サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なつのロケット(ジェッツコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2001.8
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: ジェッツコミックス
  • サイズ:21cm/139p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-13279-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

なつのロケット (Jets comics)

著者 あさり よしとお (著)

なつのロケット (Jets comics)

700(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

なつのロケット

700 (税込)

なつのロケット

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ぜひとも映画化を!

2001/07/28 00:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浅倉卓司 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 SFとしてもジュブナイルとしても、非常に良く出来た作品。あさり先生らしく「学研の科学」で連載して、全国の小学生によんで欲しかった、とつくづく思いました。

 物語は北山くんの葛藤を軸に進むのだけど、彼の性格が良くも悪くもまさに「成績の良い理系のガキ」そのもので、いわゆる理系の人間なら間違いなく感情移入してしまうでしょう。

 また、対立する三浦くんの悲壮感と、はっきりとは描かれない彼のラストは、それ故にこの作品を心に残るものにしてくれました(特に「100g」の中身はとても気になります)。

 子供の頃に宇宙に憧れたことのある人なら、一度は読んでみることをお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんか感動しちゃいました

2001/08/04 16:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:バイシクル和尚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 慕っていた型破り教師の退職をきっかけに、少年達は先生の「教育」を肯定するために、また自分達の「可能性」を肯定するために世間をアッといわせることを計画する。それがロケットだった。
 あさりよしとおの守備範囲である科学をテーマとした作品だが非常にすっきりと纏まっていたのは意外であった。持ち味であるハイレベルなブラックユーモアはほとんど無く他の作品とは全く異なった、いわゆるストーリーマンガとして完成している。こんなのも描けるんだなあというのが率直な感想。「カールビンソン」のノリも好きだがそのノリを排除したこういうのも、またいい。同じ科学を扱うマンガでも学習向けの「まんがサイエンス」、背理的で無責任な「はいぱああかでみっくらぼ」、そしてこの「なつのロケット」やはりあさりよしとおはスゴイ。
 学習マンガと有害図書、両方描けるのはこの人ぐらいなもんだろうなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どこかでみたような

2001/08/07 11:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ない - この投稿者のレビュー一覧を見る

 タイトルからして「夏のロケット」のイタダキである(これもブラッドベリのパクりなのだけど)。内容も「ロケットボーイズ」の焼き直しである。これはこれで面白いけれど、本家のほうがずっと素晴らしいので、気に入った人はそちらも読んでください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今、真上——

2001/08/29 22:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:讃岐P太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 簡単にいってしまえば、「小学生たちが夏休みにロケットを作ってしまいました」……というお話。
 しかし、ロケットといってもただ飛ぶだけのロケットではありません。あさり先生のこだわりでしょうか? 軽量であるとは言え、三段式の液体燃料ロケットであり、三段目のペイロードに積まれたモノが、遠地点 1500キロ、近地点350キロの楕円軌道の人工衛星となるのです !!

 これは、「宇宙」に強いあこがれ抱いている人たちには、ぜひ読んでもらいたい作品です。

 ロケットエンジニア野田篤司さんの考証も、当然のごとくリアルな設定です。あとがきに筆を寄せているのは、野田さん、あさりセンセに加え、小説「夏のロケット」の作者川端裕人先生。

 この三人の解説が三者三様でありながら、大空を越えた宇宙空間への強いあこがれを感じさせます。初めて読んだときは、物語よりも三人のあとがきの方に感動してしまいました。

 作品自体、あさり先生のコンセプト通り90分程度の邦画作品っぽい雰囲気に仕上がっています。ただ、僕からするとよくも悪くも邦画テイストが強く、やるせない感じが全体を覆っていて、ちょっとじめじめとした感じ。
 でもその反面、余韻の残るいい作品になっています。

 この本を読んで、将来宇宙開発に携わろうという子供たちがでてくれるとうれしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

今、真上——

2002/10/17 17:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:讃岐P太 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 簡単にいってしまえば、「小学生たちが夏休みにロケットを作ってしまいました」……というお話。
 しかし、ロケットといってもただ飛ぶだけのロケットではありません。あさり先生のこだわりでしょうか? 軽量であるとは言え、三段式の液体燃料ロケットであり、三段目のペイロードに積まれたモノが、遠地点 1500キロ、近地点350キロの楕円軌道の人工衛星となるのです !!

 これは、「宇宙」に強いあこがれ抱いている人たちには、ぜひ読んでもらいたい作品です。

 ロケットエンジニア野田篤司さんの考証も、当然のごとくリアルな設定です。あとがきに筆を寄せているのは、野田さん、あさりセンセに加え、小説「夏のロケット」の作者川端裕人先生。

 この三人の解説が三者三様でありながら、大空を越えた宇宙空間への強いあこがれを感じさせます。初めて読んだときは、物語よりも三人のあとがきの方に感動してしまいました。

 作品自体、あさり先生のコンセプト通り90分程度の邦画作品っぽい雰囲気に仕上がっています。ただ、僕からするとよくも悪くも邦画テイストが強く、やるせない感じが全体を覆っていて、ちょっとじめじめとした感じ。
 でもその反面、余韻の残るいい作品になっています。

 この本を読んで、将来宇宙開発に携わろうという子供たちがでてくれるとうれしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/18 14:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/09/22 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/11/10 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/09 17:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/26 21:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/03 17:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/14 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/18 01:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/28 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/25 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む