サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

ほしい本登録で100ポイントキャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 小さな会社★儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略 For beginner

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

小さな会社★儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略 For beginner
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2002.11
  • 出版社: フォレスト出版
  • サイズ:19cm/265p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89451-138-X
  • 国内送料無料

紙の本

小さな会社★儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略 For beginner

著者 竹田 陽一 (著),栢野 克己 (著)

「この基本さえ知っていれば倒産することもなかったのに」「この原則さえ守ればもっと成功したのに」 そんな悔しさを味わうことなく成功する秘訣とは? 豊富な経験をもとに、実戦に...

もっと見る

小さな会社★儲けのルール ランチェスター経営7つの成功戦略 For beginner

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「この基本さえ知っていれば倒産することもなかったのに」「この原則さえ守ればもっと成功したのに」 そんな悔しさを味わうことなく成功する秘訣とは? 豊富な経験をもとに、実戦に即して解説する「成功の虎の巻」。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

竹田 陽一

略歴
〈竹田〉福岡県生まれ。中小企業コンサルタント。ランチェスター経営(株)代表。
〈栢野〉福岡県生まれ。零細企業コンサルタント。(株)インタークロス/九州アドベンチャー大学代表。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

起業するなら、「会社の創り方」の本と一緒に読んで欲しい。

2003/04/02 10:28

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 統計的に言えば、日本人の大人の8.5人に1人は社長。個人事業主・個人商店も含めてこの数字。しかも、2003年2月から開業時の資本金が5年間優遇されることになり、たとえ1円しかなくても株式会社を作れる時代になっています。しかし、そのうち4割は1年以内に廃業し、10年後残っているのは2割弱。日本企業の8割は赤字企業。会社を作るのは簡単だ。しかし、続けるのは難しい…。

 というわけで、「小さな会社」向けの儲けのルールを、ランチェスター戦略を元に組みたてたのが本書です。「小さな会社」とは、従業員規模が99人までの会社。これがなんと日本国内の会社の99%にあたるといいます。知ってました? ちなみに従業員1万人以上の会社は約100社とのこと。消費の冷え込み・デフレが言われて久しいですが、その消費者の99%は「小さな会社」で給料を得ているわけです。まさに日本経済を支えているのは「小さな会社」です。

 内容は実際の事例から導き出した法則が読みやすくわかりやすく書かれています。それもそのはず。著者は倒産取材を1600件、経営相談を1000件経験した結果、「これだけがわかっていれば、倒産せずにすんだのに…」というケースが9割だったそうです。そのポイントを解説したのが本書なのです。

 目指せ! 小さなナンバーワン!

 これがこの本のテーマです。がんばれ社長!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後継者にもおすすめ!

2010/05/17 22:58

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まっくす - この投稿者のレビュー一覧を見る

経営の本として実践的で非常に役に立つと感じる。
経営の基本を勉強しようとする
経営者、起業家、後継者、
にお薦めである。
竹田先生の実際の講演もとても面白いので
一度話を聞きに行く価値あり!
「とにかく1位をとれ」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

零細業者の救いの本

2003/01/24 18:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:米屋 - この投稿者のレビュー一覧を見る

小さな会社とも呼べないような、小さな田舎の店を何とかやっていますけど、
この本のいろんな事例の中には、自分の身の丈にあった戦法が必ずあります。
ただの小手先だけの話ではなく、力になる本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな会社★儲けのルール

2003/01/05 15:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:菱山@ライフィール - この投稿者のレビュー一覧を見る

●すっごい本です。どろどろの人生が詰まってます。成功事例の社長も継続してドロドロ状態が続く中、自らの軌跡を惜しげもなく公開しています。凡人は、この基本法則をせっかく教えてもらっても継続できない。これは凡人である私の課題でもあります。
●わたしも、まずトイレ掃除(素手で)から、この道に入ります。5歳になる息子とともにトイレ掃除から始めます。この本がどんな内容なのか不安になりましたか。
●お客様に近づくには、心の持ちようこそが大事だと読み終わって気づかせてくれる伝道書です。迷うものよ、来たれ。熱いハートに溶けてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ガタガタ言わずに読みなさい!

2002/12/03 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:坂之上 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 目からうろこですね。大企業の戦略事例をみても、我々零細企業は正直まねできません。この本のように、明日からでも実践でき、資金があまりかからない戦略は、我々にとって、とても重要です。ランチェスター経営戦略を採用しているから、この不景気でも福岡の企業は元気があるのかな?と思いますが、その辺はいかがでしょうか?
私も今日から、この戦略を利用してバリバリやっていこうと思います。

久しぶりに元気の出る!本を読みました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

経営に王道あり!独立に王道あり!

2002/11/29 02:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トスレォフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

こういう本にもっと早く出会いたかったですよ。自分自身がやりたかったことを追求して「念ずれば…」だけでは儲からず店をたたんで終わりでした。この本の通り、きちんとルールを勉強してから開業すべきでした。まずはお客を作ることを会社に勤務しながらもNO.1になるくらいに頑張ってないとダメですね。でも、身近に的確なアドバイスをするような人はいないものでしょうか。前の診断士も税理士も結果しか見てくれなかった。結局は自身の能力を高めることが大切だと分かりました。本にあるように天職探しに出直します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

起業家入門のバイブル

2002/11/27 18:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もう少しで起業か? - この投稿者のレビュー一覧を見る

今朝、買い求めて一気に読んでしまいました。最近のフォレスト出版の本は全て買い揃えてますが、どれも読み終わって少しダラダラ感がありました。でも、これは違いますね。成功例を含め、マーカーを引いてばかりです。具体的な会社名・社長名もありますので、よく調べていると感心させられます。今、私は独立開業を考え資金集め中ですが、知識も集めないといけないことがつくづく教えられました。知り合いの税理士さんやコンサルタントさんに起業について相談したことがありますが、難しい手続き関係の話ばかりでした。お金よりも勉強あるのみですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

たしかにM.B.A.コースでは「ランチェスター戦略」については、ただの1回も耳にしたことがない。

2010/05/21 16:19

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サトケン - この投稿者のレビュー一覧を見る

 私は米国の大学でM.B.A.を取得したが、たしかにM.B.A.コースでは「ランチェスター戦略」については、ただの1回も耳にしたことがない。ランチェスターの名前をはじめて耳にしたのは、日本のとある中小企業の経営者からであった。

 本書でも指摘されているように、日本と米国ではそもそも地理的条件がまったく異なることもその理由の一つであろう。
 日本は人口密度の低い大陸国家米国とは根本的に異なり、「小地域」が無数にある。こういった「小地域」に焦点をあわせて、「弱者の戦略」ランチェスターで「一点集中突破」すれば、地域一番店も夢じゃない。ただし、この公式を忘れてはならない。人生=素質×時間の2乗+過去の実績。そう、人の2乗倍働かねばならないのだ。

 本書でも触れられているが、弱者の戦略とは「ブルーオーシャン」市場を発見することだ。血まみれの海である「レッドーオーシャン」ではなく「ブルーオーシャン」。その方法論を詳細に説いたランチェスター戦略入門書として、あらためてイチオシする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これから起業する人にとっては、バイブル的な本です。ぜひ読んでください。

2009/01/24 22:18

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

これから起業する人にとっては、バイブル的な本です。ぜひ読んでください。

著者は中小企業コンサルタントの竹田陽一さんと零細企業コンサルタントの栢野克己さん。

ランチェスター経営のすすめを説いています。

中小企業は、大企業などと比べて資本力、人材などの経営資源が乏しいのは周知の事実です。その経営資源が乏しい弱者である中小企業が、生き残るためには弱者の戦略をとるしかないのです。

勝つためには、勝つ場所で勝つものを販売し、勝つように売らなければなりません。

よく新規開業の相談を受けることがあるのですが、とかく夢を見がちな方が多いです。

夢を見るのは良いことですが、どうやって勝つのかをまず考えてから起業しなければ結果は火を見るより明らかです。

現代のビジネスは、ますます専門化、高度化しており、同業他社とおなじような商売をしていたら負けてしまいます。

本書の最初に書かれています。

「「社長」にはだれでもなれる。」

そうです。明日からでも社長を名乗ることはできるのです。

しかし、事業を成功させるのは至難の業です。10年生き残る企業は全体の2割だけという統計結果もあるくらいです。

まず、商売の基礎を勉強しようとする姿勢が大切。そのために本書のような分かりやすく本質的なことを書いている本が不可欠です。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ランチェスターの法則。

2016/01/31 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FM - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わった感想としては、長時間労働をしろ!という事が頭に強く残ります。
わかっているのだが、これを長時間実践できる方はおられません。ですから、読んで良い本を読んだなぁ、と満足しているだけでは単なる机上の空論、時間の無駄にしかなりません。実践あるのみの本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

買ってもよい

2003/01/21 23:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:評判の本の評判 - この投稿者のレビュー一覧を見る

◆経営コンサルタントの著者らが、中小企業や零細企業のとるべき戦略を解説した本。
◆大企業は「強者の戦略」といわれる「広域間隔戦」が有利であり、小さな会社は、「弱者の戦略」といわれる「局所接近戦」が有利である。従って、中小零細企業は市場や商品を絞り込んで、一定の狭い分野の中での第1位をめざせというもの。
◆竹田陽一氏は、ランチェスター戦略の紹介者として有名なコンサルタントである。本文の間に、30件の成功事例が挿入してあり、楽しく読めるし、実践を考える上での参考になる。
◆中小企業経営者や営業部長にお勧め。これから開業しようとしている人にも良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者コメント

2003/01/13 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:インタークロス・ベンチャー大学・栢野/かやの - この投稿者のレビュー一覧を見る

「将来、独立を考えるあなた&世の99%を占める中小企業の方へ」

●どうも、こんにちは!今回共著者の栢野/カヤノです。ランチェスターの竹田陽一さんは東京商工リサーチ時代に営業成績で平均社員の7,7倍で日本一になり、倒産取材1600件、その他3500件の企業調査。独立後は12冊本も書き、累計で40万部を発行。講演回数は約4000回、独自開発の経営戦略の教材テープも約200巻で、中小企業の戦略コンサルタントでは日本有数の人です。特に競争の法則であるランチェスターの法則では第一人者で、セブンイレブン、タリーズ、HISなども、創業中小企業の頃はこのランチェスターの戦略を応用しています。

●書店の本や新聞や雑誌・テレビには、毎日様々な企業情報が流れています。しかし、その情報のほとんどは大企業。IBMがソニーがとか山ほど本がありますが、中小企業、特に従業員が100人以下の会社と、大企業のやり方は、商品選定から営業方法、組織の作り方まで違います。つまり経営には強者=大企業のやり方と弱者=中小企業のやり方の2通りがあるのですが、普段、大企業の情報に囲まれているので、本来は弱者なのに、大手のマネをして失敗する会社が後を絶ちません。大企業にいた人がことごとく失敗するのも、この原則を知らないからです。

●この本は独立考える人&創業間もない会社&従業員30人以下の会社が対象。事例も約30社でどれも無名な中小企業です。脱サラ3年で低迷していたが3年で3倍の売上になった不動産会社や、倒産寸前のリフォーム会社が劇的に業績を上げた事例。その他、成功する事業や商品の選び方、大手に勝つ地域戦略や営業戦略を、豊富な事例を交えて紹介してます。

●私、栢野は10年前に東京より福岡へUターンし、広告企画を経て独立。約10年間120回の起業家ビジネススクール「アドベンチャー大学」(詳細はキーワード検索)を開催し、約500人の起業家ケーススタディ研究とコンサルを実施。今回は私が竹田先生の話&弱者の戦略で成功した事例を紹介。下手な文章で申し訳ないですが、必ずあなたのお役に立ちます。不満の場合、無条件で私が返金します。

●起業成功ナビゲーター:(株)インタークロス 代表 栢野克己

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/06 14:38

投稿元:ブクログ

ランチェスターという人が考案したこの法則。ソフトバンク、H.I.S、マツモトキヨシ、セブンイレブン、タリーズなどが導入していたらしい。この本は面白かった。日本独特のエリア戦略などためになることが多かったように思う。

「人生の成功公式 人生=素質×労働時間(=努力)の2乗+過去の実績(y=ax^2+b)
つまり、成功は労働時間に比例するのである。」

2012/05/29 21:41

投稿元:ブクログ

儲け、って言葉が微妙だけど、10年前の本なのでスルー。ランチェスター戦略なるものを基準にして書かれている経営本。これから起業向けの本とも言えそうです。が、経営とは戦争であって、弱者がどうしたら勝てるかを指南しており、1度は読んで損はなし。フォレスト出版なので微妙か?と思っていたけど、満足しています。

2007/02/03 19:05

投稿元:ブクログ

個人事業や小企業向けの戦略であるランチェスター戦略を実践してきた著者の実践ルール。

ランチェスター戦略のサブタイトルはあるが、それに理屈付けらしい理屈付けはほとんどしていない。
著者の体験をつづっているため、読者に親近感を持たせている。

実際に参考になったのは、著者の意向に反して、最終章の"長時間労働が不可欠"のところか。
ここになって、具体的な数字があって目標にしやすかった。
人の3倍働くには、実際はその平方根の1.7倍程度でいいとか、第一人者になるには1万時間勉強しろとか。
やっぱり、まずは時間をかけるのが大事なんだろうなぁ。

マーケティング ランキング

マーケティングのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む