サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

シュルレアリスムとは何か(ちくま学芸文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.3
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくま学芸文庫
  • サイズ:15cm/297p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-08678-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)

著者 巌谷 国士 (著)

シュルレアリスムとは何か (ちくま学芸文庫)

1,296(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

シュルレアリスムに人があこがれる理由が見えて来た気がする

2011/07/17 06:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yukkiebeer - この投稿者のレビュー一覧を見る


 1993年から94年にかけて著者が都内でおこなった3回の講演が96年にまとめられ、それをさらに2002年に文庫化した一冊です。
 もともと本にする予定がなかった講演で、著者自身が「即興」と形容する語りがもとになっているため、話は思いつくままといった趣でかなり自在に横へそれることもあるように思います。
 それでも私は幾度も頷きながら頁を繰りました。

 著者はシュルレアリスムを、現実に内在した「超現実」=「現実を超えているというよりも現実の度合いを増したもの」と捉えるべきだといいます。
 世間一般が考えるような、「芸術家の主観による自由な表象を描くもの」というイメージとはむしろ正反対のものであることを、著者はブルトンの自動記述実験の様子を引き合いに出して分かりやすく説明していきます。「現実と超現実の連続性」とうのがシュルレアリスムの基本であるという点がまず目を引きます。

 著者はさらに話を「メルヘン」そして「ユートピア」へと進めます。
 メルヘンもまたこの現実世界と隔絶したものではなく、ときに重なり、ときにつながるものであること。それは「童話」という近代の発明品とも異なるし、ましてや運命と闘う自我を見つめる「近代小説」からは遠いところにあるものであるとするくだりは、一読二読ではなかなか理解が及ばないもどかしさもありましたが、次のユートピアの章に至ると著者の言わんとするところがより鮮明に見えてくる思いがします。

 そのユートピアとは、日本人がとらえがちの「桃源郷」とか「楽園」といった自然あふれる世界ではなく、ヨーロッパのそれは法が整備された理想都市のようなものを指し、プラトンのイデアの世界が構想されるというのです。しかしそのように考えられるユートピアは、決して人間が豊かに暮らせる場所ではなく、むしろ「個性」が欠如し、人間が機能に還元される世界が広がることになるというのです。
 まさにそれは現代の日本社会の姿です。
 であるならば、ユートピアとは本当に<理想の世界>なのか。

 著者が最後に語るのは、だからこそ、闇や無秩序、迷路や非合理性といったシュルレアリスムの世界の感覚を復活させるべきではないかということです。

 シュルレアリスムに対して自分が持っていた捉え方に一石を投じてくれる、大変示唆に富んだ一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/11 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/17 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/14 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/25 23:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/19 15:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/10 11:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/21 23:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/11 14:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/07 21:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/22 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/04 19:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/25 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/15 03:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ちくま学芸文庫 ランキング

ちくま学芸文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む