サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. さよならバードランド あるジャズ・ミュージシャンの回想

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

さよならバードランド あるジャズ・ミュージシャンの回想(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.2
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/562p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-218111-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

さよならバードランド あるジャズ・ミュージシャンの回想 (新潮文庫)

著者 ビル・クロウ (著),村上 春樹 (訳)

さよならバードランド あるジャズ・ミュージシャンの回想 (新潮文庫)

961(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

悪くはないのだが

2002/03/08 19:59

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 サブタイ通り、あるジャズ・ミュージシャンの回想です。あとがきで訳者の村上春樹が書いている通り、確かにこの文章には彼の“ジャズをする喜び”に溢れているし、豊富な記憶から呼び起こされる面白いエピソードが満載なのだけど、なにぶん固有名詞が多いだけにけっこうなジャズ好きでないと面白くないのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/05/24 21:50

投稿元:ブクログ

内容(「BOOK」データベースより)
モダンジャズの黄金時代、ベース片手にニューヨークを渡り歩いた著者の自伝的交遊録。パーカー、エリントン、マイルズ、モンク等の「巨人」たちからサイモンとガーファンクルに到るまで、驚くべき記憶力とウィットにとんだ回想の中で、歯に衣着せぬ批評の眼がきらりと光る。訳者村上春樹が精魂傾けた巻末の「私的レコード・ガイド」は貴重な労作である。

2013/02/10 12:58

投稿元:ブクログ

スタン・ゲッツやジェリー・マリガンのバンドのベーシストして活躍したジャズ
・ベーシストのビル・クロウ氏によるジャズの回顧録。色んなジャズ・ジャイアンツの話が出てきて、楽しく読める1冊。

当時の時代の生々しさ(ドラッグ中毒の酷さとか)という点では、帝王マイルスの『マイルス・デイヴィス自叙伝』に負ける点はあるけれど、もっと日常的な光景の描写がこちらは強い。

幾つか印象的なシーンはあるけど1つだけ。急遽デューク・エリントンのバンドに彼が参加してコンサートが無事終わった後日。

============
「これは、ミスタ・クロウ」と彼は滑らかな抑揚をつけて挨拶し、恭しくお辞儀をした。「ニューヨークでのコンサートであのような素晴らしい伴奏をつけていただいのに、お礼ひとつせずに誠に無礼をいたしておりました」
「そのようなことは、どうかおかまいなく」と僕はお辞儀を返して言った。「私の方こそ、まことにもって光栄の至りです」
彼は微笑みと頷きをもって僕の言葉を受け入れ、見るも優雅にダイニング・ルームへと進んでいった。
============
(本書p297より引用)

やはりエリントンは公爵だったのだということを感じさせられるエピソードである。

2017/01/03 10:20

投稿元:ブクログ

ジャズの黄金時代を生きたベース奏者による回想録です。多くのジャズミュージシャンが出てきますが、特に一流とは言えないプレイヤーの生き様がリアルで共感できます。ジャズファンにとっては必読書かと。