サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

銅版画家の仕事場
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2004.10
  • 出版社: BL出版
  • サイズ:23×28cm/32p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-7764-0084-7
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

銅版画家の仕事場

著者 アーサー・ガイサート (作),久美 沙織 (訳)

少年とその祖父を案内役に、銅版画家である著者の仕事を紹介。絵を描き、原画を彫り、プリントする手順について、わかりやすく説明する。1ページ1ページが、まさにエッチングの見本...

もっと見る

銅版画家の仕事場

1,620(税込)

ポイント :15pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

少年とその祖父を案内役に、銅版画家である著者の仕事を紹介。絵を描き、原画を彫り、プリントする手順について、わかりやすく説明する。1ページ1ページが、まさにエッチングの見本!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

アーサー・ガイサート

略歴
〈ガイサート〉銅版画家。1978年国際版画ビエンナーレで受賞。絵本に「プレーリータウン」など多数。アメリカ、イリノイ州在住。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

銅版画のABC

2012/02/08 08:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Bridge - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『ヘイスタック』などで知られた銅版画の絵本作家ガイサートが、銅版画家の仕事のあれこれを丁寧に見せてくれる疑似アトリエ訪問。原画は、ほぼこの本に描かれたとおりのそのままの手法で描かれた。銅版画というものの「線」を存分に味わえる一冊。
 最近は、小学校や中学校でもエッチングをすることもあるので、エッチングの原理を知るのに役立つばかりではなく、その絵をリビングや子供部屋で見開きのまま立てて鑑賞してもいい。線の芸術、ばんざい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/07 09:20

投稿元:ブクログ

その名の通り、銅版画家の仕事場や仕事が事細かに紹介されている。この絵本の繊細な絵は、すべて銅版画というのが素晴らしい。

2015/09/10 08:53

投稿元:ブクログ

おじいさんとぼくの、年に一度の大仕事、年末大売出し。
どちらかが欠けても仕事にならない。
おじいさんとの信頼関係や流れる時間、この工房の漂う空気感がたまらない。
プレス後の紙をめくる瞬間の、おじいさんの眉間のシワや口角、ぼくのワクワクした表情も共感。
本棚に保存版がほしい。

2013/12/12 19:52

投稿元:ブクログ

 モノづくりの工房ってどんな業種でも共通の雰囲気があるなぁ。他ではあまり見かけないような道具が雑然と並んでいると、なんだかワクワクしてくるのだけど、そういうガレージ内部の様子が事細かに描かれています。子供の頃からおじいさんの仕事を手伝い、自身も銅版画家になった作者は、きっとおじいさんが大好きで仕事をするおじいさんの姿を誇らしく思っていたのでしょう。

美術・音楽・芸能 ランキング

美術・音楽・芸能のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む