サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ハゲタカ 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.12
  • 出版社: ダイヤモンド社
  • サイズ:20cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-93048-1
  • 国内送料無料

紙の本

ハゲタカ 上 (ハゲタカ)

著者 真山 仁 (著)

バブル崩壊から15年余り。グローバルスタンダードの名の下、外国資本が雪崩を打って日本に来襲。彼らの名は「ハゲタカ」。果たして「ハゲタカ」とは何者なのか。悪魔なのか? 救世...

もっと見る

ハゲタカ 上 (ハゲタカ)

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

バブル崩壊から15年余り。グローバルスタンダードの名の下、外国資本が雪崩を打って日本に来襲。彼らの名は「ハゲタカ」。果たして「ハゲタカ」とは何者なのか。悪魔なのか? 救世主なのか?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

真山 仁

略歴
〈真山仁〉1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーライターになる。「ハゲタカ」でソロ作家としてデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2005/07/27 00:58

投稿元:ブクログ

3人の主人公がそれぞれの現実に立ち向かっていく姿がおもしろかってです。そして、ファンド会社によるパルクセールという不良債権処理。今まで読んだ本では不良債権処理の話は裏金融とかヤクザがらみの本ばかりだったので、新鮮な感じでよかったです。

2008/01/11 08:12

投稿元:ブクログ

企業のM&A、それを行う外資の投資ファンドの姿をリアリティを持って書いている作品です。
企業買収というスケールの大きい舞台と主人公である鷲津を始めとしたキャラクターの魅力が際立っていて面白いです。
「現実的には無理だろ!」と突っ込みたくなる箇所もありますが、ストーリーと文章力が秀でているので気にせず読みきれてしまいます。

2007/12/30 17:22

投稿元:ブクログ

ファンド知識が全くナイので専門用語が最初はついてイケなく随分時間がかかったけどある程度用語が身についてくるとカナリ面白い。
経営者は大変だな。と。

2007/05/27 22:45

投稿元:ブクログ

旧三和銀行(と思われる)の都銀と投資ファンドとのバルクセールの話から、国際金融畑を歩んだ主人公が転身するまでを描く。情報収集力(社内、社外に限らず)が求められるのは、体力的なところなのだな、と感じた。

2008/07/21 09:18

投稿元:ブクログ

経済小説。
…半分くらいしか意味分かってないかも。けど、サクサク読めてそれなりには面白かったです。
特に、メルレとの競売?のところのやり取りが。

2008/03/08 01:11

投稿元:ブクログ

めちゃくちゃ面白い!
メリレ・リンク、ゴールドバークコールズ、山野証券、実在するorした企業に酷似した名前がずらり並んでいるところが、この小説の生々しさを助長している。
バブル崩壊後のこの10年余りの間にこの日本という国を舞台に起きた経済闘争を、小説を通じて如実にあらわしています。不良債権処理をめぐるメガバンク内の政治ごっこ、企業のターンアラウンド、企業間の情報戦等など、あたかも現実に起きていることかと思わせられるほど、緻密で巧妙です。
傾き始めた企業に死の臭いをかぎつけ、その債権や株を安く買い漁ると、一気に買収へと乗り出す神出鬼没の投資ファンド通称『ハゲタカ』。上巻ではそんな『ハゲタカ』の手法やメガバンクへの裏工作がメインでした。はたして『ハゲタカ』とは情け容赦なく利益を吸い取るただの略奪者なのか、それとも日本に奇跡の復活を遂げさせてくれるホワイトナイトなのか、その真価が発揮されるであろう下巻に期待です!

2012/10/17 00:00

投稿元:ブクログ

いまさらながらNHKドラマで話題になった外資ファンドの買収にからむ小説を読んでみる。最初は不慣れな業界の専門用語に四苦八苦しながら読んでいたが、読み進めるうちにはまっていき、あれよあれよというまに読めてしまった。
まったく関連性のない3冊を一気に読んだけど、どれもこれも「目の前の問題から逃げない」ということを説いていて、なんだか腑に落ちた。一方でロジカルだけじゃなくて、非常に政治臭い、根回しというもやっぱり大事だよなというのも実感。
ただ、最後の方はちょっと間が持たないというか、一気呵成に進めすぎてちょっと興ざめ。最初のほうであれだけひっぱるなら、最後のほうもそれなりに書いて欲しいところ。

2009/08/30 00:34

投稿元:ブクログ

引き込まれる。
日々感じていたものが文字として
あらわされている。
目を背けたい、しかし現実が。

2009/02/13 12:03

投稿元:ブクログ

NHKドラマの原作です。
ニューヨークの投資ファンド運営会社社長・鷲津は、バブル崩壊後不景気に苦しむ日本に戻り、瀕死状態の企業を次々と買収する。
企業買収、再生の真実を克明に描いた問題作。
〜帯より。

途中途中に「武士道」の文章が書いてありました。
「武士道」・・・買って何度も挑戦するのですが、この本ばかりは読み始めると速攻寝ます。
何度顔の上にバサッ Σ(・ω・ノ)ノ
と降ってきたことか・・・
「ハゲタカ」はおもしろかったです。
ライバルのファンド会社との競争入札のシーンなどはドキドキハラハラ
終わりが
「・・・to be continued」とあったから・・・
もしや?!

2011/01/19 12:40

投稿元:ブクログ

面白かったー!最近、経済の勉強をしているからのか、ああ、ちょっと勉強にもなるしね!
後半へのワクワク感がある。こういう頭ちょっと使う感じでワクワクする本は面白いです。

2015/12/31 10:09

投稿元:ブクログ

経済小説はあまり読んでいないがその中でも楽しめた方。初心者にもわかりやすい本でもある。以下に詳しい感想が有ります。http://takeshi3017.chu.jp/file6/neta23401.html

2009/10/22 15:48

投稿元:ブクログ

テレビで放送してかた、この本のことを知った。
読む終わった感想は、大変面白かった。要所要所専門用語が出てきて意味がわからないところもあったが、話の流れから内容を把握することができるわかりやすい構成になっている。
ぜひ、下巻も読みたい

2011/01/15 02:51

投稿元:ブクログ

面白い!
なんか勉強にもなるし、ストーリーも秀逸。曲者が多くて読み応えもあります。
ただ、日本てこんな残念な国なんだって思いました。。
下巻に期待。

2012/04/26 14:00

投稿元:ブクログ

ホライズン・キャピタルの鷲津がバブル後の日本をバイアウトする。
①三葉銀行のバルクセール
②熱海の観光ホテル「金色屋」
③東京相愛銀行
④栃木の「スーパーえびす屋」(三葉銀行元行員芝野)

2013/12/10 22:26

投稿元:ブクログ

薫陶(くんとう)=徳の力で人を感化し、教育すること。

表紙はハクトウワシ(学名:Haliaeetus leucocephalus、英: Bald eagle)か、、、

企業・経済小説 ランキング

企業・経済小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む