サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

小さい牛追い 新版(岩波少年文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2005.10
  • 出版社: 岩波書店
  • レーベル: 岩波少年文庫
  • サイズ:18cm/283p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-00-114134-5
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

小さい牛追い 新版 (岩波少年文庫)

著者 マリー・ハムズン (作),石井 桃子 (訳)

ノルウェーの農場に住む4人兄弟は、両親と一緒に村中の牛をあずかり、山の牧場で夏を過ごします。豊かな自然の中で学び、働き、のびのびと生きる子どもたちの素朴な日常を温かく描く...

もっと見る

小さい牛追い 新版 (岩波少年文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年1月20日(金)~2017年1月26日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「小さい牛追い 新版」が含まれるセット商品

宮崎駿監督が選ぶ少年文庫セット (岩波少年文庫) 56巻セット

宮崎駿監督が選ぶ少年文庫セット (岩波少年文庫) 56巻セット

  • 税込価格:42,941397pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

ノルウェーの農場に住む4人兄弟は、両親と一緒に村中の牛をあずかり、山の牧場で夏を過ごします。豊かな自然の中で学び、働き、のびのびと生きる子どもたちの素朴な日常を温かく描く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

マリー・ハムズン

略歴
〈マリー・ハムズン〉1882〜1969。ノルウェー生まれ。洗練された都市生活を否定し、自ら原始的な農民の生活をした。著書に「牛追いの冬」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

経済的以外の豊かさ

2016/05/09 11:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

北欧の自然の中で、のびのびと遊びまわる4にんの姿がほほえましい。何もない場所で道具を使わずに遊ぶことが、今の子供たちにも伝わるはずだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/01/16 12:56

投稿元:ブクログ

恐らくこの本は、イマドキの都会の早熟な子供たちにはつまらない本なんじゃないかと思います。  「ハイジ」に似ているところもあるんだけど、ハイジの場合は「アルプスの山の上」と「フランクフルトという大都会」を経験している分、都会暮らしの自分に引き寄せて読むことができる「とっかかり」みたいなものがあるんだけど、この物語で描かれている子供たちの世界っていうのはイマドキの都会育ちの子供たちには想像するだに難しい「遊びの世界」なんじゃないかと思うんですよね。  牛に振り落とされたり、ボタンのお金で交換したり、沼地で壊れかけた筏に乗って釣りをしていたら漂流しかかったり・・・・・・。  モノで遊んでいなかった時代の子供たちの姿が瑞々しく描かれています。  

でもね、昨年の夏、Lothlórien_山小舎に親戚が泊りがけで遊びに来たんだけど、その子供たち(小学生と幼稚園児)はこんな山の中だと何をして遊んでいいのかわからないみたいだったんですよね。  で、結局、家の中で KiKi の Nintendo DS でゲーム三昧の時間を過ごしていたわけだけど、KiKi の子供時代であれば山の木が基地に見立てられたり、水の中を泳ぐ小さな虫や蛙が妖精にも悪魔にも化けたりして飽きることがなかったことを思うと、そういう経験をしたことのない子供にはこの物語に出てくる四人きょうだいの他愛もない遊びは全くと言っていいほど理解できないんじゃないかと思うんです。

で、そういう遊び(と言いつつも、彼らにとってはそれが単なる遊びの範疇を超え、現代的に言うならば夏休みのアルバイトを兼ねていて、そこには労働が伴っている)の中で彼らは彼らなりの大冒険を経験しているんだけど、昨今の物語に多いCG使いまくりのハリウッド映画的な冒険と比較するとどうしても地味な感じは否めません。  その地味さ加減が KiKi なんかの世代には懐かしくもあり羨ましくもあったりするんですけどねぇ・・・・・・・(苦笑)

この物語の凄い所は、子供が持っている愛らしさと残酷さ、優しさと冷たさが余計な装飾なしに素直に、でもちゃんと両立して描かれているところだと思います。  勉強好きで物静かでどちらかというと思索家タイプのお兄ちゃんが勉強嫌いで人当たりがよくお調子者の弟を疎ましく思う気持ち、逆にそんな弟がどうしても頭の上がらないお兄ちゃんを暴君のように思う気持ち、命を落としかねない肺炎を患い家族中の心配を一身に集め、甘やかされているうちに、それが当然と思うようになってしまった末っ子の気持ち。  そのどれもが KiKi 自身にも身に覚えがないわけじゃない感情で、読んでいてちょっぴり切なくなってみたりもして・・・・・・(笑)

(全文はブログにて)

2011/12/26 15:13

投稿元:ブクログ

ノルウェーの農場に両親と住む四人兄妹の春から夏の物語。
一家は、夏の間、村中の牛をあずかって山の牧場へ行きます。特に、上の二人である男の子たちが、交代で小さな牛追いとして励みながらも、豊かな自然の中で遊ぶようすが、とても生き生きと語られる名作。
対照的ともいえる兄のオーラと弟のエイマールの個性ゆえにまた面白く、兄妹や動物たち、彼らをめぐる人々とのやりとりなど何とも愉快です。
時にはらはらさせるような彼らの行動も、あたたかく忍耐強く見守る両親がいてこそと感じられ、なかなか素晴らしいおかあさんの存在は魅力的。あたたかく、楽しい物語です。

巻末にある、作家の中川李枝子さんの思い出話が、また興味深かった。
もう一冊、彼らの冬を描いたものもあるんですね。これも面白そう…。

2010/09/15 22:58

投稿元:ブクログ

▼マリー・ハムズン『小さい牛追い』岩波少年文庫

農場の四人のきょうだい、一番上のオーラは十歳、次のエイナールが八歳、このふたりが男の子。夏のあいだ、両親と妹たちと、村じゅうの牛を預かり、山の牧場ですごす。オーラとエイナールは、降っても照っても、牛をつれて山へ分け入り、牛追いをする。その夏のあいだの、小さい牛追いたちの日々を描いた話。

これがおもしろかった。途中で、うっふっふと笑ってしまった。話は主に、オーラとエイナールを中心に書かれる。十歳と八歳、人生はなかなかきびしい(笑)

「男の子」「女の子」がちょっとハッキリしすぎていて、今の目からみたらどうよと思うところも多少はあるが、男の子ふたりが、牛追いとしての役目をはたしつつ遊びにも夢中になる様子が(牛から目をはなしてしまって、青くなったり)、読んでいてしみじみとよかった。

一番上の兄ちゃん・オーラは本がとてもすきで、おかあさんの料理本から聖書まで読む。本を読むオーラの姿は、むかしの自分にちょっと似てる気がする。きょうだいの、一番上だということも。
▼何かあたらしい本が手にはいると、いつもこっそりどこかにかくれて、じぶんが、どこにいるかも忘れて、読みふけります。ほかの子どもたちが、そういう状態にいるオーラを呼ぼうとすれば、それはまるでべつの、遠い世界から、かれをつれもどすようなあんばいでした。不幸なことに、おとなたちもまた、オーラを呼ぶという、ふゆかいなくせをもっていました。オーラ、少し薪をわっておくれ、オーラ、早く、水を一ぱいくんできておくれ、などというのです。オーラ、それ、オーラ、あれ、というぐあいで、一日つづきます。オーラがいちばん年上で、なんにも役にたたない、いくじなしのおとうとやいもうとをもっているばっかりに。(p.34)

わかるなあ、この感じ。

2016/10/28 12:39

投稿元:ブクログ

161028読了。
中川李枝子さんの『子どもはみんな問題児。』を読んで知った児童書です。
舞台はノルウェー、男の子2人と女の子2人の4きょうだいと両親の生活が描かれています。
大草原の小さな家ともトム・ソーヤの冒険とも少し違う、のどかで可愛らしいお話です。
中でも目を引くのが、男の子のきょうだいオーラとエイナールの冒険、取り引き、心理の描写です。
それぞれの性格がいきいきと描かれていて、自分がこどもだったらわくわくしたに違いないけれど、今やお母さん目線で見てしまう私はハラハラしてしまいました。
でも彼らのお母さんは暖かくやさしく、おおむね遠くでだまっています。素敵です。
日本語訳も、やさしいことばで丁寧に訳されているのが伝わりました。

2011/10/18 07:27

投稿元:ブクログ

4~5年から。ノルウェイが舞台の、牛追いをしながら山で過ごす子どもたちの話。男の子たちの行動がとても面白い。兄弟げんかもいたずらも容赦ないところが現実味があって引き込まれる。

2016/06/28 09:39

投稿元:ブクログ

ぐりとぐらの中川りえこさんが、理想の母親が出てくるということで読んでみました。そりゃもう活発な男子2人と女子2人を育てるママなんですが、主役はほぼ子ども。でもそばでハラハラしたり、優しく見守る母がたまに描かれ。そんなもんかーと思ったところの結末の描写にほろりとさせられました。ここか!!子どものやさしさにほろっと涙するお母さんの様子。ここかー!!とちょっと感動。しかしなかなかの肝の座りような母さんで、真似るのはなかなか。でも意識してみます。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む