サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おりの中の秘密
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: あすなろ書房
  • サイズ:20cm/102p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-7515-2196-9
  • 国内送料無料

紙の本

おりの中の秘密

著者 ジーン・ウィリス (著),千葉 茂樹 (訳)

ことばを話さないものたちといっしょにいたくて、ぼくは動物園に行く。そしてある日、知ってしまった。おりの中にかくされた秘密を。その「秘密」を知っているのは、ぼくだけだった…...

もっと見る

おりの中の秘密

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ことばを話さないものたちといっしょにいたくて、ぼくは動物園に行く。そしてある日、知ってしまった。おりの中にかくされた秘密を。その「秘密」を知っているのは、ぼくだけだった…。少年とゴリラの奇跡の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジーン・ウィリス

略歴
〈ジーン・ウィリス〉1959年ハートフォード州生まれ。イギリスの絵本・児童文学作家。絵本、詩、小説などを発表。作品に「ふたりはともだち」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2006/05/27 13:05

投稿元:ブクログ

言葉を話さない動物といたくて動物園に行く。トムは、耳は聞こえているし、理解しているが言葉を話せない。でも、動物た
ちはトムに全身で言葉を伝えてくる。大好きなゴリラの檻の前でじっと雌ゴリラのサンジを見つめていると、彼女は手話を使ってトムにある秘密を教えてくれた。

2007/09/11 19:29

投稿元:ブクログ

失語症の話を2冊読むことになるとは思わなかった〜失語症の僕はロンドンに住む11歳の僕は皆に同情される。家の近くにある動物園が大好きだ。言葉を話さない動物たちの声が聞こえてくるからだ。妊娠した母とゴリラ園に行くと,雌のゴリラ・ザンジは手話で僕に「わたしのお腹にも赤ん坊がいる」と教えられた。妹が産まれ,ゴリラにも赤ん坊が産まれたが,ゴリラの子は母親から切り離されてアメリカに連れて行かれると聞いて,僕は妹を連れて実力行使に出る。ゴリラ舎の鍵をくすね,妹をザンジに預け,見物人が騒いだところで,ゴリラの赤ん坊を取り戻させるのだ。咄嗟のことに僕は言葉を発し,作戦は成功した〜カリフォルニアで手話を憶えたゴリラと一緒に過ごした母ゴリラから手話を憶えたという設定。言葉を遣わない子みゅにーションもあるということを云いたいのかな。でも最後は,とっておきの手段として声を出すのね

2006/08/01 11:48

投稿元:ブクログ

言葉を話さない動物といたくて動物園に行く。トムは、耳は聞こえているし、理解しているが言葉を話せない。でも、動物たちはトムに全身で言葉を伝えてくる。大好きなゴリラの檻の前でじっと雌ゴリラのサンジを見つめていると、彼女は手話を使ってトムにある秘密を教えてくれた。

2007/07/03 11:51

投稿元:ブクログ

主人公「ぼく」は、話せない11歳の男の子。ある日、母さんと一緒に訪れた動物園で、ぼくは、ゴリラのおりの中に隠された秘密を知ってしまう。

ぼくが、周りの人たちに傷つけられていく様は、あまりに悲しく、切ない。
言葉の魔力、言葉の恐ろしさ。
私の紡ぎだす言葉たちは、誰かを傷つけてはいないだろうか?そんなことを、深く深く考えた。

最後に起こる、ぼくとゴリラの奇跡は、最高に温かく、希望に輝いている。「良かったね。」そう言って本を閉じ、私は、また、言葉について考える。
私の紡ぎだす言葉たちは、誰かを傷つけてはいないだろうか?

2010/10/09 17:30

投稿元:ブクログ

ぼくは手話でしか話せない。だから、言葉を話さない動物たちといたくて動物園に行く。そんなある日、ゴリラのザンジが手話ではなしかけてきた。「おなかに赤ちゃんがいる」って! ところが、生まれてきた赤ちゃんゴリラは、他の動物園に送られるためにザンジから引き離されてしまう。悲しみにくれるザンジ。なんとかしなきゃ!

2012/11/11 18:30

投稿元:ブクログ

ココが実在するゴリラなので、この物語の中のゴリラの存在がフィクションかノンフィクションか微妙な印象。
言葉を出せない男の子の気持ちが、スッキリしないまま終わった印象。

外国の作品 ランキング

外国の作品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む