サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. アンデルセン童話集 新版 3

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アンデルセン童話集 新版 3(岩波少年文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/239p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114007-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

アンデルセン童話集 新版 3 (岩波少年文庫)

著者 アンデルセン (著),大畑 末吉 (訳)

「赤いくつ」「鐘」「さやからとび出た五つのエンドウ豆」「雪の女王」など、永遠に変わることのない、人と心と自然の真実を描いた童話を収録。86年刊の新版。【「TRC MARC...

もっと見る

アンデルセン童話集 新版 3 (岩波少年文庫)

734(税込)

アンデルセン童話集 3

734(税込)

アンデルセン童話集 3

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「アンデルセン童話集 新版 3」が含まれるセット商品

朝の読書学級文庫必備セット小学生中級向き 25巻セット

朝の読書学級文庫必備セット小学生中級向き 25巻セット

  • 税込価格:18,230168pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

「赤いくつ」「鐘」「さやからとび出た五つのエンドウ豆」「雪の女王」など、永遠に変わることのない、人と心と自然の真実を描いた童話を収録。86年刊の新版。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

赤いくつ 9-24
びんの首 25-48
古い家 49-68

著者紹介

アンデルセン

略歴
〈アンデルセン〉1805〜75年。デンマークの作家。小説家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2013/02/06 01:33

投稿元:ブクログ

出番そんなにないのにタイトルになってしまう
雪の女王の存在感。

自然を愛する態度とか
素朴で垢抜けなくて美しい情景とか
漂う物悲しさとか
賢治を思い出す。

2013/10/14 20:16

投稿元:ブクログ

やっぱり、「雪の女王」は名作だと思いました。
ゲルダの力になってくれる動物たちや、山賊の小娘がかわいらしくて好き。
ちゃんと原作を読んでおくのはいいものだなーと思いました。

「赤いくつ」アンデルセンだったのね!
ラストのところなど、自分が絵本と知っていた内容と少しちがっていました。
やっぱり宗教色が強い。

古典・童話 ランキング

古典・童話のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む