サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

豚の死なない日(白水Uブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:1999.7
  • 出版社: 白水社
  • レーベル: 白水Uブックス
  • サイズ:18cm/174p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-560-07132-8
  • 国内送料無料
新書

紙の本

豚の死なない日 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

著者 ロバート・ニュートン・ペック (著),金原 瑞人 (訳)

ヴァーモントの貧しい農家の少年を主人公に、誇り高い父の教え、土に根ざして生きる素朴な人々との交流、動物たちへの愛情を生き生きと描く。96年刊の再刊。【「TRC MARC」...

もっと見る

豚の死なない日 (白水Uブックス 海外小説の誘惑)

972(税込)

ポイント :9pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ヴァーモントの貧しい農家の少年を主人公に、誇り高い父の教え、土に根ざして生きる素朴な人々との交流、動物たちへの愛情を生き生きと描く。96年刊の再刊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ロバート・ニュートン・ペック

略歴
〈ペック〉ヴァーモント生まれ。著書に「ひとり立つ日・父に捧げる別れの歌」。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

清楚でつつましやかな家族の生活と仕事、喜びと悲しみを描くモダン・クラシック。

2001/03/27 11:00

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 シェーカー教徒の家に育った男性の少年時代の思い出を描いた静謐な、しかし確かな手ごたえのある1冊である。
 
 労働で神に仕えることを至上の喜びとし禁欲的生活を送るシェーカー教徒は、発祥の地・米国でもほとんどいなくなってしまったが、日本では藤門弘さんが中心となって北海道で集団生活をしている。その様子は『牧場生活』という著書に詳しい。彼のグループの名前「アリス・ファーム」は家具のブランドとして有名で、飾りのない白木のテーブルや椅子は本当に美しい。立花隆氏の机の話が『ぼくはこんな本を読んできた』にも登場する。
 シェーカーと言えば、江国香織さんが訳した『シェイカー通りの人びと』という絵本にも、その質実な生活が描かれている。

 ぺック少年の父は寡黙で穏やかな農夫で、豚を殺してさばくことが仕事。一日が終わっても、彼の体からは何とも言えないくさいにおいがする。少年はそのことを気にしている。
 物語の最後の方で、父が自らそのにおいのことで少年に話をする。ごくさりげない調子で…。
「…一度わしは、母さんにすまないとあやまったことがあった」
「母さんはなんていったの?」
「こういってくれた。誠実な仕事のにおいじゃありませんか。あなたがあやまる必要はないし、わたしも聞きたくありません、とな」
 あるときはユーモアにも富んだ、胸を打つような親子の会話が随所にある。そのひとつひとつが深い意味をもっていて、なるほど生活に息づく思想こそが哲学なのだなという気にさせられる。

 物語の始まりは急転回で面白い。
 学校をさぼったぺック少年が、近所のタナーさんの牝牛に出くわす。変な声を出しているので近づいていくと、まさに子を産み落とそうとしているところで、苦しんでいるのだ。はいていたズボンを脱いで子牛の首にくくりつけた少年は、子牛を取り上げ、母牛のノドに詰まっていた甲状腺腫を取り出してやる。

 このお産で、品評会に出せそうな子牛が2頭生まれたことに喜んだタナーさんは、ぺック少年に子豚をプレゼントしてくれる。子豚にピンキーという名前をつけ、少年は大切に育てる。
 タナーさんの勧めで、例の子牛たちと一緒にピンキーを品評会に連れて行くと、「しつけのいい豚・1等賞」の栄誉に輝く。

 しかし、帰ってきてしばらくすると辛い事実が発覚する。ピンキーは不妊症だったのだ。子を産めないメス豚の運命は決まっている。「ぼくにはできないよ」という少年に「できるできないの問題じゃない。ロバート、やらなければならないんだ」と父は言い、ピンキーにバールを振り下ろす。
 その瞬間、父を憎むものの「よくやった。おまえはもう一人前だ」「これが大人になるということだ。これが、やらなければならないことをやるということだ」と言う父を、少年は許す。
 この時、ぺック少年は13歳。だが、少年にとってはそれ以上の悲しみとなるもう一つの親しい者の死が近づいていた。

 子牛の誕生に始まり、肉親の死に終わる感動的な物語。タイトルは、父が仕事を休む安息の日を示しているが、もう一つの深い意味も隠されているように私には取れた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/04 22:14

投稿元:ブクログ

米国の大ベストセラー小説。「本当の豊かさ」「本来あるべき家族の姿」「動物愛と生きていることの喜び」とかとか、そういうたわけたことは考えないで、米国中西部の、のほほんとした生活にほんわかしたい。

2005/05/25 11:38

投稿元:ブクログ

豚が死ぬこと、それは毎日繰り返される貧しいアメリカの農家で生まれ育ったロバート少年には日常茶飯事。毎日が苦しく過酷な生活との対面であるロバート少年とその家族には悲劇と闘争ばかりが舞い込みます。開拓時代から少し経った頃のアメリカにはたくさんの彼らのような人々が暮らしていました。

2009/08/23 13:42

投稿元:ブクログ

シェーカーの貧しい家に生まれ育つ少年、その宝物の子豚のピンキー、豚を殺すのが仕事の父さん。
赤毛のアンを思い出す、質素で隣人との交流に溢れ、自然と共に生きる世界。
印象的だった部分>
「できるできないの問題じゃない。ロバート、やらなければならないんだ。」

「神様、聞いて下さい」ぼくはいった。「貧しいってことは地獄です」

父さんは金持ちではなかった。しかし決して貧しくはなかったのだ。
父さんはいつもそう言っていたが、ぼくには冗談にしか思えなかった。
だけど父さんは本気でそう言っていたのだ。父さんは豊かな人生を送った。ほんとにそうだったのだ。

2007/05/05 03:00

投稿元:ブクログ

数年前に読んだ本。
読むとだんだん切なくなってくる。あまりに不幸続きな主人公がかわいそうで。
ぬくぬく育てられた私にとって、この本で生きることの厳しさを知り、そして生活の中の素朴な喜びに新鮮なものを覚えた。

2007/09/29 16:30

投稿元:ブクログ

身近に尊敬できる人がいるのって素敵だなあ。主人公の境遇は決して恵まれたものではないけれど、前途は明るく輝いているように感じました。冒頭からぐーんと引き込まれて、最後は涙。面白くて勇気づけられる一冊。

2010/10/02 07:55

投稿元:ブクログ

冒頭からいきなり牛の出産に立会い大怪我を負う主人公のロバート。12歳の彼は、学校で貧しい身なりをばかにされ授業をさぼって家に帰る途中だった。若い彼は、最後まで貧乏な生活から抜け出したいと考えている。貧しい農家での生活は過酷だからだ。
父さんも貧しさゆえに、よその家の豚の解体を手伝っているが、その腕前は芸術的であり、自分の生き方に信念と誇りを持っている。文字こそ書けないが、ゆたかな知恵を持ち、ウィットに富んだ魅力的な父親だ。ロバートも貧乏は嫌だが、父さんみたいになりたいと思っている。
生きるために、豚を、鹿を、りすを、いたちを殺す。きれいごとではすまされない現実がリアルに描かれているが、その生活には感謝と愛情とユーモアがあふれている。真にゆたかなこととはどういうことか、一家の生き方を通して自然に考えさせてくれる。

2012/11/14 23:54

投稿元:ブクログ

親子の話として感動的。
農業の技、田舎で暮らすこと、家畜との関係、貧乏でも人間らしい生活、胸にぐっと迫る場面がいくつかある。

2014/10/26 22:22

投稿元:ブクログ

お父さんとロバートが豚(ピンキー)殺さなければいけない場面は本当に泣きました。
最後に父親の死をしっかり受け止めてお葬式をだすロバートに感動しました。
いい本を読んだなあ~って感じ!

2015年10月24日再読

2014/06/14 19:50

投稿元:ブクログ

質実な生活が描かれていて、物質的豊かさを求める人には理想の生活とは言えないが、心満たされる生活の一つの形が示されていると思った。
後半、主人公が生活と言う現実に向かい成長するシーンがとても印象的だった。
続が出ているが、確かに続きを読みたいと思う一冊だった。
こんな生活とはかけ離れた生活をしているが、この生活に戻りたいと思った。

2014/08/26 23:36

投稿元:ブクログ

小説として長くはないけれど、主人公の少年の成長がじっくり丁寧に描かれています。よい小説。英米のYAは質が高いです。
でもイタチに犬をけしかけた件は謎。なぜそんなことしたのか。。。

2012/06/17 18:02

投稿元:ブクログ

かなり完成度の高い小説
何度も読み貸す価値あり
そのたびに感じ方が変わりそう
人に勧めたい
子供にも勧めたい
そんな一冊

2012/10/18 17:37

投稿元:ブクログ

家が農家の少年の日常をつづった物語。

ペットとして可愛がっていた豚が子どもを 産まないことがわかり、自分たちが生きて 行くためには殺さなければならない。自然 の中でいきていく厳しさが書かれている。 残酷だけどそれが現実なのだと思った。 そしてタイトルにある「豚の死なない日」とは父の死んだ日だった。

2013/08/27 00:00

投稿元:ブクログ

父から息子へ伝えるもの
ヤングアダルト向けの小説の中でも有名な小説。

始まりは牛の出産シーン。
隣人のタナーの飼っている、エプロンという名の雌牛。
その出産に立ち会った主人公、ロバート。
無事子牛が生まれ、彼はそのお礼に子豚をもらう。
ピンキーと名づけられた子豚はかわいらしいピンク色。
ロバートはピンキーが母豚になって、かわいい子豚をうんと生むことを楽しみにしている。
しかし......
自然は必ずしも、人間の思う通りには行かない。

ピンキーとともに成長するロバート。
しかしどうにもピンキーは発情の気配がない。
無理矢理種付けを行うけれど、彼女はまったく妊娠の兆候を見せない。

そして、屠畜を行う父は病に冒されていることを告白する。

父が屠った豚は綺麗な肉となっていると皆が誉める。
そんな父の最後の仕事を見届け、ロバートは大人への道を歩いていく。

大きな事件は起こらない。
屠畜や種付けのシーンは衝撃を与えるけれど、それは「仕事」だ。
汚らわしいとか、怖いとかそんな単純な衝撃ではないし、そうは思わない。
ああ、こうして命をつなぎ、食べているのだなという衝撃。

父が語る言葉のうち、母に対する心遣いが感動的だ。
「一度わしは、母さんにすまないとあやまったことがあった」
母さんはこういった。「誠実な仕事のにおいじゃありませんか」
夫婦で互いを慈しみ、仕事に対して誠実であろうとするこの二人の姿を見て、少年は大人になる。

13歳。
まだまだ子供だ。
しかし場所や時代、あるいは状況が変われば大人にならざるを得ない。
それは辛いことを目にし、行わなければならないということである。
それを強い言葉ではなく、優しく、そして厳しく息子に伝える父の姿に、それを全力で受け止めようとする息子の姿に、例えようもない感動を覚えるのだ。

2014/05/17 08:02

投稿元:ブクログ

古いのに古いと感じない
切ない程真っ直ぐに生きる人達
13歳って・・・子供なの?
ホントに良かった!!

ノベルス ランキング

ノベルスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む