サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

草の上の朝食(中公文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2000.11
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公文庫
  • サイズ:16cm/294p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-203742-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

草の上の朝食 (中公文庫)

著者 保坂 和志 (著)

【野間文芸新人賞(第15回)】【「TRC MARC」の商品解説】

草の上の朝食 (中公文庫)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

ゆとりのある時に

2001/12/12 13:02

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:白井道也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「プレーンソング」の続編。“日常”を“日常”のまま描き出すという手法も当然継承されており、平たく言うと主人公たちのだらだらした何でもない日々を何でもなく書いているのだが、その試みはとても面白くもあり、とはいえ、たいした事件も起きないのだから、飽きるといえば飽きる。心にゆとりがある時に読めば楽しめるのではないかと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/23 23:31

投稿元:ブクログ

プレーンソングの続き。秋になって金木犀の香りがほんまいい具合に思えるとすぐぐっとさむくなるんよいつも。ほいでいっつもこの人のをよんでにこにこしてしまうのは猫に関する記述のところ。今回はようこがしゃべってるところ。あの、猫は目が悪いのに見る、とか勘違いさせるとかの話。そんで笑ったのは女子高生の手紙のところ。うちら暇さえあれば手紙をかいている。もう女子高生じゃなくっても。「ほんとうの私は」なんてかかないけれど、わたしがちょっとでも気に入っている人はもういらーんちゅうくらい手紙をうけとっているはず。

2006/06/11 20:47

投稿元:ブクログ

『プレーンソング』の続編。

前作と同じように猫と競馬と共同生活について描かれているが、さらに新たに重要なファクターになっているのが「恋愛」について。
だがしかし「恋愛」について描きながら、これは決して「恋愛小説」なんかではない。むしろこの小説はそういったいわゆる「恋愛体質」的なもろもろを相対化するような立場を取ろうとしている。

つまりは、
「恋愛より豊かなものがいっぱいあることを知っている子がいるのね。恋愛が一番なんて思うのは、子ども向けの映画や小説の悪い影響よ」(本文より)ということなのだ。

今になってみると昨今のいわゆる「純愛ブーム」を予見し、批判しているようにも取れる。ここではゆるりと気楽に、そして何よりも楽しく過ごすためのあるひとつの要素としてしか描かれていない。ひとつの要素としてある強い意味を持っていたとしても、それが全てではないのだと。

僕はこういったニュートラルなものの見方というものにかなり共感してしまったり。

2006/11/12 11:01

投稿元:ブクログ

プレーンソングの続編。工藤さんの登場やら石上さんになついてる女子高生やら、新しい人たちが入ってきて、プレーンソングとは同じようだけど違うふうに面白い。クオリティーを保ってる、彼らの登場によって。これは島田のための話な気がする。一番島田が輝いてる。そして、この二つの話を読んで思ったこととしては、アキラって道人みたいだよなぁってこと。ふと思った。(06/9/14)

2006/03/25 10:36

投稿元:ブクログ

「プレーンソング」続編です。
「プレーンソング」を読んでおもしろかった人は、これも読んでみてください。こっちの方がおもしろいというか、深いというか、発展形だと思います。

「プレーンソング」は”あったらいいな”的な部分が多いというか、そういう幸せな小説でしたが、プレーンソングはそういう幸せな部分を残しつつ、でも”あったらいいな”では終わってないと思う。

2006/07/03 14:56

投稿元:ブクログ

プレーンソングの続編。あいかわらず、猫たちの存在だけが 特に際立っている というわけでもないんだけど、それでもやっぱり カテゴリーとしては、猫。キリストと、コンピューターの進化と、ご近所猫たちの系図 を、同一座標位置にして 語る この人たち、大好き。

2011/04/13 14:54

投稿元:ブクログ

転がり込んできた友人と4人での共同生活。
のんびりだらだら、ちょっとした興味とこだわりを持ちつつも、寛容に暮らす心地よさ。
主人公が寝ていると声を掛けて起こし、しょうもない相談を持ちかける後輩のアキラ。
アキラのガールフレンドのよう子が紅一点。
綺麗な子でアキラにはもったいないのだが。
4月に連れてきたまま一緒に住んでいる。働いている様子もない。

よう子は、毎日、近所の猫に餌をやり続けている。
これがだんだん大変になりつつもすっかりはまっていて、恋愛もおろそかになっているのかも?
人口密集地帯だったらご近所と揉める話になるけどね。この場合は農家も近くにあるような住宅なので。

会社勤めの島田も、6月から転がり込んでいる。
これは会社を辞めて小説を書きたいと社長に言ったら、何と俺の伝記を書けと言われて、給料を貰いつつ家にいる。これは幸運ですねえ??

主人公は、休日は競馬に言って、常連と半日を過ごす。
儲からないが大損もしない。
行きつけの店で働くウエイトレスの工藤さんにそこはかとなく好意を落ち、ゆるゆると彼女が出来て…
顔立ちも派手で化粧も派手、ちょっとケバいところがエッチっぽくて好みなんだとか。
それほど草食系ではまだない?

フリーター文学といった評価もあったような。
93年の作品。
…バブルこそはじけた後だけど、阪神大震災も起きる前。
今思うと、平和な時代だったんですね…

2014/08/18 11:37

投稿元:ブクログ

『プレーンソング』の続編に、恋の要素が入ってきたけど、恋が恋じゃなくて、心地よかった。

P263 …ぼくが飽きっぽいことを知っているゆみ子は、
「あのねえ」
と、一度ぼくの注意を呼び戻してから、
「よう子ちゃんは未来なのよ」
と、飛躍したことをまた言った。

…「だから、未来っていうのは現在を肯定することよ」

…「だって、恋愛に未来はないじゃない。ーーかといって、現在の肯定もないじゃない。恋愛には、ただただ現在の自分の不安定な状態を確認する気持ちしかないんだもん」

…「恋愛より豊かなものがいっぱいあることを知っている子がいるのね。恋愛が一番なんて思うのは、子ども向けの映画や小説の悪い影響よ」

2008/06/17 21:45

投稿元:ブクログ

「ぼく」と、同居人の島田、アキラ、よう子の日常の話。『プレーンソング』の続編。

猫にえさをやって、競馬に行って、女の子を好きになって、と、ただそういう日常が淡々と書かれている。それだけなのに、それだけじゃないように思うのはなぜだろう。

2012/10/26 18:32

投稿元:ブクログ

「プレーンソング」を読み終えたら続きを読まないと。
やっぱりイイな。

1993 年 第 15 回野間文芸新人賞受賞作品。

2011/09/18 17:55

投稿元:ブクログ

淡々としていて好き。
ただ、やっぱり同じモチーフ同じ人物たちが同じような日常を繰り返す中では、ちょっと鼻についてくるようなところもあるけれど。

2010/06/03 15:08

投稿元:ブクログ

もうほんと、相変わらず。いったいこの連中はどうやって生活費を捻出しているのだろうと、およそ本書に対して似つかわしくない疑問が浮かぶけれど、日常というものの意味、生きて、考えて、誰かと時間を共にしたり、好きになったり、気持ちがふらふらしたりといったことのいちいちを改めて手にとってためつすがめつ精査するような、そんな時間が人には必要だ、間違いなく。

2011/02/18 11:52

投稿元:ブクログ

『プレーンソング』とともに宇宙的でとても素晴らしい小説だった。
時期的にも保坂さんの小説から感じられるものが多いと見えて、もっと読んでみようと思う。

2013/06/25 17:49

投稿元:ブクログ

淡々とした物語の運びや、噛み合ってるんだか噛み合ってないんだかな会話に、ゆるい空気感が良かった。
そして、何より描かれてる猫がかわいかった。

2012/06/28 10:51

投稿元:ブクログ

プレーンソング時よりも人物たちの魅力がより感じることができるようになってい(る自分がい)て、その意味でも良かった。

中公文庫 ランキング

中公文庫のランキングをご紹介します一覧を見る