サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

幸福写真
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: ポプラ社
  • サイズ:20cm/237p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-591-09267-4
  • 国内送料無料
写真集

紙の本

幸福写真

著者 荒木 経惟 (写真・文)

永遠になれ、そう思ってシャッター切ってるんだ−。夏の日の少年、クリスマスの恋人たち、満開の桜の下の家族。いとおしくて、かけがいのない瞬間をおさめた幸福アルバム。照れずにマ...

もっと見る

幸福写真

1,512(税込)

ポイント :14pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

永遠になれ、そう思ってシャッター切ってるんだ−。夏の日の少年、クリスマスの恋人たち、満開の桜の下の家族。いとおしくて、かけがいのない瞬間をおさめた幸福アルバム。照れずにマジメに「幸福」を。アラーキー初の試み。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

荒木 経惟

略歴
〈荒木経惟〉1940年東京都生まれ。写真家。63年電通に入社。翌年「さっちん」で第1回太陽賞受賞。写真集「センチメンタルな旅」を刊行し、本格的な写真家活動に入る。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

永遠になった幸福の一瞬

2008/04/14 16:09

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一人の笑顔は見ているまわりの人も笑顔にする。
すごく単純なこういうことが、
はっきりかたちになった写真集だと思う。
とられている方も笑っている。
とっている方も、たぶん笑っている。
そのできた写真を見ているほうも、笑ってしまう。

シアワセってなんだろうとか、
おわっちゃうとか、
難しいことはおいといて、
その一瞬一瞬が幸せであるならば、
それで正解なのだと思う。
その一瞬を、アラーキーは写真にすることで永遠にしてしまう。

作った笑顔ではなく、
せずにはいられない笑顔、
これが一番人間のすてきな瞬間だなあと痛感してます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/07/17 17:44

投稿元:ブクログ

アラーキーの女の裸ではない写真集。幼児のサッカー遊び、熟年のダンス教室、家族の休日、成人式、小沢征じさんのオーケストラ練習風景、結婚式、合格発表・・人間のシアワセというか充実しているときの表情って素敵だ。
そして最後には名作「センチメンタルな旅」の被写体、陽子さんの写真がアラーキーの幸福日記として掲載されている。いろんな愛がある。アラーキーの「みんな元に戻る。いとおしいものに戻る」という最後のフレーズがいい。

2008/05/20 11:03

投稿元:ブクログ

天才写真家アラーキーの写真集です。
ヌードはでてきません。

何気ない日常を切り取った白黒の断片です。
幼児がサッカーをしているところとか
老境の同窓会の写真とか
若いカップルが街でデートしている風景とか。
ごく普通の日常です。
僕らのような素人が普段、
デジカメで適当に撮っているものばかりです。

アラーキーもたくさんバシャバシャと撮るのでしょうが、
そこは一流のカメラマン。
出来上がりがぜんぜん違います。

生活の中にほんとの幸せがあるという
作家の意図がきちんと伝わりました。
こちらもあったかくなりました。ありがとう。

2009/04/17 16:20

投稿元:ブクログ

表紙の女の子に惹かれて
天才アラーキーの「幸福写真」を買いました。

西日暮里のダンス教室、産科、子ども料理教室
豊島園のプールなどなど
いろんなところに出かけていって
幸せの瞬間をカメラに収めるという本。

照れずに、まじめに撮っているのがポイント。

みんなすっごく良い表情で
見ている方まで幸せな気分になれます。
写真を撮っているときに
(一緒に回った編集の人が記録したみたい)
アラーキーがしゃべっている言葉も
これまた良いんだわ♪

これって、有名人だから撮れたんじゃなくて
アラーキーだから撮れるのよね、きっと。
やっぱりすごいなぁ。

2012/01/11 19:36

投稿元:ブクログ

シェアハウスの友人から借りたものだ。
やっぱりアラーキーは凄い。どうして人の心にそこまで入り込めるのか。まるで昔から中の良い友だちだったみたいな写真をどうして撮れるのか。心を許しているからこそ、ああいいなあって思える写真が多いのだと思う。アラーキーがいるからみんな幸福になるのかな。

2010/04/14 14:28

投稿元:ブクログ

へえ、こんなの出てたんだあと何気なく手に取ったアラーキーの写真集。サッカーをしてるチビさんたちを撮った最初の1枚に心を奪われた。あとはもう至福の時間。最後の1枚にいたるまでどれもこれも良い。じーんと来つつ笑顔になってしまう。いいなあ、本当にいいなあ。あれこれ言う気にならないくらい気に入ってしまった。

2008/01/26 16:36

投稿元:ブクログ

荒木経惟さんの写真は、イロイロあって楽しい。この本は、偶然に図書館で見つけた。荒木さんの言葉もいい。メモして置こうと、思ったくらいだ。

2017/02/12 14:59

投稿元:ブクログ

大学の先生は、ポートレートは笑顔ではないほうが良い作品だとおっしゃいました。
私も同感ではあるのですが、やっぱり笑顔の写真もいいものだと思いました。
なんでそう思ったのなあと考えたのです。
おそらく、この写真集の笑顔写真は、その人その人のヒストリーが荒木さんの活きた言葉とセットになっているからだと思いました。
笑顔にはケチがつけにくいもの。かつ、写真を掘り下げて見る必要がないように感じさせる。
荒木さんの言葉たちが、人々のまなざしを暖かなものに変えている気がしました。

冒頭のサッカー少年の写真、好きだなあ。

2012/02/29 10:43

投稿元:ブクログ

アラーキーの写真が好きで好きでたまらんから,アラーキーの本(写真集)はチェックしてます.
昨日,立ち読みで全部読んでしまった.アラーキーごめんなさい.
人物というのはこう撮るのか,と毎回勉強させてもらってます.
幸せな人の顔を撮って,悪いものがとれるわけはない.

2013/03/20 18:46

投稿元:ブクログ

荒木氏の人間性が出ている文章、大好きです。
幸福写真。 幸せな気持ちになります。

日常に幸せは転がっているんです。
気づかなかったり、気づこうとしないだけで。。

アラーキーの最近の恋人。フーコ。
めっちゃかわいいな~!
あのバルコニー写真も、随所にでてきます。

写真 ランキング

写真のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む