サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 人生のことは、小説が教えてくれた 二五作の名場面で読む人間の《幼年・青春・中年・晩年》

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

人生のことは、小説が教えてくれた 二五作の名場面で読む人間の《幼年・青春・中年・晩年》
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.7
  • 出版社: 中経出版
  • サイズ:19cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8061-2040-5
  • 国内送料無料

紙の本

人生のことは、小説が教えてくれた 二五作の名場面で読む人間の《幼年・青春・中年・晩年》

著者 高橋 敏夫 (著)

日本近代文学を中心とした25作品の名場面を「人間」の一生が鳥瞰できるように配置して紹介。それぞれの「名場面」から「子どもたちの感情体験」を、「それぞれの青春」を、「ねばり...

もっと見る

人生のことは、小説が教えてくれた 二五作の名場面で読む人間の《幼年・青春・中年・晩年》

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本近代文学を中心とした25作品の名場面を「人間」の一生が鳥瞰できるように配置して紹介。それぞれの「名場面」から「子どもたちの感情体験」を、「それぞれの青春」を、「ねばりづよく」を、「晩年の風景」を見つめる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

高橋 敏夫

略歴
〈高橋敏夫〉1952年生まれ。早稲田大学文学部を卒業後、日本近・現代文学、文学理論を同大学院にて研究。早稲田大学文学部教授、文芸評論家。著書に「ゴジラが来る夜」「理由なき殺人の物語」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

内容紹介

2004/07/26 15:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中経出版 - この投稿者のレビュー一覧を見る

日本近代文学の名作(25作品)の名場面をとりあげ、その読み方や背景、作品としての面白さと魅力を伝える。

【掲載ラインナップ】
新美南吉 「狐」
宮沢賢治 「銀河鉄道の夜」
岡本かの子 「鮨」
伊藤左千夫 「野菊の墓」
林芙美子 「風琴と魚の町」
大杉栄 「自叙伝」
夏目漱石 「こころ」
小川未明 「野薔薇」
江戸川乱歩 「屋根裏の散歩者」
井伏鱒二 「屋根の上のサワン」
梶井基次郎 「檸檬」
中里介山 「大菩薩峠」
中野重治 「村の家」
葉山嘉樹 「セメント樽の中の手紙」
佐多稲子 「くれない」
萩原朔太郎 「猫町」
上司小剣 「鱧の皮」
近松秋江 「黒髪」
徳田秋声 「死に親しむ」
松本清張 「或る『小倉日記』伝」
林芙美子 「浮雲」
岡本かの子 「老妓抄」
島崎藤村 「夜明け前」
芥川龍之介 「六の宮の姫君」
坂口安吾 「文学のふるさと」

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む