サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 謎のギャラリー特別室 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

謎のギャラリー特別室 3
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.5
  • 出版社: マガジンハウス
  • サイズ:20cm/220p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1129-8
  • 国内送料無料

紙の本

謎のギャラリー特別室 3

著者 北村 薫 (編)

平成の名アンソロジスト北村薫がリクエストの声に応え登場。独特の世界を開く宇野千代から、平成8年発表の当時高校生・乙一の作品まで、現在は入手困難な作品を含む古今東西の名作5...

もっと見る

謎のギャラリー特別室 3

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

平成の名アンソロジスト北村薫がリクエストの声に応え登場。独特の世界を開く宇野千代から、平成8年発表の当時高校生・乙一の作品まで、現在は入手困難な作品を含む古今東西の名作5編を収録する。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

大人の絵本 宇野千代 著 17-28
夏と花火と私の死体 乙一 著 29-130
定期巡視 ジェイムス・B・ヘンドリクス 著 131-154

著者紹介

北村 薫

略歴
〈北村薫〉1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。89年「空飛ぶ馬」でデビュー。91年「夜の蟬」で日本推理作家協会賞を受賞。他に「覆面作家の愛の歌」「朝霧」「水に眠る」ほか。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/12/09 16:26

投稿元:ブクログ

平成の名アンソロジスト北村薫がリクエストの声に応え登場。独特の世界を開く
宇野千代から、平成8年発表の当時高校生・乙一の作品まで、現在は入手困難な
作品を含む古今東西の名作5編を収録する

2007/05/08 16:44

投稿元:ブクログ

平成の名アンソロジスト北村薫がリクエストの声に応え登場。独特の世界を開く宇野千代から、平成8年発表の当時高校生・乙一の作品まで、現在は入手困難な作品を含む古今東西の名作5編を収録する。大人の絵本(宇野千代)
夏と花火と私の死体(乙一)
定期巡視(ジェイムス・B.ヘンドリクス)
猫じゃ猫じゃ(古銭信二)
これが人生だ(シャーリー・ジャクスン)

2011/02/22 22:41

投稿元:ブクログ

前書きがあり、そして本編(?)へ。

最初の『大人の絵本』は短編でしたが
さっぱり意味が分かりません。
もしかして…? という、うっすら程度から、さっぱりまで。
次の乙一さんの『夏と花火と~』でページを取られ
その後もかなりの短編ものでした。

今回の和訳ものは普通に読めましたが
夏と花火と~を読んだ事があったので
それも駄目だと、読める部分が少ない内容でした。

最後の話、多分違う事を思って書かれたものだと思うのですが
案外警察間抜けだな、しか、感想が持てなかったですw