サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 華麗なる一族 改版 上巻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

華麗なる一族 改版 上巻(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 136件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/657p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-110412-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

華麗なる一族 改版 上巻 (新潮文庫)

著者 山崎 豊子 (著)

華麗なる一族 改版 上巻 (新潮文庫)

961(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー136件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

華麗なる一族という皮肉

2017/01/26 19:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

この話は家長大介と妻寧子、愛人相子の妻妾同衾関係を軸に、先代敬介と寧子、長男鉄平との関係を疑う大介と鉄平の不和を取り扱った話である。たびたび鉄平が大介でなく先代に似ているという旨の記述が現れる。
またそれと並行して銀行再編、鉄平の経営する阪神特殊鋼の高炉建設、新たなる閨閥作りの話が進んでいく。それぞれに単なる経済戦争でなく、政治的なドロドロが関係していく。
大介のせいで一家の性格が捻じ曲がってしまっているところに華麗なる一族というタイトルが皮肉めいたものになっているよう感じる。そして鉄平が大介と不和になっていくようだが、そもそも一番の被害者はニヒルになった次男銀平と、銀平との政略結婚を強いられた万樹子だろう。そしてその加害者は大介は当然として彼のみならず、このような奇妙な状態を打開できないで指をくわえている寧子と、この状態を維持することにしている相子もだろう。
一方でこのような上流階級ではない一之瀬親子は愛情あふれた存在として描かれている。そのような一之瀬の四々彦に惹かれる二子は当然であろう。

全体的に銀行合併の話は面白く感じる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/01/13 07:04

投稿元:ブクログ

一緒にして悪いけど、仕事に対するプレッシャーだとかが、こんな人でも感じるんだなあ、なんて思って親近感が湧いた。あと、大から小への視点というか、支店の話も時々入ったりして、末端のところも描いてるところがいいな、なんか。でもこれ分厚いステーキみたいな小説で、とても三巻続けて読むきになれないなあ。

2008/03/02 23:13

投稿元:ブクログ

たつみが読んだのはこれぢゃなくって、上中下の三巻のものです。定価が¥600!両親が読んでいた当時の値段です。谷崎潤一郎好きのたつみは細雪を思い出しながら読んでいました。ちょっと特殊な読み方かも。苦笑。

2005/12/20 21:53

投稿元:ブクログ

山崎豊子の代表作のひとつですね。上巻は、鉄平の阪神特殊鋼が高炉建設に取りかかるまでの話。とにかく、万俵の家はこれでもかって言うほどどろどろです。

2007/03/28 15:47

投稿元:ブクログ

ドラマを見て買ってしまった(笑)原作は大介が主人公なのか。鉄平もドラマほどカッコいい役柄でもなかった。早く次を買わなければ。

2007/01/06 20:19

投稿元:ブクログ

世の中には、こういう世界もあるんだろうなぁ〜。って思ってしまった。華やかで美しい一族だけど、何だか、みんなかわいそう。。。 庶民で良かった(笑)

(中)(下)で、いったい何が起こるのやら・・・。

2009/05/18 21:02

投稿元:ブクログ

 ドラマを見てから、本を読みました。
ドラマと若干違うところもあり、それなりに楽しめました。
でも、ドラマ見ても思ったのですが、あまり華麗すぎても怖いなぁ…。平凡が一番!

2006/12/05 14:36

投稿元:ブクログ

事務所のSMAP&山本耕史ファンより借りる。
職場が霞ヶ関に近いせいか、昭和48年頃に発表されたとはいえ妙にリアリティーを感じる。
しかし…山本耕史の〈銀平〉は良いとして、キムタクの〈鉄平〉、柳葉の〈三雲〉はどういう風になるのだろう?とりあえずドラマ放映1回目ダケでも見てみる事にする。

2006/08/17 22:02

投稿元:ブクログ

どす黒い意味での、政治的なストーリーだと思います。最後まで負けない黒幕的悪役-清廉潔癖だが力を持たない善玉、の構造はよくありますが、善玉は悪玉に深手を負わすことができても勝つことはできない、というところが現実味を帯びていて恐ろしい。本当の現実派かすり傷一つ負わせられないんですけどね。自分が善玉だと思っていいるほど善玉ではなくて、所詮は小悪党である場合がほとんどですから。情けないなあ。

2007/01/17 23:46

投稿元:ブクログ

実は豪華なキャストだから、あまり期待していなかった作品、だったんだけどドラマみたら面白そうだったのでいつかこの小説も読んでみたいです、原作に忠実なのかな?ドラマ

2008/11/03 20:00

投稿元:ブクログ

テレビで放映していたキャスティングを頭の中に思い描きながら読んでいるのですが、鉄平が男性ホルモン旺盛すぎて、キムタクとのギャップに戸惑います。

2006/01/01 21:32

投稿元:ブクログ

白い巨塔バリのドロドロさがすごかった。。。
山崎豊子さんの作品はホントに取材力の賜物だと思う。社会派小説の金字塔ですねー

2007/02/06 13:11

投稿元:ブクログ

ドラマを見始めて、どうしても気になることがあったので、原作を読み始めました。

気が付いたら時間が経つような、読み応えのある作品です。

2007/01/31 21:40

投稿元:ブクログ

山崎豊子ワールドにはまった感じです。全3巻一気に読みました。長編を長編作品と感じさせません。読み応えのある作品です。

2009/03/06 19:41

投稿元:ブクログ

上・中・下とあります。
さすが山崎豊子さん!っていう1冊でした。面白い!!
ドラマは見てないけど、見てみたくなりました!

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る