サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

西鶴の感情
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:22cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-212617-6
  • 国内送料無料

紙の本

西鶴の感情

著者 富岡 多惠子 (著)

【伊藤整文学賞(第16回)】【大佛次郎賞(第32回)】商都大坂に生きた町人、俳諧師・西鶴は、なぜ浮世草子「作者」となったのか。「銀が銀をもうける」経済膨張の時代、虚構の業...

もっと見る

西鶴の感情

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【伊藤整文学賞(第16回)】【大佛次郎賞(第32回)】商都大坂に生きた町人、俳諧師・西鶴は、なぜ浮世草子「作者」となったのか。「銀が銀をもうける」経済膨張の時代、虚構の業を通して「色」と「遊び」を、女と「世間」の実相を見つめた作家の稀有なる散文精神に迫る評論。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

富岡 多惠子

略歴
〈富岡多惠子〉1935年大阪生まれ。詩人、作家。著書に「富岡多惠子詩集」「当世凡人伝」「冥途の家族」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

冨岡多恵子ワールドも見事

2006/08/14 18:04

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:仙道秀雄 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 富岡多恵子さんは、一流の読書人だ。好きなものに入れ込んできてその結果通常人と違う言葉の使い方、生き方になってしまった人にしてはじめて書ける文章だと思う。
 彼女は桜塚高校出身だそうだが、西鶴がその桜塚にしょっちゅう句会に出掛けていたのをみつけてから西鶴が気になりだしたという。かく言うわたしも7年ほど桜塚の近所に住んでいたし、今の会社の住所は大阪市中央区鎗屋町2丁目で、ここは西鶴が住んでいた場所(鎗屋町1丁目)のすぐ近所だと初めて知った。ここに来て20年になるから、通算して27年ほどたまたまわたしは西鶴の近くで生きていたことになる。結果、わたしにも西鶴は気になる存在になりつつある。
 わたしは西鶴ほどアナーキーではないが(そんな西洋概念で西鶴の気持ちが掴めるはずもないのだが)、「自分を語らぬ」(p194)意志、マコトとは「ウソのかたまりー虚のなかに辛うじて在りうる」(p199)とする冷徹な真偽についての観念と世間への冷徹な対応ぶりに見事さを感じ、俳諧師のいかがわしさと一脈通ずる商取引にあけくれるわたしらのいかがわしさとが共通していることもあるのだろうか、西鶴の世界が急に親しいものに思えてきた。
 本書は西鶴をめぐる10本の論考から成っているが、4番目の笑いという「すい」では九鬼周造の「『いき』の構造」がとりあげる「いき」への疑義が呈される。こうある。

 「いき」が「すい」と意味内容的に同じだととの九鬼の断定に多少の疑念を覚えたのは、「すい」という語が、西鶴の時代とさして変わらず、上方で多くは「男」を念頭において使用されていたように思われたからであった。そうなると「すい」の構造は「いき」の構造と重なりをもちながらもズレが生じてくるのではないだろうか。(p78)
 女郎の虚実を楽しむことのできる男の能力を「すい」と呼びたいらしいのがわかる。(p102)
 もちろん本書は九鬼周造の論をあげつらうといったことを目的とするものではない。西鶴ワールドを微に入り細にいり浸かりきっていき、あわせて当時の上方の暮らしぶりに思いをいたす。楽しみながら。ただそれだけのことである。富岡さんはおおげさには言わないが、西鶴の生涯はなかなか見事な生きっぷりだったとする共感の質こそが本書を支えているのだろう。わたしもいつか同じ楽しみを楽しみたい。10数年後の楽しみにとっておくためにさっそく岩波文庫の好色一代男を購入した。「お取り置き」が一冊増えた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/29 18:06

投稿元:ブクログ

読みながら思っていたのだが、私は人生の中でいまだ西鶴の文章に出会っていないのだ。笑ってしまう。
知っているのは西鶴の書いた本の名前だけなのだ。「好色一代男」、「日本永代蔵」。名前だけは知っている。しかしその本を見たこともない。自分の足下も危険だが、どうもこれは自分だけではなさそうだ。
これが近松だとちょっと変わってくる。歌舞伎の舞台を見ているのだ。西鶴の書いた舞台物はなかなか上演されることはない。接する機会がないのだ。
「西鶴の感情」というタイトルの見事さにはうなるが、本の構成がうまい。読者は西鶴なんてかけらも読んでないことを実は前提として書いている。だから面白い。買う時にどうしようかと悩んだのはまさにここだ。西鶴なんて歴史の教科書でしかこちらは知らないのだ。西鶴の書いたものとその時代とを並列することでその内容が感じられる構成になっている。その上装幀は菊池信義である。実は中身も確認せず、装幀で買ってしまった。だって、どう見ても菊池さんの装幀だったんだもの。

古典文学・文学史・作家論 ランキング

古典文学・文学史・作家論のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む