サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. サウジアラビア 変わりゆく石油王国

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サウジアラビア 変わりゆく石油王国(岩波新書 新赤版)
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.8
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/241,2p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-430964-6
  • 国内送料無料
新書

紙の本

サウジアラビア 変わりゆく石油王国 (岩波新書 新赤版)

著者 保坂 修司 (著)

莫大な埋蔵量を誇る石油が生み出した富と裏腹な失業率の高さ、超近代的な高層ビルと厳格なイスラム教の習慣の共存など、矛盾を抱えるサウジラビアの現状を伝え、グローバル化の波にさ...

もっと見る

サウジアラビア 変わりゆく石油王国 (岩波新書 新赤版)

842(税込)

ポイント :7pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

莫大な埋蔵量を誇る石油が生み出した富と裏腹な失業率の高さ、超近代的な高層ビルと厳格なイスラム教の習慣の共存など、矛盾を抱えるサウジラビアの現状を伝え、グローバル化の波にさらされて変貌しつつある今後を占う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

保坂 修司

略歴
〈保坂修司〉1957年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。財団法人日本エネルギー経済研究所中東研究センター研究主幹、早稲田大学イスラム科学研究所客員助教授。著書に「正体」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2011/09/28 21:22

投稿元:ブクログ

王族のメディア支配。
サウジには王族の経済活動を禁止したり抑制したりするシステムはない。彼らが何をやろうと、法的には規制はない。
そもそもサウジが出す数字に信憑性がない。
サウジ人は、ホワイトカラーの職業を選びたがる。
対米ジハード戦線に燃えている。

2012/04/21 21:59

投稿元:ブクログ

人口増、宗教教育、雇用、そして石油依存型経済。

サウジアラビアの懸案事項が端的に網羅されている一冊。

2012/02/22 19:23

投稿元:ブクログ

サウジアラビアというと王族と石油。
ほかにはないのだろうか。

サッカーなどで「中東の笛」と呼ばれるものに対する切込みがほしい。
気候風土、部族社会、倫理観、生活、風習などがわからないと見えてこない。

2012/12/30 02:17

投稿元:ブクログ

サウジアラビア近代の話が主体。読みやすかった。
石油依存からの脱却の腰の重さ、臭い物に蓋な政策、外圧により強制的に動くなど何だか日本みたいだなと思った。
第3章の部分で歴史にifはないがどこかひとつでも政策や対応が違っていたら違う事が起こったかもしれないと思うと何とも言えない気分になった。
9.11へ向かっていく過程が気持ち悪い。
ムハンマドという名前は結構頻繁にでてきたが、特別な名ではなく日本でいう「ひろし」の様なメジャーな名前なのだろうか??

2013/08/24 12:23

投稿元:ブクログ

サウジアラビアは石油生産・埋蔵量世界一で豊かな国というイメージとイスラムの厳正な戒律の国という2つの遠いイメージの国です。それが親米国家で悩みがないと思ってしまいがちですが、いかに難しい将来になっているかを痛切に知らされました。人口急増、石油以外の産業がないため想像を絶する高い若年層失業率、家族主義が影響するブルーカラー職業への忌避。中東の他の国々の王制が崩壊していく中で、サウド家の王朝が続くのは、何千・何万というこれまた想像を絶する多数の王族の存在。そして彼等が国家・地方の主要ポストを占めている!その王族の経済基盤は国家予算に入っていないため謎だという。サウジが崩壊する日はいつか必ず来るように思えるのですが、その時は世界の大混乱が怖いです。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む