス)

691(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

父の都合で会社役員にさせられたアシュリンは初めての役員会で失敗し、会長に厳しく当たられた。しかし後日、その会長からけがをした秘書の代わりをつとめるよう要請される。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2013/06/17 13:47

投稿元:ブクログ

突然、父親が所有していた会社を財政難の為に売却してしまい、更には、売却時の条件として、その土地を最も欲しがっていた大企業の役員として娘をねじ込むことに成功したと聞かされ、今まで働いたことすら無かったのに、いきなり大企業の役員という肩書きがついてしまい戸惑うアシュリン。
彼女は、最初の役員会では、話の内容にさっぱりついていけず、途中で眠りそうになり、水をこぼしてしまうという失態をおかしてしまいます。

その後は、持ち前の美貌と社交的な性格、そして語学力で、周囲の人を惹き付けるようになり、社長秘書の急な怪我をきっかけに、臨時の秘書代理という役割も与えられて、仕事にやりがいを感じはじめますが、それと同時に、やり手社長のカーターに少しずつ好意を抱くようになっていきます。そして、その気持ちもどうやら一方通行では無いようで…。

なんとなく、読んでいて楽しいストーリーではありませんでした。
見栄っ張り両親が、会社が財政難だったことは伏せて、アシュリンの状況(有能さ)について、誇張して自慢話の種にしている姿は滑稽でしたし、社長のカーターは、いろいろと公私混同しすぎだな~という印象です。

物語の終盤でカーターの告白シーンがありますが、あの時はこう思っていた~という状況説明が延々と続いて、「ごめんなさい、おなかいっぱいです…。」という気分になってしまったのも残念…。

2014/10/25 21:07

投稿元:ブクログ

ビジネス経験はまるでないけれど、人好きする3ヶ国語を操れるアシュリンはいつのまにか社内でも頼りにされる存在に。
ゆるキャラみたいな彼女が可愛らしく、無邪気な乙女心に振り回されるダーリンにホッコリした気持ちになれるお話。

http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4020.html

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む