サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生 中学生
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/143p
  • 利用対象:小学生 中学生
  • ISBN:4-06-211904-8
  • 国内送料無料

紙の本

ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (シリーズ・子どもたちの未来のために)

著者 アレン・ネルソン (著)

多くの人を殺した元海軍兵が語る戦争の現実。軍隊の訓練とはどんなものか? 殺した敵の死体はどうするのか? 戦争のにおいや音は? ベトナム戦争の体験をもとに、「ほんとうの戦争...

もっと見る

ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」 (シリーズ・子どもたちの未来のために)

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ネルソンさん、あなたは人を殺しましたか? ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」」が含まれるセット商品

終戦70年 講談社特選 戦争と平和を考える本 12巻セット

終戦70年 講談社特選 戦争と平和を考える本 12巻セット

  • 税込価格:16,030148pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

多くの人を殺した元海軍兵が語る戦争の現実。軍隊の訓練とはどんなものか? 殺した敵の死体はどうするのか? 戦争のにおいや音は? ベトナム戦争の体験をもとに、「ほんとうの戦争」とは何かを伝える一冊。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アレン・ネルソン

略歴
〈アレン・ネルソン〉1947年ニューヨーク生まれ。海兵隊員としてベトナム戦争の前線で戦う。現在、日米両国で精力的に講演活動を行なっている。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

この本がアメリカで読まれている?

2004/09/23 13:13

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:テノール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 まだ沖縄が占領されていたころ、アメリカの海兵隊や、軍人が沖縄に住む日本人を、何をしても良い動物のように思っても許されていたこと。今も、あまり変わっていないのかもしれないかも…
 今イラクに行っているアメリカ兵や、アメリカに住んでいるアメリカ人に読んでほしい。きっとネルソンさんのように自分を解放できずに生きているベトナム戦帰還兵、生きられずに自殺した人々。多分、イラクから帰って来ることができた若者も同じなのではないだろうか? これから、アメリカから戦争に行く人が居る限り、昔のネルソンさんは増えるばかりだという気がする。ネルソンさんを抱きしめて涙してくれた子供たち。その気持ちを持ち続けて大人になり、アメリカを救えたら、今のアメリカとは少し違ったのでは…と思うが とにかく、この本を出版できたことは大変良かったと思う。多くの人々に読まれることを!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/03 17:55

投稿元:ブクログ

実際にベトナム戦争に参戦した元アメリカ黒人兵が、経験を赤裸々に語った書。
多少生々しい部分もあったが、
比較的簡単な文体で書かれていたこともあり、スラスラと且つ臨場感で以って読むことができました。

ただ、ページ稼ぎの為か改行が多く、
内容が豊富なものとは言えません。

2007/04/29 11:29

投稿元:ブクログ

人種問題のことや当時のアメリカの政治のこと、そして戦争のこと。こども向きであるがゆえに、とてもわかりやすくまっすぐにつたわってきた。

2007/05/30 19:35

投稿元:ブクログ

いや別に、著者名に惹かれたわけじゃないですよ。ページを捲るのが、何だろう…重いっていうか。本当に、戦争ってあったんだ。人間ってそこまで残酷に出来るんだ、と考えさせられました。

2010/06/15 11:19

投稿元:ブクログ

新兵としてベトナム戦争を体験した著者は
帰国後PTSDを発症して実家を追い出され、
ホームレスとして生活していたが
知人にその経験を子供たちに語るという仕事を紹介される。

その中で少女が発した一つの質問。
これがタイトルの質問です。

アフリカ系アメリカ人であることの差別と貧困、
脱却するためのあがき、
命令に疑問を抱かない殺人のためだけの教育、
ベトコンたちとの戦い、
一方的な殺戮、
その中で彼を変えた
(正確には一キリングマシーンになってしまった彼を人間に戻した)のは
掃討作戦中に出会った一つの奇跡的とも言える場面でした。

子供向けの本ですが一読の価値があります。
戦争を知らない私たちのために。

なぜ戦争はなくならないのか。
なぜ兵士に志願する人がいるのか。

ちなみにタイトルの質問ですが、
ネルソン氏の回答は長い葛藤の末での「YES」でしたが
実際本を読んだ感想では「YES」であり「NO」だと思います。

2012/11/17 18:00

投稿元:ブクログ

図書館でみかけて、ちょっと中身を確かめるつもりがそのまま最後まで読んでしまった。
ベトナム帰還兵が語る戦争の話。講演をまとめたのかな?

著者は十代のときに海兵隊に入ってベトナム戦争に行った。
ベトナムに送られる前にはしばらく返還前の沖縄基地にいた。
まだキング牧師が生きていたころの話。

2~3年前に見た海兵隊のドキュメンタリー映画を思い出した。
今世紀に撮られたもので、しかも部外者が入り込んで撮影できる範囲のものであったけれど、訓練風景はここに書かれているものと変わらない。
思考を奪い、人を殺せる人間を作る。

沖縄は米軍人にとっての遊園地のような場所だったと著者はいう。
しかし沖縄人にとっては屈辱的な場所だっただろうともいう。
新兵一人をつくるためにかかる値段を考えたら、米軍人がジャップに犯罪行為を働いたくらいで捕まえるなんてとんでもない。
これが全然「昔の話」じゃないなんて。
きっと、沖縄人に暴力をふるえないようなできそこないの兵士はベトナム人を殺せない。

その後、しばらくしてベトナムへ行って、人を殺す。
ベトナム人という生き物を殺すことに慣れて、そのあとベトナム人という人間に気がつく。

ベトナムの宣伝ビラに「今米国では自由のために黒人が闘っている。私たちも自由のために闘っているのだとわかってほしい」といったことが書かれていたとある。
それで『対日宣伝ビラが語る太平洋戦争』http://booklog.jp/users/melancholidea/archives/1/4642080643を思い出した。
日本も黒人兵に向けてお前ら鉄砲玉に使われてんぞ的なことを書いたビラを配ったけれど鼻で笑われた、みたいなことが書いてあった。
あれは日本の書き方が下手だっただけじゃなくて、心理的に認められないっていうのもあったのかもしれない。(黒人兵への調査結果じゃないから、実際にどう読んだのかはわからないけれど)

この人は命の重さに苦しんでいる。
それでも「村に子供と老人以外の男がいないのはベトコンだから」「村人が地雷原の情報を隠したので」といった言葉を普通に使う。
米兵に殺されないように隠れたとは考えないのかな。
イラクの米兵も「やつらは地雷の場所を知っている。でなければ畑で働けるはずがない」みたいなことを言っていた。
危なくたってそこで生活しているなら行くしかないのに。
考えないようにしているのか、思いつかないのか、たまたまこの本の中では触れられていないだけなのか。

アメリカにもどり、PTSDに悩まされてホームレスになっていた23歳のときに高校の同級生とばったり会って、教員になっていたその人に小学校で講演をしてくれと頼まれる。
そこで表題の質問をされ、「経験を語る」ということを始める。


著者は2009年に亡くなったそうだ。それまで日米で戦争の悲惨さを訴えていたらしい。
9.11のとき、星条旗を配られたけれど家に掲げなかった。
近所の人になぜと問われて理由を述べたら近所の人たちも星条旗を下してくれたという。
あ��空気の中でそれができる人はどんな人なんだろう。
この人が生きている間に知りたかった。名前は知ってたのに。

2008/05/20 16:41

投稿元:ブクログ

この本は子供にも読める文体で、難しい資料から見る戦争ではなく、人の生暖かい声が見えてくる。 この本の評価については、入りやすく、兵士の人生を解り易く捉えることができるという事。 

オススメしたい本が、ここの検索にはなかったので関連図書をここに記します。
1972年発行の『ベトナム戦争 サイゴン・ソウル・東京 』著:亀山 旭
この本は、日本人ジャーナリストがベトナム戦争終結直前に書いた本。
他の本と違うところは、まだ戦争が終わっていない時点での視点であること。終わった後に情報が氾濫し、また、かき集めることは容易ですが、リアルタイムでの戦争の結末をつづるというのは、少ないと思う。また『日本人』という視点からみる・関るベトナム戦争が書かれているのも注目のところ。戦争は、そのときだけで事ではない。前にも原因があり、後にも問題が積もるもので、平和をもたらすものでない。
薄い文庫本に期待をしてなかったけれど、この少しの紙束に、こんなに重い重要な事実が書かれているとは『本』とは、人間が作り出した凄い道具だと思った。
ページ数がすくないので、ちょっと読んで見たい方にもオススメです。

2008/12/11 11:55

投稿元:ブクログ

戦争と戦争映画の区別,私たちはそれができているだろうか。
市民が兵士になるシステム。戦争時の異常。
本当の戦争とは何か 考えさせられる一冊。
(図書館で借りて,一気に読みました。)

2016/11/01 22:47

投稿元:ブクログ

ベトナム帰還兵の話。
児童書の括りですが大人が読んでも響く本。
戦争について、やっぱり知らないで済ませず知る努力をすべきだ。

2009/10/14 18:15

投稿元:ブクログ

この本は小中学校の教科書に載せるべきだと思う。
ネルソンさんは海兵隊の訓練で殺人マシーンへと変貌し実際に戦場で
人間を殺すことに抵抗を感じなくなるが、とあることがきっかけで、
人間らしい感情を取り戻す。しかし帰国したあとある少女の言葉がきっかけでベトナムでの経験と戦場がいかに悲惨かを語ろうと決意する。
ネルソンさんの講演を実際に聞いたことがある。
実際に見たネルソンさんは、とても戦場で人を殺した人間には見えなかった。
しかし、彼はベトナムで実際に人を殺したのである。
この事実が自分にとってとても残酷に感じた。

2009/12/10 23:32

投稿元:ブクログ

副題は”ベトナム帰還兵が語る「ほんとうの戦争」”。「ほんとうの」というのは、この本を読んでみるとわかる。「戦争」と聞いても、多くの人は、そのほんとうの姿をイメージできないのではないだろうか。たとえば、今日の朝刊一面に「イラク交戦 172人死亡」と出ている。今までの私だったら、「なんてたくさんの人が...」とは思っただろうけど、今日は、そのひとりひとりのことが思われてしまった。

著者は、アフリカ系アメリカ人のベトナム帰還兵。知人に頼まれて、ベトナムでの経験を小学校で話した時に、ある女の子から、タイトルとなっている質問を受けた。その時の著者の思い、そして子どもたちの反応...読んでいて涙が出てきた。

涙が出てきたのはそこだけではない。これは「シリーズ 子どもたちの未来のために」の一冊で、子ども向けに易しい文で書かれているが、胸に響く話だ。ぜひ、多くの子ども達に、そして大人にも読んでほしい。

2012/08/28 21:28

投稿元:ブクログ

過酷な環境の中で、人間としての超えてはならない一線を越えてしまう人と超えない人、人間性の最後のひとかけらを失ってしまう人と失わない人。
この違いはなんなのだろうか。

2014/10/15 21:35

投稿元:ブクログ

[ 内容 ]
多くの人を殺した元海軍兵が語る戦争の現実軍隊の訓練とはどんなものか?
殺した敵の死体はどうするのか、戦場のにおいや音は? ベトナム戦争の体験をもとに、「ほんとうの戦争」とは何かを伝える一冊。

[ 目次 ]


[ 問題提起 ]


[ 結論 ]


[ コメント ]


[ 読了した日 ]

2016/12/03 23:19

投稿元:ブクログ

ベトナム戦争から帰ってきて、ホームレスになった元兵士の告白。
どんな理由をつけたところで、前線の兵士にとって戦争は人殺しでしかない。大義名分は国のものであって、兵士に残されるのは血まみれの両手と、自分が殺した相手の目や、歯や、血溜まりの映像だ。そういうものが平気な人もいるだろうが、平気ではいられない人も多いだろう。著者は後者だったから病み、ホームレスになった。そして、自分の経験を語り続ける。
著者は被害者ぶらない。自分や、自分たち兵士が、駐屯していた沖縄や、戦いに行ったベトナムで、現地人をどう見ていたか率直に語る。どのように「敵」を殺したかを語る。戦闘と虐殺は紙一重だ。それは栄光とは程遠い。
被害者にもなれないことが、帰ってきた兵隊の最大の悲劇なんだろうと思う。

冒頭、子供たちが著者に語りかける「あなたは人を殺しましたか?」 Yesと答えざるを得なかった著者にしがみついて、ある子がこう言う。「かわいそうなネルソンさん」
著者はこういう子供たちが「かわいそうな」大人にならないよう、自分の暗闇を語り続けるのだ。

日本の憲法第九条を知った著者は、「これだ」と思う。
日本の現状を知って、ネルソンさんはどう思うだろう?

2012/11/06 01:02

投稿元:ブクログ

二年前にネルソンさんに実際に会ってお話を聞いたことがある。

「少年マガジン」でもネルソンさんの話が漫画になっていたと思う。

ネルソンさんは、ベトナム戦争に参加した黒人の方。
アメリカの軍隊から人を殺すよう「洗脳」され、沖縄で訓練、ベトナムに赴く。
ベトナム人は「グークス」であり魂もない人間でない存在だと思っていた
そしてネルソン氏は実際に多くの人を殺す。
しかし、ベトナム人女性の出産に立ち会ったこと、最後に殺したベトナム人の家族の写真を見たことが、ネルソンさんを変える。

戦争は決してカッコいいものではないし、人間は人間でなくなってしまう。

「戦争はダメだ。平和を実現しよう」という聞きなれたスローガンよりも、遥かに説得力のある体験談。

思わず泣きそうになってしまった。

YA(ヤングアダルト)文学 ランキング

YA(ヤングアダルト)文学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む