サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 聚楽 太閤の錬金窟

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

聚楽 太閤の錬金窟(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/763p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-130932-9
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

聚楽 太閤の錬金窟 (新潮文庫)

著者 宇月原 晴明 (著)

聚楽 太閤の錬金窟 (新潮文庫)

967(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

おぞましくも美しい悪夢

2016/11/21 19:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

三英傑を扱った小説は山のようにありますが 特に好きな作品。戦国奇譚として一級品です。絶望と喪失を共有する秀吉と家康が印象に残っています。読後感はどこか物悲しい…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

もってまわった文章だと、なんだか奥が深く感じちゃうんですよね。でも案外、気取りだけだったりなんかして。え、信長だってそうだったかも?

2005/09/06 20:18

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「信長に魅せられた二人の武将、秀吉と家康。二人が出会う驚愕の事実を、秀次の暗い情熱から描く」時代ファンタジー。
日本ファンタジーノベル大賞受賞作『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』に続く、暗黒の戦国時代ファンタジーです

信長亡き後の動乱の時代。孫七郎が見る炎に、曾呂利新左衛門が、あれは小谷の城の火と教えることから話が始まります。家康が回顧する、優しくも厳しい実際家の信長。自分に温かく接するかと思えば、そこには冷徹な計算がいつもあった革命児。しかし、やはり優しかった魅力に満ちた大王。
秀吉にとっては、自分が足元にも及ばない知恵と勇気、気高さと残虐さをもった魔王、そして美貌のお市の方の兄 信長。信長亡き後、天下を巡って対立するかに見える二人にあるのは、その信長への畏れの気持ちであり敬愛です。だから周囲の目に拘らず、単純に反目はしません。そんな二人にかまわず時間は過ぎていきます。
秀吉の朝鮮出兵は失敗に終わり、家康は信康を見殺しにしたことを悔やみながら、関東に封じられます。石田三成は実権を握り、秀吉は太閤の座を息子の秀次に譲る。その秀次の下で行われている怪しい所業とは。それを探ることを家康から命じられた服部平六と、曾呂利新左衛門との闘い。
京都の町で、秀次にその眼を見出された少女 竹が出会う不思議と悲劇。その驚異的な知識によりキリスト教会の期待を一身に集めながら異端の修道士となってしまったポステル。彼の後を追跡するイエズス会士ラモン。今は亡きラモンの跡を継いだフェルナンド・ガーゴ。彼と平六が忍び込んだ聚楽第で繰り広げられる秘儀とは。
実は、こう書きながら、どこか違っているのではという思いがしてなりません。それは前作『信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス』を読んでいたときも感じた居心地の悪さと同じです。宇月原の文章は、決して易しいものではありません。しかも、視点も時間も大きく動くのです。単純な解説を作者が拒んでいるのですから、こちらは必死で大きな仕掛けなどを読み解かねばなりませんが、含みの多い文章は単純にそれを許さないのです。
単純な時代小説ではありません。読者に西洋の、特にキリスト教や異端に対する知識がなければ、ただ気取っただけの西洋かぶれの作家の本として退けられるか、逆にわけも分からずあり難がられるかのどちらかでしょう。できれば、小栗虫太郎『黒死館殺人事件』のように、繰り返し読めば何かが摘めるのかもしれません。一回でこの本を理解しようなんて、という著者の言葉が聞こえてきそうな壮大な暗黒史ではあります。でも、ホンモノ?という声が遠くから聞こえるのも事実ですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/01/28 20:45

投稿元:ブクログ

とってもグロテスクだった。
それでいて、ストーリーはよくできていた。
でも、徳川家康がいい人というのが納得でけん!

2006/06/04 23:11

投稿元:ブクログ

最後まで読んで、強い衝撃を受けて、丸一日現実世界に返ってこれませんでした。最後の家康のせりふが、まんま読者の気持ちを代弁してくれました。

2012/03/27 20:52

投稿元:ブクログ

絢爛豪華でグロテスク。交錯する異国文化。ここがこう繋がるか、となかなか楽しかった。秀吉像が坂口安吾だなあ。

2013/11/07 23:20

投稿元:ブクログ

内容的に分かりにくいし読みにくい
キリスト教的素養と日本史の裏側が必須か
結構飛ぶし、暗示的な表現、わざと分かりにくい表現等読むのに少ししんどい

2008/11/12 22:50

投稿元:ブクログ

08/11/12読了
相変わらずトンデモです。だがそこがいい。
この人の信長像が特にトンデモなんだけど、強烈で惹きこまれる

2010/06/20 21:09

投稿元:ブクログ

戦国ゴシックホラー超大作。
聚楽第がまったくもって異界ですが、西洋のグロテスクな逸話も織り交ぜて進んでいくストーリーは、いくらかの真実と多数の逸話やフィクションも巧く繋げてあり、最後まで飽きずに読めました。
色々な人が人外、とにかくグロ、全編を通してどっぷり深~い闇。
好き嫌いは分かれる作品だと思いますが…
自分には、酷く切なくて美しい話に思えた。

2009/11/07 15:26

投稿元:ブクログ

思慕と喪失。拠り所を失った心の、崩折れていく様。初めて共感した家康像。これもまた、色彩鮮やかな描写。

2011/04/03 22:03

投稿元:ブクログ

 伝奇小説に西洋のオカルト思想を絡める手法は、「信長 あるいは戴冠せるアンドロギュヌス」以上の奇想に満ちています。
 キリスト教の異端信仰や錬金術が持ち込まれ、そして今作で信長たちに結びつけられるのはジル・ド・レ。秀次の奇行がジル・ド・レの虐殺に絡みつく発想が凄すぎる。
 しかも史実に上手く当てはめ、説得力に満ちた筆力で圧倒されます。
 ショック映画ファンも納得のグロな描写の連続も凄すぎるし。
 イエズス会の使者と服部忍者が手を組んで戦う相手の秘術は、風太郎の忍法を想起される珍奇さでもあります。
 760頁もの大作ですが、面白くて一気に読んでしまいました。

2014/01/18 04:33

投稿元:ブクログ

最初の数ページで「おまえはいったい何を言っているんだ」となったけれど、
そう思いながら先に進ませてしまうだけの筆力があるのではと思った。

主人公は秀吉のように見せて、どちらかというと家康かも。
あと本多正信の出番がやけに多い

2010/12/19 23:25

投稿元:ブクログ

オカルトとグロと荒唐無稽がてんこ盛りで、その上時間軸も視点もころころとかっ飛ぶ。正直読むのが辛い。が、信長秀吉家康の人物造形がその読みにくさを補って余りあるほど良いです。瓜のエピソードと秀吉と家康の対話は一読の価値あり。しかし読みにくい。とんでもなく読みにくい。

2011/05/15 23:39

投稿元:ブクログ

信長に続き日本史に西洋文化をからめていくのですが、今回はジャンヌ・ダルク&ジル・ド・レイで錬金術ですよ。
あまりにインプットが多くて、メチャ疲れました。
相変わらずグロいのも朝の通勤電車で読むには辛かったっす... 
しかしこの発想力はすごいです。
なんとなく辻褄あってるような気にさせる手腕もさすがです。

自分の情報処理能力には辛かったということで星3つ。

2014/01/09 21:59

投稿元:ブクログ

時は安土桃山、関白となり聚楽第に入った秀次が果てるまでを山場にした絢爛たる伝奇小説です。グノーシス、錬金術、グロッタ、アンドロギュヌスですか!ゴシック小説と見まごう道具立てです。マニエリスム期に花開くグロッタが、聚楽の地下に出現するとは、思いもよらない想像力ですね。グロテスクの語源であるグロッタで繰り広げられるバトルシーンは、目も眩むほどの豪奢でグロテスクな描写で、戦慄のクライマックスでした。伝奇ものは、風呂敷を広げすぎて、破綻することがありますが、本作は周到に設計され完成度が非常に高い。とにかく、脱帽するような傑作です。