サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

インプレス カレンダー・手帳・年賀状素材集 ポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. フランドルの呪画

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

フランドルの呪画(集英社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • サイズ:16cm/517p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-08-760396-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

フランドルの呪画 (集英社文庫)

著者 A.P.レベルテ (著),佐宗 鈴夫 (訳)

フランドルの呪画 (集英社文庫)

926(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

思わずチェスがしたくなる

2001/12/13 16:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:sarasa - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「ナインスゲート」の原作者によるミステリー。
 とはいえいわゆる推理モノではないから、その辺だけを求めている人は御注意。チェスのゲームとそれが描かれている15世紀絵画の世界、さらに駒になぞらえられる現代の人物たちの重層構造が快い。

 ストーリーはゲーム盤上をさかのぼって歴史上の殺人を、さらにゲームを続けることで現代の殺人を解き明かしてゆく。

 人物造形も殺人動機も手段もややチープだが、そんなことはどうでもいいのだろう。バッハの持つパズル性をちらりと匂わせ、古美術の紙一重な魅力をちりばめる。そして何よりもひたすら嬉しそうに展開するチェスゲームに、門外漢の私も思わずチェスボードを買いに走ってしまった。


 蛇足おすすめ。
 チェスゲームが好きな人には:ナボコフ『ディフェンス』
 絵画修復師の話が読みたい人には:篠田節子『贋作師』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

チェス

2003/02/03 12:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ageha - この投稿者のレビュー一覧を見る

本をパラパラめくってみるとチェスの図が見える。チェスに興味を持っている私は買った。買って二年目ようやく読み始めた。人間関係の交差・チェスの交差・過去の交差、1枚の絵はすべての謎であり答えでもある。たった1枚によって振りまわされるまさに呪画だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

めくるめく展開に目がくらみます

2009/11/10 21:28

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 絵画の修復家のフリアが依頼された、15世紀の絵には「誰が騎士を殺したか?」という文字が隠されていた。
 最初、その絵の謎を探る話が、現実に殺人事件が起こり、巻き込まれていくのだけど、15世紀の殺人がリアルなのか、現代がリアルなのか、混沌としてくる。両方の時間軸に、チェスの試合が深く関わってくるからなのだろうけど、これがすごく効果をあげていると思う。ただ、難解ですがね(苦笑) 
 読むのに、エラク時間がかかったけど、面白かったことは面白かった。が、次作を読むかというと……。にしても、近頃見ない字のびっしり詰まりようでした(ばく)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/04/29 14:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/10 21:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/17 10:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る