サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【修正依頼】7/1 【店舗】honto会員400万人突破記念!全額ポイントバックキャンペーン(~7/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくのともだち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-02737-4
  • 国内送料無料

紙の本

ぼくのともだち

著者 エマニュエル・ボーヴ (著),渋谷 豊 (訳)

【日仏翻訳文学賞(第13回)】「孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい!」 パリ郊外、孤独な日々を送る青年ヴィクトールは、すれ違う人々となんとか心を通わせようとするのだが...

もっと見る

ぼくのともだち

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日仏翻訳文学賞(第13回)】「孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい!」 パリ郊外、孤独な日々を送る青年ヴィクトールは、すれ違う人々となんとか心を通わせようとするのだが…。世にも悲しいユーモアを漂わせた、パリでもっとも不器用な男の話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エマニュエル・ボーヴ

略歴
〈エマニュエル・ボーヴ〉1898〜1945年。パリ生まれ。1924年に「ぼくのともだち」でデビュー。1928年にはフィギエール賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『ぼくのともだち』を読んで

2011/04/13 10:49

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ぼくのともだち』を読んだ。
エマニュエル・ボーヴは『のけ者』がすばらしかったので、
また同じ作者の小説を読んでみた。

「ぼく」は戦争で傷を負い、年金で暮らしている。
一人暮らしで友だちがいない。
この小説はそんな「ぼく」が必死に友だちを
求めようとしながら、そのたびに失敗していく話だ。
文体は陰惨な感じはなく、ユーモアがただよっている感じ。

「ぼく」は自意識過剰でそのために「友だち」になりかけた人
と別れてしまったり、あるいは女好きのせいで、うまくいかなかくなったりする。

身体障害者や「黒人」の人に対する視線には気になる部分も感じるが、
それは、1920年代の小説だから仕方ないのかな。

完成度としては『のけ者』の方が上だと思うし、
個人的には『のけ者』の救いのなさが好きだが、
この小説も十分に楽しめた。

それにしても、フランスの作家ってパリを描くのが好きだな、と思う。
ゾラの『パリ』をついこの間、読んだばかりだから、余計に、
そう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/28 00:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/09 23:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/12 00:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/10 20:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/04/16 17:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/10 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/09 21:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/05/05 12:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/23 05:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/04/08 23:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/15 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/10 00:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/04/14 13:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/01/25 02:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る