サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. おーなり由子作品集 1 あこがれくじら

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おーなり由子作品集 1 あこがれくじら(集英社文庫コミック版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

おーなり由子作品集 1 あこがれくじら (集英社文庫 コミック版)

著者 おーなり 由子 (著)

おーなり由子作品集 1 あこがれくじら (集英社文庫 コミック版)

669(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月24日(金)~2017年2月28日(火)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「おーなり由子作品集 1 あこがれくじら」が含まれるセット商品

おーなり由子作品集(集英社文庫) 2巻セット(集英社文庫)

おーなり由子作品集(集英社文庫) 2巻セット

  • おーなり 由子
  • 税込価格:1,33712pt
  • 発送可能日:購入できません

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

どこか懐かしいような。

2015/08/14 10:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぺろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どのお話も素敵です。ちょっと昭和をイメージするような懐かしい気分になれます。
ずっと手元に置いておきたい1冊になりました。おすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/17 01:48

投稿元:ブクログ

短編集の第一弾。
 「六月歯医者」が一番印象的。
 梅雨の季節になると、歯にもカビが生えてしまうのですが、そうなったら歯を引き抜く歯医者が現れる。それも必ず。
 そして、自分のところにもくるんじゃないかと心配になった主人公の元にも、恐怖の歯医者さんが現れるのです。
 どきどきの展開でした。
 最後はとてもよいエピソード。
 うそ!? という感じの展開です。

1999/03/03 22:59

投稿元:ブクログ

「六月歯医者」
女の子には、いつか訪れるのです。
そのハラハラは梅雨時の色と重なる。
小さい頃、ビー玉をオルゴールに大切にしまってたことを思い出す。
私にとっておーなり作品はそういう存在。


「はくしょんの時計屋」
切ない…
この商店街とオカダ時計店がただでさえいい。
私は俗物な花見が嫌いだ。
そうだよね、春と桜ってこういうことだよね(p_q)
泣きながら桜の中を歩くラストシーンが更に切ない。
春は、花とクシャミの季節、桜の花びらに出会いと別れが見え隠れする季節です。


「くどうくん」
流山なのに何故たえこもくどうくんも関西弁なんだろう??
おーなり先生の描く季節がすごい好きですがこの『夏』もやっぱり、どうしようもなく好き。
夏や、プールの水や泡や水泳の授業が恋しくなる。
そして夕暮れ時。夕焼けと雲。
小学校の頃、夏休みの夕方。


「なつやすみ帳」
やっぱり、切ない…
ラムネのびんは、宮沢賢治のクラムボンを思い出させる。
海で、のりこちゃんはお母さんに会えた。
レモンはいつまでも夜空に…

2010/01/14 02:37

投稿元:ブクログ

秋のまばたき、てのひらの夜が好きです

いや、全部好きなんだけど

純粋で、真っ直ぐ

だけど、不思議で、アンニュイ


いつのまにか消えてしまった、心に残る小さな出会いと思い出

子供のころの淡い思いは、永遠にやさしくまるで風のように吹き抜けていく

そんな感覚を感じさせてくれる本だと思います

集英社文庫コミック版 ランキング

集英社文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む