サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. いろんな気持ちが本当の気持ち

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

いろんな気持ちが本当の気持ち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 31件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.7
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/253p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-81473-6
  • 国内送料無料

紙の本

いろんな気持ちが本当の気持ち

著者 長嶋 有 (著)

僕は大きく二文字「増刷」と書いた。書いてみると思った以上に間抜けで、小さく「したい」と書き添えたら、もっと間抜けになった−。セカイとジブンが愛おしくなるエッセイ集。【「T...

もっと見る

いろんな気持ちが本当の気持ち

1,404(税込)

ポイント :13pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕は大きく二文字「増刷」と書いた。書いてみると思った以上に間抜けで、小さく「したい」と書き添えたら、もっと間抜けになった−。セカイとジブンが愛おしくなるエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

長嶋 有

略歴
〈長嶋有〉1972年生まれ。「サイドカーに犬」で第92回文學界新人賞、「猛スピードで母は」で第126回芥川賞を受賞。著書に「パラレル」「ジャージの二人」ほか。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー31件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

作者のことを知らなくても、文章の面白さだけで惹きつけられます

2005/08/07 23:11

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:木の葉燃朗 - この投稿者のレビュー一覧を見る

作家長嶋有氏のエッセイ集。全体としては、いい意味でくだらなくて、面白く読めるエッセイなのだが、突然鋭いところを突いていたりして、興味深い。これは、氏が「ブルボン小林」というペンネームで書いているコラムにも近い雰囲気である。
最初の方に出てくるエッセイのタイトルが、「ポンポン板井」。あまりにもいきなりな題名である。
これは、もしも弟子を取るとしたら付けたい名前。ここから、弟子をとったらどんなことがしたいかを書いていく。この空想というか妄想が、どんどんと広がっていく様子が非常に面白い。
ちなみに秘書ではだめなのかというと、「都合が悪くなったときに、理不尽に『おまえちょっと町内三週してこい!』とか、秘書にはいえない」(p.9)ので、だめなのである。
しかし、更に面白いのが、最後の最後になって「本稿の主旨は、俺のポンポンを募ることではなくて、皆も弟子の名前くらい決めておいたら、ということ」(p.13)だった、というところ。
このどんでん返しというか肩すかしというか、素晴らしい。
他にも、昔話の「こぶとりじいさん」について、「こぶとりはファンクネスを啓蒙する物語だった。素敵だ」(p.236)と結論付ける「瘤取り考」など、いずれのエッセイにもニヤニヤしたくなるユーモアにあふれている。
長嶋有氏のことをご存知でなくても、そのユーモアだけで楽しめるであろう。そういう意味では内田百閒や武田百合子などの諸氏の文章にも近い面白さだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あれこれ、いつもなにか思っている…長嶋有さんの日々。

2005/11/02 16:58

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐々木 なおこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この春くらいに、長嶋有さんの小説「泣かない女はいない」を読んで、
いたく感動した。
なにげない風景や少しの心の動きがとても心に沁みた。
こちらはエッセイ。
はじめに、手書き原稿が紹介されている。
なんだか程よく力が抜けた、読みやすい字体。
と言うか、私の字にそっくりだったので、これでまた好きになった。
長嶋さんはあれこれなにかを、いつも思っている。
こうだったらいいな、ああだったらいいな…。
例えば、弟子を取るのに憧れて、弟子の名前まで決めている。
その名もポンポン坂井。
また、ある時は入れ歯に憧れる。
そして、いつも片思ってしまう。
「僕は誰かと知り合って好きになると、すぐに(特に手練手管もなく)
告白して(そして大抵ふられて)しまう。
だから濃密な片思いの記憶はない」
こんな具合である。
かと思えば、冬といえばキャラメルであると断言する。
その言い切り方がなんともいい。
古本屋の父親や、かわいくて仕方ない様子の妹の珠ちゃんの話題も
なぜか心をほっとさせてくれる。
あと、「二十歳の年末」は見開き二ページの短いエッセイだが、
まるで極上の小説のように、良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「貧乏クジ世代」の憂鬱

2011/02/28 13:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パプリカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

我々「団塊ジュニア」は別名「貧乏クジ世代」(香山リカ)とも呼ばれていて、数が多いばかりに何かと損をしてきた世代なのだが、貧乏クジを引いたといってもそれは受験戦争や就職氷河期といった大きな社会的現象にとどまるわけではない。

というより、本来貧乏クジというのは地味な場面で思わず知らず引いてしまうものであって、地味なだけに大騒ぎするのもどうか、といった困った性質のものである。

長嶋有も「団塊ジュニア」の作家であるが、芥川賞を受賞した後も順調に作品を世に送り出し、最近では大江健三郎賞を受賞したり、小説が立て続けに映画化されたりと、傍から見れば順調な人生なのかもしれない。

ところが彼のエッセイを読むと、やはり同世代ならでは、という貧乏クジ感にうなずかされるところが多いのだ。たとえば、「バンドブームの名曲ベスト3」という文章の冒頭。

「すみれSeptember Love」を一風堂のオリジナルで聴いた世代と、シャズナのカバーで聴いた世代といると思うが、その狭間のカブキロックスのカバーで聴いた世代というのを忘れてもらいたくない。(中略)特にしょぼいところに当たってしまったなあという感じ。

嗚呼、これを貧乏クジと呼ばずして何と呼ぼう。時代を選ぶことができないのはどの世代も同じだが、この本は「団塊ジュニア」がそのなかでも際立って貧乏クジを引いた世代だということの一つの証左でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/30 21:20

投稿元:ブクログ

ポンポン板井の衝撃が強すぎて、それ以降の話を流すように読んでしまった。それくらいの衝撃。サブカルとはこういう人のことを言うんじゃないかなぁ(知識と、体験と、妄想と)。「自己鑑賞と補遺」にびっくり。自分を信じている人なんだなー。

2006/04/07 02:52

投稿元:ブクログ

“ブルボン小林”こと、北海道出身の作家・長嶋有のエッセイ集。程好い脱力具合とダメさ加減の中にも、膝を打つような鋭さが光る。

2009/02/19 14:54

投稿元:ブクログ

長嶋有好きにはたまらない、エッセイ集。

何気に隠された(カバーを外すと読める)短編も、
可愛らしい。

ああ、『ジャージの二人』の題材は
ご自分だったのかな。とか
『猛スピードで母は』『サイドカーに犬』も
どこか自己体験と重ねてるんだなあと、
しみじみ見えてくる。


いやあ、ほんとベダボレちゃってるな、長嶋有に。

2005/12/23 03:09

投稿元:ブクログ

思ったより面白くない。爆笑する部分もあるが、てめえこんな女の子っぽいタイトルと表紙にするなよな(それ自体が一つのパロディなのかもしれないが)、もっと自分のキャラでいけよ、エッセイはすべてカッパブックスか大田出版で出すかぐらいの覚悟で行けよな。

2006/09/10 10:16

投稿元:ブクログ

長嶋有さんのエッセイ。「猛スピードで母は」を読み、エッセイも読んでみたいと思いました。「猛スピード〜」と一緒に入ってる「サイドカーに犬」は今度映画化なのだとか?楽しみです。長嶋さんの毎日の感じ方が不思議でおもしろい。

2007/08/06 10:04

投稿元:ブクログ

著者のことを、ちょっと前まで女性だと思っていた(小説の雰囲気やペンネームから)。でも、おもしろい男じゃないか。小説からはちょっと想像できないほど、私好みにおもしろい。しかも、ブルボン小林だったとは。いろんな顔持ちすぎ。私も弟子欲しいなーなんて名前にするかなーなんて、どうでもいいことを延々と考え出しそうになった。

2006/07/10 00:20

投稿元:ブクログ

長嶋有のエッセイ集。弟子を持つことに憧れて、すでに名前(ポンポン板井)は決めてあるというお話には笑ってしまいました。他作家の本の解説として書かれたもの、芥川賞受賞の話も収録されていて長嶋有ファンにはたまらない一冊ですね。

2011/01/23 20:30

投稿元:ブクログ

あらためてこの人の小説を読もうと思った。でも、正直小説よりこういったエッセイの方が好みです、長嶋さん。(笑)

2009/11/01 12:22

投稿元:ブクログ

「泣かない女はいない」に続いて読んでみたエッセイだけど、
いろんなところに書いたものを寄せ集めた本らしく、なんだか読みづらかった。
寄せ集めなのもあるけど、この人がおもしろいと思うものの感覚自体が合わないのかも。

穂村弘のことを書いているとこと、カウリスマキのコメントのとこと、パタリロのとこだけは共感しました。

2012/02/20 22:48

投稿元:ブクログ

以前に1度中身を確認ぜずに借りたら苦手なエッセイだったので読まずに返却。先日友達におすすめされたので読んでみたら何が苦手やったん?と自分に呆れつつ声上げて笑いながら読了。

全然関係ないけど、最近河童流行ってんのかなよく見かけるな〜(そういう意味じゃなく)とか思ってたらこの本にも河童。昨日キアロスタミ監督の写真集のことググってたらまたこの本にも監督のことが。2005年発行なのに。
こういう偶然て他の本読んでる時にもたまにあったりして、もしかしてそういう現象には何か名前ついてんだろうかなんて考えてた。

2014/04/30 19:06

投稿元:ブクログ

長嶋有先生とは、楽しみを感じるベクトルが同じ方向を向いてる!毎回何を読んでも思います。ただいつも、斜め上を軽やかに華やかに羽ばたいてるので、とうてい追いつけない。当たり前ですが。だいぶ前のエッセイ、読みのがしていたモノを。

2011/12/19 23:57

投稿元:ブクログ

小説では、肩の力をぬいた感じで、淡々とした作風だけど、
その裏では、いろいろなことを考えて、しっかり練られているんだなと感心させられるエッセイ。

豊富な知識をもっていて、あえて脱力な感じの、気取らない作風を作り上げているというのは、さすが文筆家だなぁという感じ。

かなりオタクな知識にはついていけない部分が多数。

作家エッセイ ランキング

作家エッセイのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む