サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 花の魔法、白のドラゴン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

花の魔法、白のドラゴン
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 26件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.8
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:19cm/566p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-19-861901-8
  • 国内送料無料

紙の本

花の魔法、白のドラゴン

著者 ダイアナ・ウィン・ジョーンズ (作),田中 薫子 (訳),佐竹 美保 (絵)

「ブレスト」の宮廷付き魔法使いの娘ロディは、国中の魔法を司る「マーリン」が恐るべき陰謀を企てていることに気付く。一方、「地球」の英国に住む少年ニックは、ある日異世界に足を...

もっと見る

花の魔法、白のドラゴン

2,592(税込)

ポイント :24pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「ブレスト」の宮廷付き魔法使いの娘ロディは、国中の魔法を司る「マーリン」が恐るべき陰謀を企てていることに気付く。一方、「地球」の英国に住む少年ニックは、ある日異世界に足を踏み入れ、ロディを助けることに…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

略歴
〈ジョーンズ〉1934年イギリス生まれ。オックスフォード大学でトールキンに師事。英国を代表するファンタジー作家。作品に「魔法使いハウルと火の悪魔」(映画「ハウルの動く城」原作)等。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

*不思議でたくさんの世界観を味わえるファンタジー*

2006/04/04 18:01

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:クリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語は最初「え゛〜」で始まって、「え〜!!」でおわる驚きの連続ストーリーです。ロディとニックの二人をはじめとした《正義のChildren》が大人たちの陰謀を食い止めようと、ムチャクチャがんばっていくお話です。また、魅力的なのはロディの使う《花の魔法》です。あまりにも理想的な魔法なので、読んでいる私も使いたくなった程です。この物語にはDWJならではの独特の言葉がたくさん出てきます。
 それから、この物語にはイギリスの地方名や地図が載っているので、地理・歴史の勉強にもなる、まさに一石二鳥の物語です☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

花の魔法、白のドラゴン

2015/09/21 01:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

とてもおもしろかったです。物語の語り手が二人いて、それぞれの目線によって物事の見方が大きく変わるところが上手く表現されています。登場人物も多いのですが、この本を読み終わったころには、ひとりひとりの性格を語れるようになるぐらい、それぞれがはっきりとした性格を持っています。
また、この作品と同じ世界観で書かれた「バビロンまで何マイル」がありますが、どちらから読んでも十分に楽しめると思います。この本よりも少し大人向けですが、そちらもまた、すごくおもしろいので、読んでない方にお勧めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ダイアナ・ウィン・ジョーンズの最新作、長編ファンタジーがでましたよ!

2004/09/14 17:28

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エーミール - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この物語の主な舞台は、イギリスに似た異世界ブレストという国です。この国では、王は廷臣をつれて国中をまわる<巡り旅>というのを続けています。その廷臣の天気魔法使いを父に持つ女の子アリアンロード・ハイド通称ロディは、宮廷付「大地の魔法使い」の息子グランドを弟のように世話しています。そんなある日、ロディとグランドは、国の最高位の魔法使いであるマーリンが、グランドの母である大地の魔法使いシビルと共に恐ろしい陰謀を企てているのに気がつきます。けれども大人たちは信じてくれません。このあたりから、時空を超えて現代のイギリスから一人の少年ニックがあらわれます。少年は、夢を見ているのだと思うのですが、魔法の力は持っていて、ロディを助ける約束をします。このロディとニックが、それぞれなにかにひっぱられるようにあちこちへ移動し、わけもわからないうちに力をつけていって、ついには、その陰謀に立ち向かう大きな力となるのです。
 複雑なストーリーです。こうまでこみいったものにしなくてもいいのにと思うのですが、それがこの作者の持ち味でもあるわけで、よくこんがらがってしまわないなと感心するばかりです。最後にはいつもきれいにまとまって、わけがわかるようになっているのですから。ただ、登場人物の背景は、まだまだ広がりがあるので、続編のようなものが書かれる可能性が強いと思います。テーマからいえば、結局、いつも大人が権力欲と支配欲のために手段を選ばず動き始めることで、子ども達は迷惑をこうむるということです。これは、現実の世の中でもまったく同じで、魔法や時空を超えた異世界がでてくるものの、みっともない大人の姿はまさにこうだなと思います。現実にいそうな人物が沢山出てきて、作者の観察眼の鋭さも感じますし、いろいろな人を思い浮かべて、笑ってしまったりします。
 そんな風に、楽しめる作品です。

(エーミール<図書館の学校・児童書選書委員会>)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/06/03 23:10

投稿元:ブクログ

面白かったよ!この著者の作品で一番好きかも。でもニック側だけね(限定)ブログに長い感想文があります。

2004/10/31 20:29

投稿元:ブクログ

ジョーンズの最新作。
白のドラゴンって題名の割にはドラゴンがあまり活躍しないのが残念。主人公は黒い巻毛の女の子アリアンロード・ハイド。偶然覗いてしまった陰謀の渦に巻き込まれる。膨大な量の花の魔法は受け継いじゃうし、大人は誰も信じてくれないし、どうしたらいいの?もう一人の主人公ニックは行きたいと思った別の世界に突然送り込まれたはいいが、行く先々で大きな問題が?そんな二人が出会って物語は更にてんやわんやに!
トーテム獣は「黄金の羅針盤」のダイモンを彷彿とさせますね。
サラマンダーと、女子学生みたいにもじもじする象のミニがお気に入り。

2004/11/03 22:25

投稿元:ブクログ

10月最初ぐらい読んでいたのに11月最初の一冊なるって・・・ でもやっぱりダイアナ作品最初の一山を越えると凄く面白いです。(この一山を今回は超えるのに時間がかかったわけで/苦笑)
今回の話で一番頑張っているのはヘルガだと思いますよ! マジドの大切なダリアを駄目にしようが、白い悪魔とよばれようが彼女がいなければ話は解決の方向に進まなかったわけで・・・! そしてマジド! 専門職!! 治めの貴婦人よりも色々なところに行けれそうで楽しそうだよ。マーリン等の宮廷付き魔法使いというのもかっこ良いですが結局は王様だしなぁ。彼ら彼女の将来が楽しみですね! 皆専門職についてたら良いなぁ。そして将来気になるなぁ
佐竹さんの絵のサラマンダー可愛いすぎですよ。欲しい。(04-11-02)

2004/11/13 19:29

投稿元:ブクログ

木村さん声優映画「ハウルの動く城」公開記念第三弾。
これぞファンタジー!といった感じの、長さと登場人物の多さと、そして魔法の多様さ。
やっぱり登場人物が頭の中でこんがらがってしまいましたけど(笑)、登場人物紹介があったのと、縺れた話の筋が最後に綺麗にすっきり解けたので、途中でこんがらがっても平気でした。おもしろかったです。

2004/12/28 22:37

投稿元:ブクログ

主人公がとにかくいい子。完全無欠のいい子じゃなくて、その辺にいるいい子だから可愛くってしょうがないんです。児童文学にしては長いですが、展開が気になって一気に読めます。
作者さんはハウルでおなじみのダイアナ.W.ジョーンズさん。
面白くないはずありません。

2012/01/22 22:50

投稿元:ブクログ

二人のイジーとか、他の人の作品だったら絶対ただの嫌なヤツなのに、むちゃくちゃ魅力的だよなあ。エキセントリックで自分勝手なキャラが、みんないきいきしてて素敵。

2005/06/17 17:47

投稿元:ブクログ

<ブレスト>は魔法に満ちた世界だ。たくさんある異世界の魔法のバランスを保つ、大事な存在でもある。ところがある日、その世界のイングランドに住む、宮廷付き魔法使いの娘ロディは、国中の魔法を司る「マーリン」が、恐るべき陰謀を企てていることに気づいた。だけど大人たちは、そんな話は信じてくれない。ただひとりの味方、幼なじみの少年グランドも、どんな魔法もひっくり返してかけてしまうから、頼りになるどころか、ロディの方が面倒を見なければならない始末。自力で陰謀に立ち向かう決心をしたロディは、古の魔女から<花の魔法>を受け継ぐのだが……一方、<地球>の英国に住む少年ニックは、長年、魔法を習いたいと夢見ていたが、ある日、ロンドンのホテルから異世界に足を踏み入れ、事情がわからぬままロディを助けることになり……?冥界の王、燃えあがるサラマンダー、大地に眠る伝説の<白のドラゴン>……多元世界を舞台に、二つの視点から描かれた、波乱万丈のファンタジー。著者最新作にして渾身の最長編!

2009/01/21 17:42

投稿元:ブクログ

図書館で借りた本。

ファンタジー最高!!
白のドラゴン、出番が少なくて残念だけど
きちんときめてくれるのね。

ブロットは、平凡なんだけどみんないきいきしてる。
魔法使いになりたいなぁ。

2007/07/11 19:55

投稿元:ブクログ

25日初見。     

・一回リタイアした。長すぎる!     
・ていうか題の『白のドラゴン』要らないと思う。

2009/10/22 20:13

投稿元:ブクログ

英国と似て非なるブリテン諸島で物語は進んでいく。もしあの時この事件が起きなかったら、という仮想世界。

序盤から中盤にかけての話の流れが個人的にとても好き。
ロディとニックがお互いの視点から見た二人を語るシーンは印象が全然違っていておもしろい。

ただどうしてあの人たちが結婚していたのかだけは理解できない。なんで?笑

2010/09/19 17:27

投稿元:ブクログ

<ブレスト>は魔法に満ちた世界だ。たくさんある異世界の魔法のバランスを保つ、大事な存在でもある。ところがある日、その世界のイングランドに住む、宮廷付き魔法使いの娘ロディは、国中の魔法を司る「マーリン」が、恐るべき陰謀を企てていることに気づいた。だけど大人たちは、そんな話は信じてくれない。ただひとりの味方、幼なじみの少年グランドも、どんな魔法もひっくり返してかけてしまうから、頼りになるどころか、ロディの方が面倒を見なければならない始末。自力で陰謀に立ち向かう決心をしたロディは、古の魔女から<花の魔法>を受け継ぐのだが……

2010/04/11 18:22

投稿元:ブクログ

2010 4 8 

ダイアナ・ウィン・ジョーンズさんの本でここまでの長編は初めて読んだ。
ダイアナさんの書く女の子って、ちょっとキツメな子が多くてそこが可愛いなと思う。
アーサー王伝説、大魔法使いマーリン、ロマノフ等イギリスに伝わる伝説などを元に書かれたイギリスと似た国、ブレスト王国の話。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む