サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

鏡像の敵(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/343p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030810-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

鏡像の敵 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 神林 長平 (著)

鏡像の敵 (ハヤカワ文庫 JA)

756(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

鏡像の敵

562(税込)

鏡像の敵

ポイント :5pt / 紙の本より194おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

渇眠 9-83
瘦せても狼 85-124
ハイブリアンズ 125-161

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

虚像を映し出す6編

2016/01/22 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

2004年に発表された「麦撃機の飛ぶ空」に続く5冊目の短編集だ。本書の登場人物たちは皆本当の姿を隠しているような気がする。表題作の怪物と戦う軍人や「渇眠」の逃走者を追いかける刑事など、ラストに真の姿が見えてくるような気がした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/11/11 14:36

投稿元:ブクログ

11月9日読了。通勤で読む本ではなかったな、と。家でじっくり楽しむんだった。短編に神林ワールドを詰め込んであるので内容は濃い。初期の作品!という文章なんだけど、神林要素がたっぷりで読み応えはありました。ところで、猫はでてきたかな。

2006/04/14 19:34

投稿元:ブクログ

神林長平は・・・読解力のない私には、難易度高くて。いまのところ雪風とグッドラックしか満足に読めていません。これは、そこそこ楽しく、行けるかな?と思ったけれど、結局最後の方は、敗北・・・でした。

2009/03/08 16:18

投稿元:ブクログ

さあ、出ておいで
いつでも来れるよ

短編集
渇眠
痩せても狼
ハイブリアンズ
兎の夢
ここにいるよ
鏡像の敵

解説 桜坂洋

2010/01/31 18:39

投稿元:ブクログ

駆逐装甲動力スーツを身にまとったわたし、太陽系宇宙軍の新藤中尉は、人間の憎悪を喰らう怪魔を追っていた。
これは短編集です。自分は非現実ってのが大好きです。この本は非現実を疑似体験させてくれました。だから大好きです。

2010/08/27 16:46

投稿元:ブクログ

収録された6篇中、3編は他の短編集等に収録済みの作品で既読。
コスト・パフォーマンスの低い短編集ではあったが、
『プリズム』にも収録されている“ここにいるよ” は
何度読んでも感動してしまう。
“渇眠” - 『時間触』に収録済み - もお奨め。

2012/07/18 20:24

投稿元:ブクログ

最近研究中の作家さんの短編集。

 既読の「渇眠」、ふんわりしているが面白くない「痩せても狼」、作者と登場人物がハイブリッドするが面白いとは思わない「ハイブリアンズ」、既読の「兎の夢」、「ここにいるよ」。

 最後は期待した表題作「鏡像の敵」だが、いい展開だが、面白いとは思わなかった。もうちょっとこの作者研究しよう。

2013/09/23 09:55

投稿元:ブクログ

神林長平の初期の6つの短篇を収録。いずれも基本的にはアイデンティティをテーマとするが、神林の優れているのは(それはまた同時にきわめてSF的でもあるのだが)そのアイデンティティの問いかけが、単に個人や人間のそれのみにとどまらず、物質や時間、あるいは宇宙空間そのものに対する根源的なものになっていることにある。現在の神林作品からすれば、いくぶんもの足りと言えなくもないが、それは逆に言えば絶えざる問いかけと練達が今の神林をあらしめていることの証でもあるのだろう。6篇の中では、表題に取られた『鏡像の敵』が秀逸か。

2015/03/17 23:34

投稿元:ブクログ

追う者と追れるものは良い。(断言)。
SFには疎いので、あ、ほぼサイコパス、とか、こういう設定は割と昔からあるんだなぁ、とか思いました。
解説面白かったです。

2005/10/02 00:00

投稿元:ブクログ

まともに完結してない駄作揃いの作品集。永らくこいつが絶版になってたのもうなづける。なんというか、PABの話にしてもそうだが、長編先に読んでるせいかどれも尻切れトンボな印象が・・・・

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む