サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

眠れぬ真珠(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 192件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2008/12/01
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/367p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-125052-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

眠れぬ真珠 (新潮文庫)

著者 石田 衣良 (著)

出会いは運命だった。17も年下の彼に、こんなにも惹かれてゆく—。孤高の魂を持つ、版画家の咲世子。人生の後半に訪れた素樹との恋は、大人の彼女を、無防備で傷つきやすい少女に変...

もっと見る

眠れぬ真珠 (新潮文庫)

637(税込)

眠れぬ真珠

648 (税込)

眠れぬ真珠

ポイント :6pt

販売終了

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

眠れぬ真珠(新潮文庫)

659 (税込)

眠れぬ真珠(新潮文庫)

ポイント :6pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

出会いは運命だった。17も年下の彼に、こんなにも惹かれてゆく—。孤高の魂を持つ、版画家の咲世子。人生の後半に訪れた素樹との恋は、大人の彼女を、無防備で傷つきやすい少女に変えた。愛しあう歓びと別離の予感が、咲世子の中で激しくせめぎあう。けれども若く美しいライバル、ノアの出現に咲世子は…。一瞬を永遠に変える恋の奇蹟。熱情と抒情に彩られた、最高の恋愛小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

【島清恋愛文学賞(第13回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー192件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

年齢的にタイミング良く出会えれば楽しめる本

2016/07/01 09:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Yちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

大人の恋愛ものが読みたくてこの本を手に取りました。
石田衣良氏の作品を読むのは初めて。
年齢的に分不相応なほどの年下異性との恋愛。男性にとってもそうでしょうが、女性にとっても永遠の憧れです。
理性と感情とそして分別とを精神の中でバランスを取ろうと懸命になりながらも半ば盲目的に恋をする。
咲世子と同年代の私にとってはとても居心地がよく、刺激を受けた作品でした。
ただ、やはり少し男性目線での描写が少し気になりましたが、今、この年代で読むことができて良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

恋~心のどこかが破れて、あたたかな血があふれだす。

2009/11/10 12:16

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

基本的に私は、いわゆる恋愛モノというのを好みません。人の色恋沙汰などどうでも良いから。少なくとも、恋愛モノを求めて本を探すことなど絶対無いし、さらに過分な性描写のあるような作品は、読んでる途中でも止めて捨ててしまう事さえあります。がしかしそれと分かり易いこの作品を手にしたのは、石田衣良さんの作だから。石田さんの作品には恋愛モノも少なくないし、性描写がそれなりにキツい物もあります。ぱっと思いつくのは「娼年」や「美丘」あたりでしょうか。ちょっと中学生以下には薦められない様な描写がそこここに現れるのだけれども、不思議な程エログロを感じさせず、逆に神聖な物さえ感じてしまう。例えば美丘ではそれで描かれていたのは「命の尊さ」だったし、娼年では倒錯した世界ながらもそこで懸命に生きる人間たちを見事に描いていた。はたして本作も、性描写においては先の二作よりもすごい物があった。
 45歳の銅板画家咲世子は、更年期障害に悩まされつつも3歳年上の画商との大人の恋を楽しんでいた。しかし画商が付き合う他の女からの執拗なストーカー行為に悩み始める。そこに現れたのがいきつけのカフェで新しく働き始めた、28歳の素樹。映像作家志望だったという素樹に咲世子はどんどん魅かれてゆき、二人は結ばれるのだが。映像作家としての才能を開花させるであろう素樹の未来に、自分はいてはならないと決意する咲世子。そして二人の元に辛い別れが訪ずれる。しかし思いもよらぬ結末が、咲世子を待っていた。
 本作品で謳われているのは、言ってみれば「恋する力」であろうか。プラスにもマイナスにも、恋する事は人間をこんなに変えてしまう。プラスにもマイナスにも、恋する事は人間をこんなに力強くしてしまう。でもやはりその底ににあるのは「大人になるのも悪くない」って事だと思う。良い恋愛が出来る。勇気を持って恋を始めて、そして終わらせる事が出来る。切ないかもしれないけれど、世の40代の女性への応援歌的な一作。これからの季節にも良い作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

素晴らしい

2015/08/06 15:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Azk - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔、僕にダンサーインザダークを教えてくれた人が僕の手を見てセクシーだ、といったことがありました。ソノラン砂漠の暑い夜、エアーコンディショナーから吹き出す冷めた空気をシーリングファンがやわらくかき混ぜてくれる中で至福の時を与えてくれました。素晴らしいの一言です。これからまたキング誕生をよみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/08/02 17:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/11 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/18 17:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/02/04 02:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/26 20:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/08/21 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/03 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/16 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/15 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/08/07 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/01/12 20:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/07 10:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る