サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ドン・キホーテ 新版(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生
  • 発行年月:2000.6
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/375p
  • 利用対象:中学生
  • ISBN:4-00-114506-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ドン・キホーテ 新版 (岩波少年文庫)

著者 セルバンテス (作),牛島 信明 (編訳)

スペインはラ・マンチャ地方の田舎騎士ドン・キホーテは、騎士道小説の読みすぎで正気を逸し、自ら遍歴の騎士となって世の不正をただそうと旅に出る。狂気と夢が引き起こす、滑稽な冒...

もっと見る

ドン・キホーテ 新版 (岩波少年文庫)

821(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

スペインはラ・マンチャ地方の田舎騎士ドン・キホーテは、騎士道小説の読みすぎで正気を逸し、自ら遍歴の騎士となって世の不正をただそうと旅に出る。狂気と夢が引き起こす、滑稽な冒険物語。87年刊の新版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

セルバンテス

略歴
〈セルバンテス〉1547〜1616年。スペインの小説家。枢機卿の従僕、税吏などの経験を持つ。徴税吏時代の不手際から投獄され、獄中で「ドン・キホーテ」を書き始めたといわれる。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

結構奥の深い物語

2001/03/29 12:41

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つる - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ドン・キホーテというと風車を怪物と勘違いして向かっていく、というイメージしかなかったが、なんのなかなか深い物語だった。
 特に後半はドン・キホーテも有名になっており、公爵夫妻がドン・キホーテに悪ふざけするなど結構面白い。とくに従者であるサンチョがその悪ふざけの一端として島の領主にしてもらうところがあるのだが、サンチョの身の程をわきまえた判断力に感嘆する。
 この本にはセルバンテスの思想がきちんと盛り込まれている。ドン・キホーテと言われて、風車しか思い浮かばない人はぜひ一度読んでほしい。ただの狂人の物語ではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

わかるようでわからない。

2011/05/28 10:12

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kumataro - この投稿者のレビュー一覧を見る

ドン・キホーテ セルバンス 牛島信明編訳 岩波少年文庫

 初めて読みましが、よくわからないということが正直な感想です。スペインのお話です。50歳独身のやせた男が騎士物語を読んで騎士の生活にのめりこんで狂人となり、それがドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャとなる。風車や水車を敵と思い込み斬りかかっていく。彼はこの世に実在しないドゥルシネーア・デル・トボーソという女性に憧れと恋心をもつ。彼の家来が百姓のサンチョ・パンサですが、彼は常識人です。後半は、サンチョがひとつの島を統治するところまでいきます。
 キリスト教を背景にした道徳話のようでもあります。罪とは、傲慢(ごうまん)であること。忘恩であることです。神の存在があり、魔女による魔法があります。礼節を重んじることも説かれています。ドン・キホーテは認知症のようでもあり、夢想家のようでもあります。精神病のケもあるのだろうか。ドン・キホーテは、人生の最期を迎えるときに正気に戻ります。
 翻訳では、発言者が明確なのがいい。現代小説では、誰が話しているのかわからないものが、みうけられます。
 物欲に対して素直です。人生訓を読むがごとしの面もあります。サンチョの言動に、リーダーになるよりも、その他大勢のなかのひとりでいるほうがいいと読み取れるものがあり共感します。
 書かれた時代背景とか作者の人生体験を事前に仕入れておかないと理解できない内容でした。1605年に書かれた小説です。日本では1600年に関が原の戦いがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/31 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/14 14:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/05 03:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/07 14:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/13 18:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/01 12:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 18:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 22:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/11 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/16 16:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/22 22:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/07/22 01:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/06/17 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む