サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. コンピュータ・IT・情報科学
  4. ロボットの情報学 2050年ワールドカップ、人間に勝つ!?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ロボットの情報学 2050年ワールドカップ、人間に勝つ!?
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.5
  • 出版社: NTT出版
  • サイズ:19cm/157p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7571-0048-5
  • 国内送料無料

紙の本

ロボットの情報学 2050年ワールドカップ、人間に勝つ!?

著者 松原 仁 (著),竹内 郁雄 (著),沼田 寛 (著)

ロボットにサッカーをさせようというロボカップについて、さまざまな面から論じた書。人間のサッカーあるいは究極の(神がプレイする)サッカーという視点からロボットやコンピュータ...

もっと見る

ロボットの情報学 2050年ワールドカップ、人間に勝つ!?

1,944(税込)

ポイント :18pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ロボットにサッカーをさせようというロボカップについて、さまざまな面から論じた書。人間のサッカーあるいは究極の(神がプレイする)サッカーという視点からロボットやコンピューターを解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松原 仁

略歴
〈松原〉1959年生まれ。東京大学大学院博士課程修了。はこだて未来大学システム情報科学部教授。
〈竹内〉1946年生まれ。東京大学大学院修士課程修了。電気通信大学情報工学科教授。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

現場の熱気が伝わってくるような一冊

2001/07/22 13:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:東方綾 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロボットにサッカーをさせるというロボカップを、発足の経緯や現状から、今後の夢までをわかりやすく解説したのが本書である。3人の著者は、プロジェクトに初期から関わってきて実機リーグに参加する研究者、シミュレーション・リーグに参加する研究者、そして外側からロボカップに興味を持った人間というそれぞれの立場から、それぞれのロボカップについて語っている。
 各ページの下についている連続した写真を見ると、現在の時点では、実機リーグのロボットはサッカーというよりおしくらまんじゅうをしているようだし、シミュレーション・リーグは画面上で点が動いているのが見えるだけのようだ。しかし、試合に勝とうとすることで、ロボットと人工知能の研究がより進んでいくのは間違いないだろう。2050年になったとき、人間と同じようにサッカーを戦うことのできるロボットが、きっとできているにちがいないだろうと想像させられた。私はロボカップとロボコンの違いもわからないくらいだったが、そんな私にも実際に関わっている人々の熱気が伝わってくるような一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

竹内の考察が圧巻

2002/08/23 19:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:瀬名秀明 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ロボカップの中でもいまひとつ地味な印象のシミュレーション・リーグについて、各著者がそれぞれの立場から解説した好著。松原がロボカップ運営委員の立場から手際よく全体を概説し、沼田がジャーナリスト的に思いを巡らす。面白いのは実際にチームを結成して好成績を上げている竹内の文章。「サッカー競技には協調作業が必要である」というロボカップの大前提を根本から問い直し、考察を深めてゆくあたりは圧巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

情報工学・自動制御・ロボット ランキング

情報工学・自動制御・ロボットのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む