サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0223)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

巴里製皮膚菓子
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.1
  • 出版社: 幻冬舎
  • サイズ:22cm/159p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-00147-8
  • 国内送料無料

紙の本

巴里製皮膚菓子

著者 小林 丸人 (撮影),山田 詠美 (著)

あなたの眼差しの届く所で、私は、いつでも、二つの死を夢想する。愛する者の死、そして愛される者の死…。穏やかな宵に響く貴金属たちの触れ合い。その高貴な腐蝕を描いた16篇の写...

もっと見る

巴里製皮膚菓子

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年2月17日(金)~2017年2月23日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

あなたの眼差しの届く所で、私は、いつでも、二つの死を夢想する。愛する者の死、そして愛される者の死…。穏やかな宵に響く貴金属たちの触れ合い。その高貴な腐蝕を描いた16篇の写真小説集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

小林 丸人

略歴
〈小林〉1958年宮城県生まれ。中央大学法学部卒業。パリのスコラ・カントラム音楽院パイプオルガン科を卒業し、ユーファム国際オルガンコンクールで2位受賞。一方、写真を独学で始める。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ギリシア彫刻のように美しい男の身体。小林丸人の写真と、山田詠美の文体がエロティックな世界へ誘う。

2002/02/18 22:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:挾本佳代 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ちょっと普通の写真集ではないことに驚かされる。まず、被写体はフランス人の男性ばかり。そのフランス人一人一人の顔や名前や容姿からイメージされるオーラを山田詠美がくみ取って書いた、ちょっとした小説も載っている。そして、そのどれも美しいフランス人男性を撮った写真家もまた、男性である。
 男性が男性の身体を「美しい」と思うその気持ちと、女性が男性のそれを「美しい」と思う気持ちは少なからず違うのだろう、とこれまで思ってきた。しかし、本書の写真家・小林丸人さんが巻末に寄せているように、ギリシア神話の神々の美しさをもった男たちは存在する。確かに。この写真集をながめていて、そう思った。それほどこの写真集に収録されている男性の視線は痛いほど厳しく、皮膚はなめらかで、姿全体からはエロティックな雰囲気さえ漂わせている。タイトルにあるように、彼らはみな、ちょっとはかない巴里製の皮膚から作られた菓子であるかのようだ。「ああ、美しいなあ」と思わず口からもれてしまうほどだった。だから、男性である小林丸人さんと私の「美しさ」の基準はそう変わらないのだろう。もしかしたら「美しい」という観念さえも。多分、女性である山田詠美さんも、だ。
 本当に「美しいもの」は、それを見る人が男であろうが女であろうが一切関係なく、その目を惹きつける。対象から人間が本来的にもっている野性味すれすれの部分が匂ってくるや、見ている者と見られている者は感覚的に境がなくなるのではないだろうか。というのも、見ている者は、自分の中にも確かにある野性味のかけらに驚かされるからだ。これはもちろん、筋骨隆々の肉体だけがもつ荒々しい野性味のことをいっているのではない。それは、遺伝子で受け継がれてきた生命力の強さとでもいうべきものだ。巴里製皮膚菓子は、一見ほろほろと崩れてしまいそうな人工的なはかなさを漂わせながらも、本来的な強さを備えて、私たちに挑戦してくる。
 本書に収録された、グザヴィエやアレッサンドロやセドリックを、そんな野性味から眺めながら、自分の野性味と比べてみるのはどうだろうか。 (bk1ブックナビゲーター:挾本佳代/法政大学兼任講師 2002.02.19)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/12 14:23

投稿元:ブクログ

山田詠美の新刊は、しばらく読めないのかと思ったら
無性に何でもいいから、彼女の書いた文章を読みたくなった。
そして、見つけたのが今回の写真集。
小林丸人の写真に、山田詠美が短い文章をつけているというもの。
やっぱり彼女の文章は独特なんだよな~。
短い文章だけど、楽しめました。
写真のほうは、あんまり趣味じゃなかった。

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む