サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 自然科学・環境
  4. 娘と話す科学ってなに?

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

娘と話す科学ってなに?
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.4
  • 出版社: 現代企画室
  • サイズ:19cm/158p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7738-0500-5
  • 国内送料無料

紙の本

娘と話す科学ってなに?

著者 池内 了 (著)

私たちの生活と深く結びついている科学。科学者ってどんな人たちなの? 科学と技術って、どう違うの? 未来を生きる娘のために、科学者の父親がじっくりと考えて答えるブックレット...

もっと見る

娘と話す科学ってなに?

1,296(税込)

ポイント :12pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

私たちの生活と深く結びついている科学。科学者ってどんな人たちなの? 科学と技術って、どう違うの? 未来を生きる娘のために、科学者の父親がじっくりと考えて答えるブックレット。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池内 了

略歴
〈池内了〉1944年兵庫県生まれ。京都大学大学院理学研究科博士課程修了。早稲田大学国際教養学部教授。宇宙物理学専攻。著書に「お父さんが話してくれた宇宙の歴史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

何をしてるのか、説明するって大切なこと。

2008/04/15 17:42

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 娘に「天文学者のくせに星座をほとんど知らないんだね」と言われたことをきっかけにこんな本も書こうと思った、という著者は「科学者心得帳」で科学者の責任、倫理を書いた天文物理学者である。なんとも微笑ましい動機である。「星座もよく知らなくてやっている天文学ってなんなのか、そもそもそんな科学ってなんなのか。」 娘でなくても気になるところである。
 「娘と話す」と表題にはあるが、大人が読んでもよくまとまっていて読みやすい「科学とは」を説明した本になっている。
 「天文学者の仕事」という章では、科学者とは、とか「科学と芸術の共通点、相違点」についての著者の考えが語られる。
 「科学ってなに?」という表題と同じタイトルの章は科学の歴史の簡潔な記述である。
 「科学と技術」の章あたりからは現代の科学と技術の関係、さらには科学者の責任問題など、著者の自論が(しかしわかりやすく)展開される。全体のトーンは「科学者心得帳」とおなじだが、読者対象をもっと広くした、といったところであろう。

 自然科学研究者がどんな人たちなのか、どんなことをやっているのか、あまりご縁のない人にもさらりと読めてよくわかるよい本と思う。「娘と話す」という観点からいえば、こんな素敵にまとまった本のようでなくても、仕事の話や生きかたを「子どもと話す」ことがもっとあってほしい、という感想をもった。親が子に「なにをしているのか」を説明するのも、もしかしたら著者のよく使う言葉「説明責任」のひとつかもしれない。子どもが親に疑問を持ってもまだ聞いてくれる時間は短いのだから、是非時期を逃さず、各自で折に触れ努力してほしいところである。

 「娘と話す」「子どもと話す」というこの企画シリーズ、他のシリーズのテーマもなかなか面白そうなものがある。「科学ってなに?」の続きとしては、自然科学系はある程度わかっているつもりの私としては同じような「文科系の研究者」の本があれば読んで見たい。「英文学の大学教授はなにをやっているの?」「経済学の先生の研究ってどんな風なの?」。文科系の研究室にも「説明責任」はあると思うんです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/04/24 01:58

投稿元:ブクログ

”娘と話す”というタイトルのとおり中学生(13歳という設定らしい)くらいの人でも理解できるように書かれています。

2009/11/09 11:20

投稿元:ブクログ

娘と話す 科学ってなに? 13歳の娘と科学者の父親との会話形式の本。科学にときめくとかそういう話だけでなく、科学発達によって引き起こされた問題についても書かれている。娘が中学生のわりに知識が豊富。 http://bit.ly/wEhUQ

2012/04/14 23:28

投稿元:ブクログ

非常に簡単にわかりやすく「科学」について書かれている本です。
科学について調べる際の入門書としていいかもしれません。
数式なんかは出てこないので、文系の人でも問題なく読めると思います。

個人的にはあまり興味が持つことができませんでした。

自然科学・科学史 ランキング

自然科学・科学史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む