サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. ゆっくりさよならをとなえる

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ゆっくりさよならをとなえる(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 77件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-129233-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゆっくりさよならをとなえる (新潮文庫)

著者 川上 弘美 (著)

ゆっくりさよならをとなえる (新潮文庫)

464(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー77件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

食べ物で例えれば、「おいしいもりそば」のようなエッセイ。するするっと頭に入ってくるのに、印象に残って味わい深い。

2004/12/07 23:56

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 作家川上弘美氏のエッセイ集。日常的な、些細なことを書いているようでいて、ものすごく面白い。

 例えば、「突然スパゲッティーナポリタンが食べたくなって、困った」(p.52)という一文から始まる「ナポリタンよいずこ」(pp.52-54)とか、生牡蠣を一度に十個も二十個も食べておなかをこわし、それでも七十個も食べてなんともなかった友人の話を聞いて悔しくて、また食べてしまう「生牡蠣とキノコ」(pp.61-63)とか。文章から感じられるユーモアが、なんとも楽しい。

 それから、作家として名を成すだけの人には、やっぱり特殊な感性と、それを文章にする才能があるんだなあと思った。
 例えば川上氏は、子どもの頃ハンカチでものを包むのが好きだった、という。

「一つのものを包み終えて、しばらくは、手の中でもてあそんだり撫でてみたりする。しかるのちに、息を潜めて、結び目を解く。
 その瞬間が、いちばん好きだった。結び目を解く、その瞬間」(p.188)

 この、ちょっと読むとなんでもないような文章が、どうして読む者の心に引っかかるように書けるのだろう、この人は。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「しょうがパン」のような忘れがたい味わい

2005/05/20 15:59

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る

川上弘美さんは短い期間、明石に住んでいたことがある。「明石」と「明石ふたたび」という2000年の3月(朝日新聞)と7月(「本」)に発表された二つの短い文章を読むと、川上さんが明石に住んでいたのは「神様」でデビューする数年前、昭和が平成に変わったほんの少し後だったことがわかる。「海に近い土地である。空気が、明るい。人も、明るい。」「いくばくかの時間その土地に住めば、人は知らず知らずと土地の空気に染まる。その土地が明るい空気を持っていたなら、人は自然に明るいほうへと寄っていくのではないか。」私はもうかれこれ二十年近く隣町の垂水というところに住んでいるから、川上さんと同じ「明るい」空気をすっていたことになる。「明石に住んだ短い期間、私の血は澄んでいたように思う。胸はいつも新しい空気に満たされていたように思う。」この一文だけで『ゆっくりさよならをとなえる』は私にとって特別な本になった。どこから読み始めても、どこで読み終えても、「しょうがパン」のような忘れがたい味わいが残る(「しょうがパンのこと」)。「生きる歓び」がしんじつ実感できる(「爪切りも蠅も」)。でも「しょうがパン」て、いったいどんな味なんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/24 10:10

投稿元:ブクログ

ゆっくりなのはさよならをとなえるだけじゃなくて、もう、川上さんをとりまく時間すべてがゆっくり流れてゆくのです。そのゆっくりさに身をまかせるのはとても心地よいことで、私はすっかり川上色に染められてしまった気がします。[2004.12.20]

2005/02/13 08:12

投稿元:ブクログ

川上弘美先生の小説に流れる独特のゆるゆるとした空気感が個人的には大好きなのですが今回のこの作品はエッセイ集です。エッセイを読んでみるとあの雰囲気は川上先生御本人が持っているものなのだなぁーと感じられて、いつもの小説でのどこか一風変わった文体は本人の中から滲み出てくるものなのでゆるいのに地に足がついた感じがあるのだなーと変に納得出来てしまいました。(笑)

2006/06/09 23:40

投稿元:ブクログ

その人の日々の暮しの中で感じる事が好きだと、小説も好きだったりするので、その逆もまた呵りと『センセイの鞄』が好きだった川上弘美さんを買ってみたら、やっぱり好きだった。
一気に読んだら勿体ないし、通勤の時間にもちょうどいいので、多くても1日3つのペースで読みました。
先日なんて、川上さんが『檀流クッキング』(これも持ってます)を読んで、オクラのおろし和えを作った話が、より美味しそうな表現になっていたものだから、スーパーに一直線でオクラと大根を買いました。

2006/05/09 02:04

投稿元:ブクログ

この淡々とした文体。じっくり体に染みてくる。
川上さんの作品の裏には、こういう日常が潜んでいるのだ、と覗き見してしまったような、少しこそばゆい感じ。

2006/03/19 18:35

投稿元:ブクログ

こんな人だったんだ〜という驚き。小説を読んで想像していた感じとちょっと違ってました。本屋さんと図書館の違いとかは、なるほど〜と思った。

2005/04/30 23:02

投稿元:ブクログ

 わたしにとって川上弘美さんの文章は「自分が、今どれくらい元気なのか」を確かめるバロメータとなっています。どういうことか言いますと、たとえば、彼女のゆったりとした文章に心地よく浸るときがある。それは「やや弱ってますよ」という信号。心が癒しを求めているわけです。こういうときは、元気がない。
一方、川上文体に苛立つ日もある。なぜだか時々、この文体にものすごく苛々してしまうのです。そういうときは怒りっぽくなっている、言い方を変えるなら、元気という証拠。と、まあこういう具合にして、川上文体は私のバロメータとなってくれるのです。
 ところが、今日はならなかった。このエッセイ集『ゆっくりさよならをとなえる』を読んだ今、一体どちらなのかよく分からない。文章は実にゆったりとしています。でも、それが気持ちのいいだけではなかった。わたしは、悲しかった。川上さんの日常にあったことを読みながら、なんとなしに、悲しかった。
 それで考えたのです。どうしてわたしは時によって、川上文体に苛々してしまうのだろうか、と。思うに、わたしはあの、ゆったりとした文章の「満足感」がいやだったのでしょう。ぐちゃぐちゃとした感情をまるで無かったかのように、あるいは押し潰すかのようにした、あまりに穏やかな文章に苛立ちを覚えたのだと思います。けれどこの『ゆっくりさよなら』はちがう。ゆったりの陰に、隠しきれなかったぐちゃぐちゃが、悲しみが、潜んでいたのです。
 すんなりと読める文章の裏に、なにか気になるものがひっそり残った。まとわりつくかすかな不安。わたしはこれを読んで、癒されもしなければ、苛立ちもしない。ただ悲しみながら、じっと読みふける。こういうことがあるから、わたしは川上弘美さんの文章をいつまでも読み続けるのです。(けー)

2005/04/16 22:48

投稿元:ブクログ

川上さん、初めての本。いや〜ん文章いいかんじ。最初にエッセイからいってしまいました。マチダコーさんの本をよんで踊ったのがいい(笑)

2005/05/26 02:23

投稿元:ブクログ

これもハードカバーを手に取ってみてほしい。
エッセイ集でふとしたときに読みやすくてついつい読んでしまう本。
ふふとしたり、にやりとしたり、はっとしたり、へぇとしたり…。

2008/10/10 02:23

投稿元:ブクログ

レビューはブログにて。
http://tempo.seesaa.net/article/107859422.html

2005/09/16 21:26

投稿元:ブクログ

実は私、川上弘美の本はこのエッセイが入り口だった。「あ、クウネルに小説書いてた人だ!」と思って手に取った。手に取って正解。

すごく、私の肌にしっくり来る本だった。小さな古本屋に行きたくなったし、一人でお酒を呑みに行きたくなった。そしてこの不思議な人の、小説を読んでみたくなった。

2007/06/14 14:26

投稿元:ブクログ

まさに本と共に過ごす日常、という感じで、本好きなら間違いなく共感できるエッセイ。特に、本屋と図書館の雰囲気の違いの話については、かなり共感しました。最後に収録されている、表題作にもなっているエッセイ(ゆっくりさよならをとなえる)の美しさも素敵。読書好きな人にオススメしたい一冊です。

2006/03/18 23:49

投稿元:ブクログ

心のどこかが癒されます。タイトルにもなっている最後の文章は、自分でも実行してみたり。ちょっとほんわりした気持ちになれました。

2005/10/12 11:09

投稿元:ブクログ

冬が近づくと必ず、読む。
何回も何回も読んだのにまた読む。
出てくる食べ物がおいしそうで、まねて作ったりもする。
レビュー集のかわりに使ったりもする。便利で楽しい1冊。