サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

おもちのきもち(講談社の創作絵本)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 52件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2005.12
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社の創作絵本
  • サイズ:27cm/1冊(ページ付なし)
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:978-4-06-132323-0
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

おもちのきもち (講談社の創作絵本)

著者 かがくい ひろし (作・絵)

【講談社絵本新人賞(第27回)】おもちだって、いろいろなやみがあるんです。きょうだいたちは、にんげんにたべられてしまうし…。そこでわたくし「かがみもち」は、お正月、とある...

もっと見る

おもちのきもち (講談社の創作絵本)

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「おもちのきもち」が含まれるセット商品

かがくいひろしの絵本 5巻セット

かがくいひろしの絵本 5巻セット

商品説明

【講談社絵本新人賞(第27回)】おもちだって、いろいろなやみがあるんです。きょうだいたちは、にんげんにたべられてしまうし…。そこでわたくし「かがみもち」は、お正月、とある決心をしました! びっくり、めでたい、驚愕の「おもちワールド」へ出発。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

かがくい ひろし

略歴
〈かがくいひろし〉1955年東京生まれ。東京学芸大学教育学部美術学科卒業。第13回紙わざ大賞展準大賞受賞。「おもちのきもち」で第27回講談社絵本新人賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

『だるまさん』シリー...

ジュンク堂

『だるまさん』シリーズで人気の絵本作家・かがくいひろしさんが
急逝してから、今日でちょうど1年です。

2005年に50歳でデビューしてからたった4年の間に、
たくさんのたくさんの素晴らしい絵本を私たちにプレゼントしてくださいました。

不思議の国に迷い込んだような、独特な絵。
そして、おはなしの内容もふしぎ!
『おもちのきもち』は、記念すべきデビュー作です。

この表紙の、腕組みしてる鏡もちさんが主人公。
頭をさんざ叩かれて(餅つきですから)
そして食べられるなんていやだ~!と考えた鏡もちさん。

ああ、もっとかがくいさんの本が読みたかった。

【折々のHON 2010年9月28日の1冊】

書店員レビュー

ジュンク堂書店ロフト名古屋店

たごさくさん家のとこ...

ジュンク堂書店ロフト名古屋店さん

たごさくさん家のとこの間にかがみもちが飾られていました。そんなかがみもちには何やら悩みがあり、なんとつきたてでやわらかいのをいいことに、ビローンとのびて逃げ出してしまいました。
ところが逃げたのはいいものの、途中でお腹がすいてしまい・・・?
かがくいさんワールド全開のお話と絵を、ぜひ親子で笑いながらご堪能ください!

児童書担当 前田・宮本

みんなのレビュー52件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

おもちも悩むのね

2008/01/29 18:30

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:シェリー - この投稿者のレビュー一覧を見る

「お年賀にどうぞ」の文字にひかれて、おもわず購入しました。
表紙の腕組みして悩んでいる鏡もちの表情がいいですね。
最近は自宅で餅つきをすることもなくなり、鏡もちはスーパーで並んで売られているものと思っているかも・・・
幼稚園行事でお餅つきをする程度で、その後、経験する事はありません。
この絵本でおもちができる様子がわかります。
お持ちの気持ちもわかります。(笑)
それにちぎられたおもちの表情や、逃げ出す鏡もちの表情と
おもちの柔らかさがとてもユニークに描かれていて私も思わず
プッとふきだして笑ってしまいました。
最後のページでは、おもちは、つきたては柔らかく時間がたつと硬くなるという性質がよくわかる絵です。これも笑ってしまいました。
日本の伝統行事について、子供にも楽しく読める絵本がたくさんあると季節の行事や由来に親しみを感じてもらえるかなあと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お正月に

2016/02/02 22:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

お正月シーズンに。
おもちが逃げ出した!?
この逃げていくシーンがこどもは特に好きなようです。迫力あります。
面白い絵本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まさかのお餅がお餅を食べちゃう?

2016/11/29 19:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:真太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

普段は人間がお餅を食べて感想を言う立場を、お餅の側から食べられる感想を表すという面白い視点。中でも、キングオブもちの鏡餅は、食べられまいと必死で逃げるも、疲れて自分を食べてしまい。あまりにもおいしくてとうとう円(まる)の形になってしまい、オチとしては、丸く収まったということでしょうか?(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

納得

2016/11/14 22:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:がんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おもちってつく方も大変だけど、つかれる方も大変な思いをしているんだね。お正月のおもちたちの思い。ページをめくりながら、確かに・・・とうなずく事あり。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お餅の身にもなってみて

2016/09/10 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:coco - この投稿者のレビュー一覧を見る

たたかれたり、のばされたり、ひどい目にあった上に、最後は食べられてしまうお餅たち。
恐ろしくて隙をみて逃げ出しちゃう場面も、鏡餅が好奇心に負けてしまう場面も、かがくいさんのやさしい絵で愛嬌たっぷりに描かれます。
お正月におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

おもちがしゃべることができたら

2016/02/13 08:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アリス - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつも、ただ美味しいね。としか思わず食べていた、お餅大好き息子…。
読んでから、食べるたびに、お餅の気持ちを語るようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇抜な発想、ユーモラスでかわいい絵

2016/01/22 21:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

かがくいさんといえば、あたたかいタッチで描かれるユーモラスな絵が何といっても素敵。今回も、いきなり最初のほうであんこやきなこをまとった色々なおもちの姿に顔がほころんだ。
かと思ったら、主人公のかがみもちの登場。このかがみもちが掟破りな存在で、何と自分で動き出すわ、自分で自分を食べるわ…そのとんでもない行動のおもしろさには目を引きつけられずにいられない。
特に好きな場面は、かがみもちが自分を食べる時にのけぞる様子。のびてる感じがいかにも餅!でいながら、愛らしさも満点。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/12/20 10:03

投稿元:ブクログ

大人:
おもしろい。
もちが、ペッタン何度も頭をたたかれて・・・
兄弟は、のしぼうでのばされたり、きられたり・・・
あんこ、きなこ、だいこんおろし、なっとうもちに・・・

鏡餅の主人公が、食べられるのを恐れてペッタンペッタン逃げ出す話。
もう、絵がユニークで面白い。


3歳児:
「ビロンンビロンビローン」「カポ」「フンゴ」という擬音語がおもしろい。
また、その時の絵の顔がとってもおもしろくて笑える。
保護者も、ここで笑っていました。
最後は、あっさりとした終わりかたに微笑だったけど。
鏡餅を知って見たことがあると、もっと楽しめたはず。
それでも、けっこう笑っていました。

2008/09/09 00:44

投稿元:ブクログ

 講談社絵本新人賞受賞作ということで購入してみました。絵がかわゆい!お正月に、近所の子供に送ってあげたい...。

2006/11/06 10:30

投稿元:ブクログ

おもちだって、いろいろ考えるのさ。ただただ食べられちゃうのって、おもしろくない。だから、鏡餅は逃げ出した。すたこら走って、段々固くなってきちゃった・・・どうしよう?こうしてみよう!あれ??

2016/03/10 11:16

投稿元:ブクログ

ほんわかした色合い。

最後のぐるっと噛んでいる時の表情が
たまらなくいいな。

まんまるで斬新な鏡餅ね。

2006/12/06 21:10

投稿元:ブクログ

おもちがいろいろ考えて食べられる前に逃げ出します。コミカルな絵本です。
お正月の季節にいかがでしょうか!

2016/12/22 09:29

投稿元:ブクログ

「おもち」にだって色々悩みがあるんです。
年末年始、あちらこちらで、もちつき大会が開催されてますね。
お正月になると、お雑煮にいれたり、きな粉やあんこをまぶしてみたり…。変わり種なら薄くスライスしてチーズをのせて焼いてもちピザ…。
ついつい、食べ過ぎてしまう「おもち」、美味しいですよね。
でも、「おもち」の気持ちって考えたことありますか?
この絵本はそんな「おもち」の気持ちについての絵本です。
気がついたら何度も頭を叩かれて、伸ばされ、千切られたり…。最後は人間にぺろりと食べられてしまう「おもち」。
そんな中、「かがみもち」が、人間に食べられる前に、と逃げ出してしまって…。
お正月につきものの「おもち」、そんな「おもち」の気持ちについて、食べる前にちょっと考えたくなる絵本「おもちのきもち」。
「おもち」を食べる機会が増えるこの年末年始におすすめの一冊です。

ペンネーム ネコヤナギ

2010/12/08 17:24

投稿元:ブクログ

年末でもういくつ寝るとお正月
師走と走るにかけて
良い感じにまとまりそう。

本も丸くまとまってますし。

年始よりも今年もあと僅か、今年にやり残したことはないですか?

みたいな。

2011/08/26 00:43

投稿元:ブクログ

やっぱり著者の絵はかわいい☆見ていて癒されるが、今回はおもちのきもち、自分で自分を食べてしまう展開にはびっくり、さらには最後固くなってしまうのは何でかよくわからないけど、面白い。