サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 暗闇の教室 1 百物語の夜

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

暗闇の教室 1 百物語の夜(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.12
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/457p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030684-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

暗闇の教室 1 百物語の夜 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 折原 一 (著)

暗闇の教室 1 百物語の夜 (ハヤカワ文庫 JA)

756(税込)

暗闇の教室 1

648 (税込)

暗闇の教室 1

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

アッと驚くミステリをお探しの方に

2005/07/19 12:57

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日照り続きでダムが干上がり、そこから姿を現した水没した中学校の校舎。近くに住む中学生は、肝試しの百物語をおこなうためにその廃校と向かう。最後の一本のロウソクが消えたとき、そこに現れたものは・・・。ホラー色の強いミステリです。
文庫では2冊に分かれていて、1の『百物語の夜』では中学生がおこなう百物語とそこで起こる恐怖の事件が、2の『悪夢、ふたたび』では、20年後、日照りで再び姿を現した廃校に集まった当事者に、またしても襲い掛かる恐怖が描かれています。
『沈黙の教室』に続くシリーズの2作目、『沈黙』の登場人物も顔をみせますが、これ一作で十分に楽しめる内容になっています。
語り手が次々と目まぐるしく入れ替わり、そこに百物語の怪談も加わって、さらには過激派の女闘士や連続婦女暴行魔まで入り混じり、どんどん錯綜していきます。それが読み進むにしたがって真相が少しずつ少しずつ見え始め、最後に一つにまとまっていく快感といったら!もう言葉では言い表せません、ぜひ読んで快感を感じてください。
アッと驚くミステリがないか探している方、本書をお試しあれ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/21 23:12

投稿元:ブクログ

この作品は「沈黙の密室」に続く作品になっています。とにかく大作です。今年読んだ中では「模倣犯」に続く長さです。最初は怖さを感じなかったのですけど、次第に怖さが増してくる感じでした。推理小説と言うよりもホラー小説のつもりで・・・2002.7.20

2002/05/06 16:30

投稿元:ブクログ

猛暑で干上がったダムの底から現れた緑山中学校旧校舎。長い間、水底に沈んでいたにも拘わらず未だその姿を留めている校舎内で悪童4人は「百物語」を始めた。
台風が近づく中、2人の生徒と共に桂木真知子を見舞いに行った高倉千春。連続殺人鬼・浦田清。過激派の那珂川映子。そしてスパルタ教師の片岡雄三郎。彼らは導かれるように緑山中学旧校舎へと集結する……が。


あたしの頭が悪い所為か、イマイチ物語の全体像が掴みにくい。折原作品なので、独特のマジックが使ってあるのは解るのだが、どこまでが現実でどこまでが過去で……というのが物凄くわかりづらい。従って、最後のドンデン返しが今ひとつピンと来なかった。
これは“?悪夢、ふたたび”という作品に繋がっているので、これを読めばもう少し解明するかしら?

2009/08/25 21:27

投稿元:ブクログ

日照りに見舞われ干上がったダム底から、
緑山小学校の旧校舎が姿を現した。
そこで『百物語』しようと出掛けた悪童達が呼び覚ました
とんでもない怪物とは!?


恐かったです。
ダークホラーサスペンス第二弾ということですが、
第一弾の『沈黙の教室』を読まずに読みました。
特に問題はナイとは思うんですが・・・

嵐の夜に旧校舎に閉じ込められ、
自分たち4人だけのはずが、たまに感じられる他人の気配。
人が居るのか居ないのか、いつまでも分からないトコロが本当に恐かったです。

2010/06/27 22:18

投稿元:ブクログ

 猛暑で渇水し、ダム底から廃校が現れる。
 そこにもぐりこんだ子供たちは、百物語を始める。
 子供たちと、連続殺人鬼、過激派の女、スパルタ教師と、思わぬ人物が入り乱れ狂気の夜はふけていく。

 うむ。
 ジュブナイルだね、って感じです。
 でも、怖がらせたいのは、そうじゃないのか、その半端かげんがむしろ怖い。
 
 と、語り手が次々かわっていきながら、でも前の話を引き継いでいく手法はすごく面白かった。

 …ってこれは「沈黙の教室」の続編なんですよ。
 うーん。
 もうちょっとわかりやすく書いててほしいんですけど、某BK1ww

 つか。この「暗闇の教室」は、2もあって…って状況が余計わかりにくくしててるんだよね。
 なんか、不親切だよなぁ。

2011/08/06 17:31

投稿元:ブクログ

連続殺人鬼大久保清と連合赤軍事件の永田などを彷彿とさせる人物が登場。それを知って読むと面白さが倍増かな。章立てが100に分かれて、百物語を意識しているところがグッド。サスペンスフルなストーリー、満足。

2015/12/27 20:16

投稿元:ブクログ

読んだような、読んでないような・・・
秀才がアレだってことが昔の衝撃だったけど・・・
今回そのばらしがどこにもなかったよな・・・
最初のダムに降りていくシーンも前回読んだときなかったような。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む